2010年11月09日

アラベスクの情景

Category : 音楽的徒然 | Comments (2)  

日頃ドビュッシーの「子供の領分」を練習する時、時間と気持ちに余裕があればアラベスクの1番と2番も弾くようにしています。理由は単純、同じ本に入ってるから。私は安川加寿子さん校註の楽譜を使ってるんですが、「ドビュッシーピアノ曲集」の第1巻は「子供の領分」と「アラベスク」2曲なのです。
アラベスクは2曲とも中学の頃のレッスンでやったことがあるので、その復習でもあるんですが、これがなかなか綺麗に弾けないんですよねえ。1番の方は友達が好きで何度も弾いてあげてたので、かなり覚えてたんですが、指が滑りやすい… ドビュッシーの曲ってどうしてこう滑りやすいのかな。最近ほとんど分からない程度になってきたんですが、まだまだ油断大敵。そして2番。私自身は中学の頃1番よりも2番の方が好きだったんですが、2番は本当にレッスンの間しか弾かなかったので、あっという間に弾けなくなってしまい… 今もまだまだぎこちないです。(悲)

アラベスク(arabesque)といえば、「アラビアの」「アラビア風の」という意味のフランス語。そしてもっと一般的には、アラビア風の装飾文様のことですね。イスラム教において偶像崇拝が禁止されていたことから、具象的な模様を描くことも禁止され、そのためにあのような抽象的な模様が生み出されて盛んに使われるようになったのだそう。(キリスト教だって同じように偶像崇拝禁止のはずなのにねえ)
模様には、大別して幾何学文様、植物文様、組み紐文様、文字文様があるようなのですが、やっぱり一番印象に残るのは植物を元にした文様でしょうか。例えばこんなの。そもそも「アラベスク」の日本語訳だって「唐草模様」ですものね。

 

ドビュッシーの「アラベスク」という曲に対して、中学の頃の私は多分、あの装飾的なメロディに由来する題名だと理解してたと思うんです。そして無意識にでもイメージしていたのは、やっぱり植物文様だったんじゃないかと…。当時はあんまりそういうのは考えてなくて、ただ音符通り弾いてただけだと思うんですけどね。でも例えば葡萄を図案化したものなんかは小さい頃から大好きだったので、多分その辺りのイメージに繋がっていたのではないかと思います。

でもね、先日アラベスクの1番を練習していて、はたと気づきました。これって植物じゃないじゃん! そうそう、違う! 植物というより、むしろ水。この曲のイメージって水じゃないですか? 右手はともかくとして、左手はずっと水だと思うんです。水の中の深いところから水面まで深さは色々だけど、とにかく水、水、水。右手は左手をうけて水になることもあるし… でも風になったり光になったり、影をさしかけてみたり。

冒頭の有名なメロディ。あの2小節は水だと思うんですね。右手も左手もゆらゆらと煌めく水。この時の水面はとても滑らか。続く3小節もまだ水。水面はまだ静かですが、最初の2小節に比べるともう少し動きがあって… その動きの余韻を感じたりします。そして左手の八分音符2つごとに右手が三連符はいるところは風。爽やかな風がさあっと吹いてきて水面が乱されるんです。右手が三連符になるところは基本的に全部風のような気がしますね。風は少しずつ強くなって、それと共に少しずつクレッシェンド。そして少しゆっくりになり、17小節目で冒頭と同じメロディに戻って、元の静かな水面に戻ります。ここの右手の「ラーソーファーミー」は水面に差し込む光かなあ。その後も木漏れ日がちらちらして、時々木の葉が水面に落ちて水紋が広がってみたり…? そして26小節目、元のテンポに戻るところではすこし影がさすんです。その影の下で、水は深いところから揺り動かされて水面にはさざ波が… そんなこんなで、第1部終了。
39小節目からの第2部では… うーん、ここは何でしょうね。ここのイメージがまだちゃんと確立してないんですが(私が一番好きなのはこの部分なのに!) 少し曲調が暗くなって、本格的に影が差してる感じがします。太陽がかげったのでしょう。そうなると吹いてくる風もどことなく冷たく感じられるもので。でも47小節目辺り、まだまだもやっとした中にまたほんの少しずつ光がさしはじめます。…でも、63小節目から70小節目までの転調する辺り、ここはよく分からないんですよね。ここは何なんだろう?
そして71小節目で第3部に入り、また元の情景へと戻ります。空も明るくなり、風もそよやか。第1部の何もなかった時と完全に一緒ってわけにはいかないんですけどね。そして最後は水紋が広がりつつ曲が終わります。

色々想像してた割に実際に文字にしてみるとまだまだ穴だらけでしたが(汗)、こんな感じでしょうか。穴があいてる部分とか、何かいいイメージがありますかね? あ、もちろん「水」以外でも、コレというイメージをお持ちの方がいらしたら、ぜひ教えてくださーい。
この「水」のイメージ、弾きながら色々考えていた時は小さな泉のようなイメージだったんですが、流れていく川でもいいかもしれないですね。というか、そっちの方がイメージに合うかしら? いずれにせよ、そんなことをイメージしながら弾いてると、今までの表現方法とはまた色々と変わってくるような気がします。もっともそのイメージが実際に出す音に結びついてるかどうかはまた別問題なんですが。(あらら)

同じアラベスクでも、2番の方はオーケストラですよね。というのは私が自分で気がついたのではなくて、青柳いづみこさんの「指先から感じるドビュッシー」にあってなるほどと納得したのですが。そう思って弾いてると、とっても楽しい!(元々好きな曲なので尚更ですね)

あとね、「子供の領分」の「象の子守歌」は、弾くたびに「ぐるんぱのようちえん」の絵が頭に浮かぶんです。私が曲の中に感じるストーリーはまたちょっと違うので、「ぐるんぱ」は絵だけなんですけどね。気が向いたら、そちらもいずれ記事にするかも。

堀内誠一さんのあったかい絵が大好き。子供の頃の本、まだ持ってます→



2010年09月26日

最近はハノン

Category : 音楽的徒然, 音楽的資料 | Comments (4)  

ちょっと前にチェルニーがどうのこうの言ってたんですけど(ココとかココとかココ)、最近はちょっとお休み中。実は今の先生に習い始めた頃から「ハノンを全部通してM.M.♩=120で弾く練習をするといいわよ」と言われつつ放置してたんですが(おぃ)、ようやく重い腰を上げて! 7月に入った辺りから、本腰を入れてハノンを練習し始めてます。
でもでも、先生は簡単に120と言ってくれるけど、私の指はそんなに簡単には動いてくれなくて。右手はいいとして、問題は左手。左手ってほんとダメダメですねえ。特に4と5の指なんてほとんど仮死状態なんですもん。しかもユニゾンで弾いてると、どうしても右手が左手のカバーをしてしまうんですね。しっかり弾いたという充実感の割に、実は左手にとっては全然練習になってないというワナ。ハノンを始めてしばらくして、左手が実は全然弾けてないのに気付いた時は愕然としました…。(もちろんユニゾンだからこそ効果的という部分もあると思いますが~)

最近、先生にも第3部を中心にレッスンで見て頂くことになって、第3部が終わったら次はスケールとアルペジオかなという感じなんですが、今のところ家で頑張っているのは1~31番の準備運動系。ピアノを弾く上で「綺麗な音が出せるようになりたい」「歌えるようになりたい」というのももちろんあるんですが、そちらは日々のレッスンの課題で頑張っているので(一応)、こちらは純粋に「思うように動いてくれる指を作る」ためです。だって私が弾いてみたいと思う曲は、大抵超高速だったりバリバリ技巧派なんですもん。
日によって練習に取れる時間は違うので、毎日必ずできるというわけではないんですが、基本的にその日の練習の最初に1つ番号を選んでリズム練習とスタッカート練習をしてから、1番から31番までざっと通してます。30番までは左手だけの片手練習。31番だけ両手でやって終了。通すだけだったら、全部弾いても20分ぐらい。でも音の粒が揃ってない部分を取り出してリズム練習をしたりするので、大抵もうちょっと時間がかかります。(時間に余裕がある日の話ね)
で、びっくりしたんですが、リズム練習って効きますね! こんなに即効性があるものだとは思ってなかったです。音の粒も面白いように揃ってくれるし(次の日になったらまたダメになってたりするけど)、一段速く弾けるようになるし。時間がほとんど取れない時は、苦手な番号をリズム練習するだけでもいいぐらい。それだけでもやっておくと、1日2日のブランクを全然感じません。
そんなこんなで、今は基本的に毎日ハノンからスタート。7月にやり始めた頃はすごーくゆっくりだったんですが、この3ヶ月でとうとう左手だけで120で弾けるようになりましたよ! 為せば成る! …結局のところ、弾けるようになったのが嬉しくて、この記事を書いてるというわけなんですが。実際には、これでようやくスタートラインなんですけどね。(がはは)

改めてやってみて思ったんですけど、ハノンってやっぱりいいですねー!(もちろん、ただ機械的にガシガシ弾くだけでは逆効果になりかねないと思うけど)
なんでいきなりハノンを始めたかといえば、川上昌裕さんの「ちょっとピアノ本気でピアノ」という本を読んだから。(影響されやすい私) この本に、大学時代の一時期毎日ハノンを全部通して弾いていたら驚くほど上手くなった、と書かれていたんです。私にはまだまだ全部なんて弾き通せないんですが(3時間ぐらいかかりそう)、自分が実際にハノンを改めて練習するようになってみて、それは本当に十分あり得ることだと思いました。実際のところ、練習曲系よりもまずハノンじゃないですかね? 試しにハノンをやった後にツェルニーを弾いてみると、指の動きが全然違うのが自分でもよく分かります。
ツェルニーは、ハノンが一段落ついたら復活させるつもり。今はハノンが面白いので、しばらくこちらで頑張ります。ああ、子供の頃にこのハノンの面白さと効用に気付いていたらなあ。でも今だからこそ、この面白さが分かるんでしょうね。
今年もあと2ヶ月、難曲にも負けない指をハノンで鍛えよう!

そして、今レッスンでも減7と属7のアルペジオをやってるし、時間がある時は家で普通のアルペジオもさらってるので、その延長でショパンのエチュードのOp.10-1も練習し始めました。ドビュッシーが終わって今度ショパンのエチュードに戻った時は「木枯らし」をやるという話になってて、実際譜読みもしたんですが、これはまだ私には早すぎるということがよーーーく分かったので! やっぱり次はOp.10-1をやることにしようかと。「木枯らし」の話が出る前は、先生もOp.10-1かOp25-1かって仰ってましたしね。
今は身体に覚えこませようと、ゆっくりアルペジオさらってる段階。ミスタッチしないように気をつけつつ、1つ1つ脱力するようにも気をつけつつ、レッスンが始まったらきっと「もっと和声を感じて」と絶対言われると思うので(笑)、時々全部和音として押さえてみつつ。(ペンネさんのところにあった「コード化練習」ですね!)
ドビュッシーはまだ当分終わらないでしょうし… 今レッスン中の「子供の領分」はもちろんなんですが、中学の頃にやった2つのアラベスクが全然綺麗に弾けないことに気付いて、これも先生に一度見ていただこうかなあなんて考え中なので… それに、いい機会なので「レントより遅く」もやりたいんですよね。だから、まだまだたっぷり時間があるはず。のんびり練習中です。



2010年07月24日

2周年に向けて

Category : 音楽的徒然 | Comments (2)  

今の先生の教室の体験レッスン(記事)に行ったのが2008年11月8日。今度の11月で2周年になります。

で。
まだあと丸々3ヶ月以上あるのでかなり早いんですけど! 9月に2周年だというのんさんが2周年記念の曲を決めてらしたので~ 私も真似っこして2周年記念の曲を決めて練習してみようかと~。
もちろんバッハで♪(←合言葉)
今のシンフォニアが終わったら(あと3曲)イタリア協奏曲に行く予定なんですが、そういう直近のレッスンでやれる曲ではなく、せっかくなので背伸びをした曲を選んでみようということで、以前自分で作ったバッハの鍵盤楽器の作品リストを見ながら相当迷ったんですが…

ここは思いきって、ゴルトベルク変奏曲に挑戦してみようかと~。
もちろん全部は無理ですが! ゴルトベルク変奏曲は1つの長い曲ではなくてアリアと30の変奏曲という構成ですしね。少しずつでも練習していったら、そのうち全部弾けるようになるはずですよね。
ということで、今回はアリアと第1変奏曲を練習してみようと思います。できれば第4変奏曲も。(好きだから)

楽譜は、全音のカートパトリック版とベーレンライター原典版、ウィーン原典版、ヘンレ版があるようです。
このゴルトベルク変奏曲は元々は二段鍵盤のハープシコードのために書かれた作品なので、そのままだと左右の手が交差する部分があるんですね。実際に手を交差させつつ弾いている映像を見たことがあります。でも全音のカートパトリック版では、左右の手の割り振りがきちんとされていて、自然なポジションで弾けるようになっているのだそう。装飾音符についても懇切丁寧に書かれているとのこと。ただし運指はなし。
ウィーン原典版は、運指については書かれているけど、左右の手の割り振りや装飾音符については参考程度。ヘンレ版もそんな感じみたいですね。ベーレンライター原典版は、最新のバッハ研究が反映されているようですが、運指についてはあまり実用的ではないみたい。
うーん、運指は基本的に自分でも考えられると思うし、困った時はウィーン原典版を参考にするという手もあると思うんですけど、手の交差はキツイ。ミスタッチの可能性も増しますしね。自分でちゃんと左右の割り振りをするというのも大変そう。ということは、まずは全音のカートパトリック版かなあ。

   

それにしても、全音では上級の第六課程とされてるゴルトベルク変奏曲なんですが、実際のところ、難しさってどんな感じなんでしょう。きっと曲によって難易度にはバラつきがあるでしょうし、付け入る隙(笑)も十分あると思うんですが。うーん、技術的にも難しいとしても、それ以上に音楽的に難しいのかな、やっぱり。
いつか全部を弾きとおせる日が来るといいのですが~。少しずつ頑張ります♪
 
 
次のレッスンまで確実に1ヶ月は間があくんですが、それが今逆に妙なやる気モードに繋がってます。
この1ヶ月で色々頑張っておくぞ!(結局間があくのが悔しいらしい)
ということで「子供の領分」は「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」はもちろん、「雪は踊っている」「ゴリウォーグのケークウォーク」もかなり真剣に練習中。ついでに「小さな羊飼い」まで譜読みをしちゃいました。こうなったら「象の子守歌」「人形へのセレナード」も一気に譜読みしてしまおうかしら。(それで1曲ずつの密度が薄くなる、というのは避けたいんだけど)
バッハは、シンフォニアの13番がいい感じになってきました。でもでも! 難しいと言われた13番以上に(言われたほどには難しく感じなかったんですけど、気のせいですかね? まだ私には分かってない難しさが潜んでるのでしょうか?)、しかも遥かに苦戦しているのが9番。元々あまり好きな曲調ではないこともあって、もうほんとワケ分かりませんー。3つのテーマが出てくる所全部にがっちりマークをつけて初めてようやく最後まで到達できたんですが… もうヘロヘロ。
あー、本当になんて暗い曲なんだろう。こういう曲の良さはまだ私には分かりそうにありません。練習するうちに少しは分かってくるのかしら。でもやっぱり私は、バッハは基本的に明るい曲の方が好きだわ~。



Page 2 of 212
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress