2013年02月21日

フランチェスコ・トリスターノ

Category : 音楽的催事 | Comments (8)  

フランチェスコ・トリスターノ京都コンサートホールで行われたフランチェスコ・トリスターノのピアノリサイタルに行ってきました。会場は小ホールであるアンサンブルホールムラタ。500席ほどのホールなんですが、お客さんの入りは7割ほどでしょうか… 両サイドに空席が目立ちました。

曲目は
  フランチェスコ・トリスターノ: プレリュード
  ブクステフーデ: アリア「ラ・カプリッチョーザ」による32の変奏曲
  ブクステフーデ: トッカータ ニ短調
  ブクステフーデ: 組曲 ニ短調
  フランチェスコ・トリスターノ: ラ・フランシスカーナ
  バッハ: パルティータ第3番 イ短調 BWV827
  バッハ: パルティータ第5番 ト長調 BWV829
  フランチェスコ・トリスターノ: シャコンヌ

アンコールは
  フランチェスコ・トリスターノ: メロディ
  バッハ: ゴルトベルク変奏曲より第30番&アリア

フランチェスコ・トリスターノくん、背が高くて足のほっそい、お洒落な青年でした。名前からイタリアの人かと思いこんでたんですけど(もちろんイタリアにも繋がっているのでしょうけれど)、ルクセンブルク生まれのジュリアード音楽院修了なんですって。

今回のリサイタルは、見ての通り、トリスターノくんのオリジナル曲が目立つプログラム。今回のリサイタルは “Long Walk” と題されており、去年リリースされた彼の最新CDを中心に据えたプログラムとなっています。この「ロング・ウォーク」というのは、若かりし頃のヨハン・セバスチャン・バッハが、当時の偉大な音楽家であったディートリッヒ・ブクステフーデに会いたくて400kmもの長い距離を歩いて訪ねていったというエピソードが元になっているのだそうです。(でね、このCDは、まさにこの京都コンサートホールのアンサンブルホールムラタでレコーディングされたんですって)

1曲目のオリジナルからピアノがものすごく良く鳴っていて、まるで夢のような音でした! もちろんブクステフーデやバッハもとても良いのですけれど、私は彼のオリジナル曲が好きですねえ。この人は基本的に後ノリの人だと思うし、それが生かされるのが彼自身のオリジナル曲なんですね。内部奏法の曲もありましたよー。CDを聴いていて面白い音だなあとは思ってたのですが、まさか内部奏法だったとは。ピアノは元々打楽器ですが、それとはまたそれとは違った意味で、こんな打楽器にもなれるのねという面白さ。そしてこれらのオリジナルが、バッハやブクステフーデという正統派クラシックの端正な演奏(本当に端正という言葉がぴったり!)との対比で一層際立っているような気がしました。
でもブクステフーデの変奏曲もとても良かったし、バッハのパルティータも良かったし~ 私はアンコールのゴルトベルク変奏曲が一番嬉しかったですね。アリア、素晴らしかったです。ほおおっと溜息が洩れちゃいました。

ただね、ブクステフーデの変奏曲を聴いている時に突然「あ、ト長調」と思ったら最後、そのまま聴音モードに入ってしまったんです、私。音感はまあ普通にあるんですけど、普段は音をとりながらなんて聴き方全然しないのに! 音がとてもクリアだったせいなのか… 微妙な周波数がぴたっと合ってしまったんですかねえ。音が全部音名付きで聞こえてきて、内声も含めて全部譜面に起こせるような気がしてしまいました。不思議。

サイン会もあったのですが、この日はとても疲れていて早く帰りたかったのでパス。トリスターノくんの端正な顔立ちを間近で見てみたかったんですけどね。また次回ということで~。



2013年02月03日

アンスネス&サロネン

Category : 音楽的催事 | Comments (2)  

レイフ・オヴェ・アンスネス西宮の兵庫県立芸術文化センターで行われたコンサートに行ってきました。エサ=ペッカ・サロネン指揮、フィルハーモニア管弦楽団。ピアノ独奏ははレイフ・オヴェ・アンネス。席はほぼ満席。印象としては男性客の方がやや多かったかなー?

曲目は
  ベートーヴェン: 劇付随音楽「シュテファン王」序曲
  ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第4番(ベートーヴェンによるカデンツァ)
  マーラー: 交響曲 第1番「巨人」

アンコールは
  ベートーヴェン: ピアノソナタ第22番 Op.54 より第2楽章(第1部)
  ボッケリーニ(ペリオ編曲): マドリッドの夜警隊の行進(第2部)

ベートーヴェンも良かったんですけど。何と言っても良かったのはマーラーですよ!
基本的に交響曲には興味がないので、今までマーラーの曲はほとんど聴いたことないし、今回の「巨人」も初めてだったんです。マーラーといえば私の中ではまず「千人の交響曲」。とにかく規模が大きくて長大で聴くのが大変~なイメージしかなかったんですが、いざ聴いてみるとこれが全然。以前から「良い指揮者と良いオケなら知らない曲でも楽しく聞かせてくれる」と信じてるんですが、今回もそれは正しかったです~。とて楽しめました。

マーラーの交響曲とは言っても、「巨人」なんて標題がついてはいても、なかなか可愛らしい曲だったんですね! 第1楽章から鳥がさえずっていたりカッコウが鳴いていたり親しみやすいし(すみません、嘘ついてるかも) 力強くて歯切れの良い第2楽章ではホルン(多分)がチチチチチという音を出すところが面白かったし、第3楽章のメインメロディは何かに似てると思ったら! 実際には短調なんですけど、これを長調にしたら「グーチョキパーで~グーチョキパーで~なにつくろう~なにつくろう~」じゃないですか。(英語だと「Are You Sleeping Brother John」) 途中、金管楽器の調子が悪いのかな?なんてとこもあったんですが(ホルンソロのおねーさんとか)、第4楽章もすごい盛り上がりで、演奏が終わった後は野太いブラボーが飛ぶ飛ぶ。

公演が始まる前は、横浜や東京ではシベリウスの交響詩「ポポヨラの娘」をやるのかいいなーとか(原作の「カレワラ」大好き)、サロネンさんのベートーヴェンの交響曲第7番も聴いてみたかったなあーとか色々思っていたのですが、いや、マーラーのこの曲で良かったです☆

このマーラーの1番の標題「巨人(Titan)」というのはギリシャ神話の巨人のことなのかな?と思ったのですが(と言いつつ実際に思い浮かべていたのは、なぜか「オデュッセイア」の一つ目の巨人サイクロプスだったのですが)、ジャン・パウルの小説からとられたタイトルだったんですね! ジャン・パウルといえば、シューマンもかなり影響を受けているそうなので(正確にはジャン・パウルだけでなく、E.T.A.ホフマンの影響も)、その関係もあって本を探したこともあったのですが、なかなか見つけ出せなくてそのままだったんです。E.T.A.ホフマンの方は、元々好きなジャンルでもあるので、かなり読んだのですが… やっぱりジャン・パウルの方も、なんとしても探し出して読まねばー。

あ、お目当てのアンスネスさんのピアノも良かったです。生で聴いたのは初めてですが、とても端正な演奏をされる方なんですね。すべすべと滑らかで丸っこい美しい音~。正確無比な感じで安定感もたっぷり。それでね、本編のピアノ協奏曲も良かったんですけど、アンコールのピアノソナタがまた素敵で! 22番の第2楽章ってこんなに可愛い曲だったんですね。一見(一聴?)まるでツェルニーの… というかクラマー=ビューローかな、練習曲みたいだと思うんですけど、やっぱりただの練習曲とは全然違っていて… これがベートーヴェンなんだなあと思いながら聴いてました。そしてこういう曲、アンスネスさんにものすごく似合う!
この方、弾き振りをしたら良さそう~と思ったんですが、そういうのはやってらっしゃるんですかね?

今回の私の席は2階の右サイド。ピアノが見たいのはもちろんですが、実は打楽器好きなので、オケ全体が見える席に座りたかったのです。いや、いい席でした。ピアノとオケの音もいい感じで聞こえたし、オケもよく見渡せたし。近眼なので、1人1人の顔まではしっかり見えなかったし、アンスネスさんの顔もぼやけてたんですけどね。演奏中の表情はもうちょっと近くで見たかったなあ。ぺダリングも。
でもでもアンスネスさんも素敵だったし、サロネンさんもカッコ良かったし~。初マーラーも堪能したし、オケのアンコールの「マドリッドの夜警隊の行進」のダブル小太鼓も楽しかったし。ほんと楽しいコンサートでした☆



2012年12月24日

レッスン日記92+本番

Category : レッスン日記, 音楽的催事 | Comments (2)  
Tags :

先週に引き続きのレッスンと、クリスマス会の本番です。
あんまり書くことはないのですが…

レッスンの方は、途中でクリスマス会の打ち合わせが入りつつ、1時間全部連弾。
やっぱり全体のバランスとか自分たちだけでは分からない部分ってあるし、同じフレーズを同じように同じように弾いてると聞いてて面白くないとか、客観的に聴いてくれる存在がいると大きいなあと実感しますね。

そして本番。
緊張のせいか手がすごく冷たくなりつつも最初はいい感じだったんですけど、なんと途中でどこを弾いてるのか分からなくなってしまうという恐ろしい事態が! やっぱり本番って何が起きるか分からないですねー。右手だけは繋いだはずなんですが、肝心の左手が楽譜2段分ぐらい抜けました… 実はよく覚えてないんですけど。(怖)
でもそのページの最後でなんとか持ち直しました。
元々あまりくよくよするタイプではないし(やっちまったよ!とは思いますが) 突然落ちた後の2ページ分はいい感じに弾けたので気分的にも持ち直して(その部分以外はミスタッチもなかったし) 結局「連弾、楽しかったなあ」っていうのが先に立ってたんですけど(いいのかそれで) 弾き終わった後で「とても素敵でした~」と仰って下さった方がいて、ほんわかと幸せ気分になりました。(ええお人や~)

まあ、そんな恐ろしい瞬間(?)はあったんですけど。
連弾ってやっぱり楽しいですね~。今回一緒に弾いた方が来年もぜひと仰ってくれたので、来年も前向きに考えたいと思います♪ (でも次回は最低1ヵ月ぐらいは練習期間が欲しいです!)
 
 
結局録音はできてませんー。



2012年12月02日

インゴルフ・ヴンダー

Category : 音楽的催事 | コメントは受け付けていません。 

インゴルフ・ヴンダー京都の青山音楽記念館バロック・ザールで行われたインゴルフ・ヴンダーくんのピアノリサイタルに行ってきました。今年の7月に行われたルーカス・ゲニューシャスくんのリサイタル(記事)とセット。2010年のショパンコンクールの2位の2人ということですね。

曲目は
  スカルラッティ: ソナタ ロ短調 K.87 L.33
  モーツァルト: ピアノ・ソナタ第13番 変ロ長調 KV.333
  ショパン: 子守歌 変二長調 op.57
  ショパン: バラード第1番 ト短調 op.23
  ショパン: バラード第2番 ヘ長調 op.38
  コチャルスキ: 幻想的ワルツ ホ短調 作品49
  ラフマニノフ: 10の前奏曲 op.23より 第5番ト短調
  スクリャービン: 12の前奏曲 op.8より 第12番嬰ニ短調「悲愴」
  モシュコフスキ: 8つの性格的小品 op.36より 第6番「花火」
  ホロヴィッツ: 変わり者の踊り
  リスト: 死のチャルダーシュ

アンコールは
  ドビュッシー: ベルガマスク組曲より 月の光
  リスト: 愛の夢第3番

頻繁に来日しているインゴルフくん。今年の4月にもいずみホールで行われたリサイタルに行ってきたところなのに(記事)、年内にまた聴くことになろうとは思いませんでした。この後も、来年の1月末~2月にはNHK交響楽団との共演(ショパンのピアノ協奏曲第1番)、5月にはウィーン交響楽団との共演(ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番)が決まってるようです。忙しいなー。
この秋の来日では、先日いずみホールで大阪フィルハーモニー交響楽団とベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番もやっていたのですが、そちらは行けず、京都でのリサイタルに行くことになりました。11月にCDがリリースされたところで、そのCDのお披露目ツアーだったんですね。

このCD、amazonの商品の説明に

若きピアニスト、インゴルフ・ヴンダーのセカンド・アルバム。「素晴らしいピアノ曲を紹介したい!」というヴンダーの情熱から生まれた企画。ピアノ音楽、ピアノ技巧300年(2012年時)の変遷を辿り、その魅力を探る作品。時代や国によって違う音楽言語のバラエティの豊かさ、有名曲、知られざる名曲も収録。華麗な選曲は、ホロヴィッツへのオマージュでもある。

とあるように、バラエティに富んだ選曲。なんせCDにはスターウォーズのメインテーマまで入ってるんですから! しかもその編曲者にインゴルフくんの名前も入ってるし!(びっくり)
きっとクラシックに留まらず幅広いジャンルの音楽が好きな方なんですね~。
ということで、今回のリサイタルもバラエティに富んだ選曲となりました。

ただねえ、やっぱりここのホールは音がものすごく響くんですね。舞台の上の音もですが、客席の音も。前半はどうも客席の雑音が気になって仕方なかったです… 後半も飴の包みをあける音がもうほんと泣きたいぐらい響いてたし。
もう、みんなこのホールの響きをもっと自覚して、事前にきちんと準備しようよ! 飴の包みを開けるなら開演前や休憩時間に! 途中でプログラムを見たくなるかもしれないのなら、先に開けておく! 途中でプログラムを開いて、内側を外にして折り直すのもNG!

でもね、そんな風に響くホールなのに、いざ演奏が始まってみると、音がどこかちょっと籠った感じに聞こえたんです。なぜなんでしょうね。最初は、始まったところだからかなあなんて思ってたんですけど、それにしても長かったし。後半のショパンのバラードやラフマニノフ、スクリャービンのような曲のフォルテッシモの部分ではちゃんと突き抜けて聞こえたのですが、その後また籠った感じになってしまったし。もしかして弱音があまり響かないピアノなのでしょうか。それとも演奏者の意図的なこと? ペダルの踏み方の関係なのかな? でもソフトペダルは確かに踏んでいるのが見えましたが、そんなずっと踏みっぱなしだったなんてことはないでしょうしねえ。(それほどはっきり観察できる位置ではなかった)
その辺りはちょっと分からなかったんですが ホールの元々の響きの良さの割に、今一つ音が響かなかったのがとても不思議。私の席の関係もあるのかもしれませんが、前回いずみホールで聴いた時の方が音が美しく感じられました。それが少し残念。

なんていうのはあったのですが。
スカルラッティを聴きながら、この人がバッハを弾くといいだろうなあと思ったり… ソプラノとアルトの音がほんと全然違うんですよねえ。(って当たり前なんですが) その音質の違いを聴きながら、きっとポリフォニックな曲を美しく弾きこなしてくれるだろうなと思いました。モーツァルトもとても心地よかったし。ショパンに関しては、ご本人もお好きなんでしょうし、ショパンコンクールで2位だったというのもあって、プログラムにはやっぱりショパンを入れなくちゃいけないんでしょうけど(お客さんにもショパンは人気でしょうし) 古き良きといった風情の正統派の演奏をする方なので、バロックと古典を中心に弾いていくというのもいいかも~と思いました。
とはいえ、この人が弾くショパンは好きなんですけどね。バラード2曲も子守唄も好きな感じ。私がそういう風に思えるショパンの演奏って、実はなかなかないのですが。
あと好きだったのは、モシュコフスキの「花火」。これは面白い曲ですね! 初めて聴きましたが、いっぺんに好きになっちゃいました。それとホロヴィッツの「変わり者の踊り」も Jazzy な感じが楽しかったです。この「変わり者の踊り」とリストの「死のチャルダーシュ」は前回行った時にアンコールで聴いたので2回目ですが。

今回は前回と違って手が見える位置で、指の動きが面白かったです。特に最後の音を弾く時。ぐるぐるして止めるの。まるでヴィヴラートをかけてるみたい。面白いなあ。4歳の時からヴァイオリンをやっていて、ピアノに転向したのは14歳の時だそうなので、その関係もあるのかもしれないですね。そして最後の音が消えるまで、最後の最後まで聴き届けていたのもとても印象的。ペンネさんが仰ってた「音のしっぽ」を思い出しました。



2012年11月17日

ピエール・アンタイ

Category : 音楽的催事 | Comments (6)  

Pierre Hantai兵庫芸術文化センターの小ホールで行われたピエール・アンタイさんのチェンバロ・リサイタルに行ってきました。フランス出身のチェンバロ奏者。フランスということは、チェンバロというよりクラヴサンと言った方が相応しいのでしょうか。グスタフ・レオンハルトの後継者と称されてる方なんだそうです。

プログラムは
 フローベルガー: 組曲ト短調
   (アルマンド・クーラント・ジーグ・サラバンド)
 ヘンデル: 組曲第一番 イ長調 HWV426
   (前奏曲・アルマンド・クーラント・ジーグ)
 バッハ: ゴルトベルク変奏曲 BWV988

アンコールは
 バッハ: 小プレリュード ニ短調
 バッハ: イギリス組曲 第4番プレリュード

以前チェンバロをちょこっと弾かせてもらったことはあるのですが、実はチェンバロのリサイタルに行くのは初めて。家でもチェンバロのCDってあまり聴かないんですよね。CDのチェンバロの音ってなかなかじっと聴いていられないんです。きっとCDという媒体がチェンバロに向いてないのだろうと思ったのですが… まあ個人的な好みもありますよね、もちろん。
そんなこんなでチェンバロは生に限ると勝手に決めつけていたので、初チェンバロ演奏会を楽しみにしてました。演目もゴルトベルクだし!

アンタイさんは楽器を離れると普通の冴えない(失礼)オジサンなんですが(フランスの方ですが、フランス語よりもドイツ語の方が似合いそうなイメージなのはなぜ) ひとたびチェンバロの前に座ると指が回る回る… すごいです。超絶技巧な方だったのですね。躍動的たっぷりに疾走する演奏に分厚い音、弾いてらしたドイツ製のチェンバロ(ホール備え付けのものでしょうか?) がとても良く響いていたこともあって、なんともゴージャスな音でした。すっごいですねえ… すっかり圧倒されてしまい、前半だけで、頭の中がアンタイさんの音楽の奔流でパンパンに。

…だったのですが、やっぱりゴルトベルクは良かったです~。特にアリア。音数の多い分厚い曲よりも、音数の少ないゴルトベルクのアリアの方が音の美しさが際立つみたい。とてもとても美しくて、私好みでした~♪
そしてゴルトベルクだけでももう満足、おなかいっぱいだったのですが、アンコールもありました。バッハ2曲。いやでもバッハの曲だったのは嬉しいんですけど、指のまわりが凄過ぎてイギリス組曲がイギリス組曲に聞こえなかったですよ… 激しくて力強い演奏でした。これでもかってぐらいアンタイさんの音楽を見せつけられちゃいました。

あ、それで。
ちょっと驚いたんですけど、フローベルガーではサラバンドが最後なんですね。バッハだとサラバンドは真ん中辺りで、締めは必ずジーグ。なのでそれが慣例なのかと思っていたのですが、こういう順番もアリだったのですね。
そしてそのサラバンドの曲が、バッハでよく聴くようなゆったりとしたテンポの曲ではなくて、これがジーグと言われれば信じてしまいそうな激しい曲だったんです。こういうサラバンドもあったのですねえ。
なんて書いていたら思い出したんですけど、サラバンドって元々はスペイン植民地で人気があった激しいダンスで、スペインで禁止されたほどだったんでしたっけ。フローベルガーさんのサラバンドは、もしかしたらその原型に近いものだったのでしょうか。

本当は艶やかなピアノの音の方が好きなんですけど、生で聴くチェンバロの音もいいものですね。
やっぱりチェンバロは生に聴くに限ります。(笑)



Page 1 of 812345...Last »
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress