2012年11月11日

アンデルシェフスキ再び

Category : 音楽的催事 | Comments (6)  

Piotr Anderszewski西宮の兵庫県立芸術文化センターで行われたコンサートに行ってきました。ヘルベルト・ブロムシュテット指揮、バンベルク交響楽団。ピアノ独奏はピョートル・アンデルシェフスキ。
一番のお目当ては、もちろんアンデルシェフスキさん。去年の6月に行われた大阪フィルハーモニーの定期演奏会でのモーツァルトのピアノ協奏曲以来です。

曲目は
 モーツァルト: ピアノ協奏曲 第17番 K.453
 ブルックナー: 交響曲 第4番 「ロマンティック」(ノーヴァク版)

アンコールは
 シューマン: 幻想曲 Op.17 第三楽章

いやもうほんと素敵なコンサートでした。前半の演奏の間中、どうやら高周波音(補聴器の可能性が高いという話)が鳴り続けたようで、後半が始まる前にゼネラルマネージャーが舞台に出てくるという騒ぎはあったのですが、私が座っていた席ではそういう音は全く聞こえなかったんですよね。むしろ斜め後ろの方の鼻息の方が耳触りなぐらいで。(始まった途端に寝たわけでもないでしょうけど、もしかして本当に寝てるの? いびき?! と思ったぐらいの鼻息だったのよ!)
音に悩まされた方々には申し訳なくなっちゃうぐらい、演奏を堪能してきました。

モーツァルトはふんわりと明るく軽やかで、でも深みと陰影もあって、いやもう本当に夢のように素敵でした。私の席では、もしかしたらあの美しいピアニッシモが堪能できないかなと少し心配したのですが、それも杞憂でしたし。ピアニッシモからフォルテッシモまで、どの音も堪能いたしましたよ。残念ながら演奏している時の表情は今回全く見えなかったのですが、ペダルの踏み方を研究してしまったし、演奏に合わせて思わず動いてしまった、という足の動きもまた楽しく。(時々やけにお行儀が悪くなるのだな 笑)
そしてアンコールのシューマンがまた素敵でした~。やっぱりこの方、シューマンがよくお似合いです。(お似合いといえば、もちろんバッハもなんですが) 東京のサントリーホールのアンコールで弾いたのは、バッハのフランス組曲の5番のサラバンドだったそうで、そちらも聴きたかったのですが、芸文でのアンコールは幻想曲の第三楽章。アンコールにしては長い曲ですよね。大盤振る舞いだなあ。そしてこの方、バッハを弾く方だけあって、右手のメロディはもちろんなんですが、左手を追いつつ聴くのがまた楽しかったりするのですね。(合唱でも合奏でも、元々ソプラノよりもメゾやアルトを選ぶ私なので尚更… 下のメロディって堪らんよね!と思うバッハ好きさんは結構いるに違いない)

そして後半のブルックナー。私が家で聴くのは基本的にピアノ曲ばかりだし、交響曲にはほんと疎いのです。ましてやピアノ曲を作曲していないブルックナー。なかなか接点もなくて、4番を聴くのも実は今日が初めてでございました。とはいっても、ホールで聴くなら案外オケの方が好きだったりするので全然心配はしてなくて、逆に新しい出会いになるかなと楽しみにしてたぐらいなんですけどね。(家ではピアノ曲ばかりなのにホールではオケが好き、なんて話をしたら「(空間の)大きさの問題では?」と言われて、なるほどソレだ、ソレに違いない!と納得しましたよ) 
そして、これがなかなか良くてですねえ。ブルックナーの作曲作法みたいなものが全然分からないままだったんですが、聴きながら色んな映像が浮かんできましたよ。森で迷子になってみたり、そこに王様が登場してみたり… と思ったらまた全然違う情景へ。あれですね、1曲の中にものすごく色んなものが詰まってるんですね。普通の交響曲は、基本的にもっとシンプルな作りなのではないかと思うのですが(と言えるほど詳しいわけではないのですが) ブルックナーの場合は言いたいこと伝えたいことがありすぎて、それらを取捨選択しきれないまま全部1曲の中に盛り込んでしまったという印象。でもきっとブルックナーの作曲作法としてはそれらは全て必要なもので、ブルックナー好きの方には曲の中で様々なものが美しく並べられているのが分かるのでしょうね。私には情報量が多すぎて覚えてられないって感じだったのですが、そのぎっしり感も逆にとても楽しかったです。時々オケ全体がユニゾンになるところもハッとさせられたし、第一ヴァイオリンがメロディを奏でている時に、第二ヴァイオリンだったかヴィオラだったかがいきなりやけに難しそうなリズムになったりするのも面白かったし、ホルンが奏でるテーマが何ともいえず美しかったし、金管楽器の掛け合いもかっこよかったし… なんせ初めて聴くので他の演奏とは全く比べられないのですが、思いの外楽しんでしまいました。やっぱりこれがあるからホールで聴くオケは大好き。実力のある指揮者さんやオケなら、知らない曲でも楽しく聴かせてくれるし。
でも、聴いてる時に見えてきたあの色んな映像、やっぱりもうちょっと整理したい気はしますね… ブルックナーがあの曲の中で本当は何を描いていたのか、知りたいな。

ブロムシュテット氏が85歳のお誕生日で、なんて話を聞いていたのですが、実際のお誕生日は7月11日だったんですね。(えらい前やないの… 来日中に誕生日というわけじゃなかったのね)
そのブロムシュテット氏を私の席から見えたオケの面々がそれぞれに見つめて心底嬉しそうに弾いていたのがとても印象的でした。ブルックナーが終わった後はもう拍手が全然鳴りやまなくて、オケのメンバーが席を立ってぞろぞろと退場してしまった後もスタンディングオベーションでの拍手が続いていましたよ。そして今日が今回の来日公演の最終公演だというのもあったのか、メンバーが舞台上で記念写真を撮る姿も… その姿にまた残っていた観客(私もだ)が拍手を送っていて、ほんと心があったかくなりました。いいコンサートだったな~。



2012年11月01日

パスカル・ロジェ

Category : 音楽的催事 | Comments (2)  

Pascal Rogéシンフォニーホールで行われた日本センチュリー交響楽団の定期演奏会に行ってきました。指揮はアラン・ブリバエフ、ピアノはパスカル・ロジェ。

曲目は
 カジュガリエフ: バレエ音楽「大草原の伝説」より
   序奏と交響的スケルツォ〈日本初演〉
 サン=サーンス: ピアノ協奏曲 第5番 ヘ長調 作品103「エジプト風」
 プロコフィエフ: バレエ組曲「ロメオとジュリエット」作品64より
  1.モンタギュー家とキャプレット家(第2組曲第1番)
  2.少女ジュリエット(第2組曲第2番)
  3.仮面(第1組曲第5番)
  4.ロメオとジュリエット(第1組曲第6番)
  5.踊り(第2組曲第4番)
  6.修道士ローレンス(第2組曲第3番)
  7.ティボルトの死(第1組曲第7番)
  8.別れの前のロメオとジュリエット(第2組曲第5番)
  9.ジュリエットの墓の前のロメオ(第2組曲第7番)

アンコールは
 サティ: グノシェンヌ5番

日本初演の「大草原の伝説」の2曲に関しては、今回指揮するアラン・ブリバエフ氏によるメッセージがありました。こちら。(PDF注意)
カジュガリエフもアラン・ブリバエフもカザフスタン出身なので、きっとそのご縁での今回の演奏だったのでしょうね。「大草原の伝説」は、カザフスタンでよく知られた物語なのだそう。なのに私は全然知らないのがとても残念だったのですが、メッセージの中にそれぞれの曲の情景が紹介されていたので、ちゃんと楽しめました。(よかった)
一番前の席だったので(でもここってC席なのね)音の聞こえ方が少し心配だったのですが、案外バランスよく聴けました。ちょっと横の方だったけど、もしかしたら聞こえ方は指揮者と近いのかな? 舞台に近い分、色んなパートの楽器のそれぞれの役割がよく分かってとても面白かったです。ただ、弦楽器しか見えなかったんですよね。打楽器スキーの私には、打楽器が全然見えなかったのが残念! 色々と活躍してたのに。

そしてお目当てのサン=サーンスのピアノ協奏曲。予習のために聴いた演奏が正直あまり面白くなかったのですが、ロジェさんのピアノはさすが! 最初のうちピアノの音が若干大きすぎる気がしたのですが(きっと座席の位置の関係) 聴いてるうちに気にならなくなりましたよ。ロジェさんの音ってCDで聴くととても綺麗だし、そのせいでなんとなくふわふわ~なイメージがあったのですが、いや確かに玉のように磨き上げられた美しい音だったんですけど、やっぱりきちんと芯のある音なんですねえ。曲もとても楽しく聴けたし、ペダルの踏み方にじっくり見入ってしまいました。手の動きも見たかったよ。(この曲、すんごく難しそうですよね) アンコールのグノシェンヌ良かったです。明るく鮮やかな演奏(華麗なテクニックも!)の後には、しっとりと落ち着いた曲という対比。

休憩を挟んで、プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」。それまでも躍動感たっぷりの指揮を見せてくれていたブリバエフさんですが、この曲では飛んだり跳ねたり踊ったり固まってみたり、全身(表情を含む)で音楽を表現していて、見てるだけで楽しくなっちゃいましたよ。以前佐渡裕さんを観に行った時も楽しそうな背中だなあと思ったんですが、こちらはまるでパントマイム!? あの動きだけで物語の流れが掴めそう。モンタギュー家とキャプレット家の曲に不穏な前兆を感じつつ、14歳のジュリエットに思いを馳せ… 少女ならではの天真爛漫さと無邪気な残酷さ、コマネズミのようにくるくると気まぐれに変化する表情って感じでしょうか。いやもうほんと全曲通して楽しかったです。元気な指揮はいいですね。一番前という座席も相まって、観客にしか過ぎない自分も一緒に参加してるような気分になりました。

アラン・ブリバエフさんもパスカル・ロジェさんもとっても素敵な方のようで、特にブリバエフさんは愛嬌たっぷり。曲中での各奏者への指示などを見ていても、オケの気持ちを明るく楽しく和ませつつ、一緒に分かりやすい音作りをしてきたのだろうなという感じ。日本センチュリーの団員さんたちに深く信頼されているように見えました。とっても気持ちの良いコンサートでしたよー。ブリバエフさんはまだ33歳! オランダのブラバント管弦楽団とダブリンのRTE国立交響楽団の首席指揮者なんですね。そちらのオケでの演奏もぜひ聴いてみたいな。



2012年09月30日

ヤン・リシエツキくん再び

Category : 音楽的催事 | Comments (10)  

Jan Lisiecki去年も行ったヤン・リシエツキくんのリサイタル。朝から台風による警報が出ていてどうなることかと思いましたが、今年も行ってきました。東京の音楽事務所アマティによる「プロジェクト3×3」という企画の2年目です。(去年の記事はこちら

曲目は
  メシアン: 前奏曲集より第1番「鳩」
              第2番「悲しい風景の中の恍惚の歌」
              第3番「軽快な数」
              第4番「過ぎ去った時」
  バッハ: 6つのパルティータより第1番 変ロ長調 BWV825
  モーツァルト: ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲つき」
  ショパン: 12の練習曲 Op.10

アンコールは
  ショパン: 12の練習曲 Op.25-11「木枯らし」
              Op.25-2
              Op.25-9「蝶々」

台風の影響でJRも一部止まってましたし、お客さんの入りはあまり良くなかったのですが(私の知ってる範囲でも今回は諦めたという方がいたし、ホールでも「警報出てるしどうしようかと思った」という声が聞こえました) それでも1階席の3分の2ぐらいは埋まっていたでしょうか。男性客が意外と多かったです。(男性はさほど台風を気にしないのかしらん)

最初のメシアンから、とても良かったです。現代音楽はあまり得意分野ではないんですけど、いい曲だなあと思ったのはやっぱりヤンくんの実力なんでしょうね。現代の新しい曲のはずなのに、新しさと同時にどこかとても古いものも感じられてとても面白かったな。続くバッハもとても素敵だったし~。やっぱり彼の弾くバッハは大好き。去年も祈りが籠められたようなバッハだなあと思いながら聴いていましたが、今年の演奏も、とても崇高で、天上から降り注いでくるような音楽に聴こえました。声部の弾き分けも見事だし、響きが綺麗で、透明感のある音にぴったり。続くモーツァルトでは、少し階段(ヤコブの梯子?)を下りてきてくれた感があったものの、やっぱり空の上から降り注ぐような演奏。全体的にとても軽やかで良かったし、第1楽章は変奏曲の妙を味わえたし、第3楽章のトルコ行進曲も去年聴いたのよりも素敵だなと思ったのですが、そろそろ地上に降りてきて欲しいなと思ったところで前半が終了。

後半はショパンのエチュード、Op.10を全曲。こちらはなかなか調子が出ない感じでしたが…。1番もミスタッチがとても多かったし、2番に入る前の間合いが長く、自分を取り戻そうとしているように見えました。でも「別れの曲」の中間部はとても良かったし、この辺りから調子が上がってきたような。聴きながら、なんでショパンのエチュードなのかな?と少し考え込んでしまったんですけどね。去年はOp.25の全曲演奏で、今年はOp.10。彼はショパンのエチュードにきっと拘りがあるのでしょうし、彼なりの解釈が面白いのですが、でもなぜショパンのエチュード…? 同じショパンでも、他の曲の方がいいような気がしないでもないです。あ、でも、地上に降りてきて欲しいという意味では、ショパンのエチュードでとても良かったと思いますが。
アンコールは、同じくショパンのエチュード、今度はOp.25からの3曲。「木枯らし」が迫力で良かったですねえ。そしてOp.25-2と「蝶々」の2曲は、軽やかに駆け抜けて。拍手がなかなか鳴りやみませんでしたよ!

帰り道は風と雨が凄かったんですけど、無事に行けて良かったです。「プロジェクト3×3」の3回目、大阪のシンフォニーホールでの演奏は、既に2014年3月7日(金)に決まってるみたい。予定が合えば、3回目もぜひ行こうと思います。楽しみです。^^



2012年07月26日

小山実稚恵さんのラフマニノフ

Category : 音楽的催事 | コメントは受け付けていません。 

小山実稚恵さんチケットをいただいて、シンフォニーホールで行われた日本センチュリー交響楽団の定期演奏会に行ってきました。小山実稚恵さんを迎えての公演。

曲目は
 ラフマニノフ: ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30
 ブルックナー: 交響曲 第1番 ハ短調
 
 
ええーと。
一言で言うと「よく分からなかった」です…。
小山実稚恵さんの演奏を初めて聴くのをとても楽しみにしてたんですけど、どうもオケとピアノの音が合っていないように思えてしまって… ピアノの音が今にもオケに負けそうだったし、そもそもあまり伸びのない硬い音だったように感じました。ミスタッチで音が濁るのがあまりに多いのも気になったし。いや、ピアノとオケだけでなく、オケの音自体もまとまりが悪かったような。なんだか全ての音がそれぞれに乖離して聴こえてくるような気がしてしまったんですよねえ。席としては、それほど悪い席ではなかったはずなんですけど… でもその辺りの席に座ったのは今回初めてだし、もしかしたら席のせいもあるのかも。うーん、他の席に座られた方の感想がお聞きしたい。小山さんが演奏してらっしゃる姿を見た限りでは、とても乗ってらっしゃったように見えたのですが。
と、若干頭が混乱したまま前半が終了。
後半のブルックナーでは、音が乖離して聴こえるなんてことはなかったです。オケ全体のまとまりも前半に比べてずっと良くなっててびっくり。ということは、前半は色々な要素が上手く噛み合わなかったということなんでしょうか。初めて生で聴くブルックナーの交響曲第1番は、とってもと~ってもに長かったですけど。(笑)

アンコールはなし。
ラフマニノフの後、小山さんは何度も何度も拍手で呼び戻されていました。首をちょこっと傾げて何度も登場する小山さん、可愛らしい方ですね。(何度も呼び戻されていたところを見ると、あまりピンと来なくて困惑していた私は少数派だったのかもしれないですね)
ブルックナーの方は、終わったか終わらないかのところで拍手が鳴ってびっくり。あれはさすがにフライングでしょう… 終わった途端に席を立つ方も多かったのですが、これはいつもよりも終わる時間が遅かったからかなー? ぞろぞろと帰る方が多い中、座ってる方の拍手はなかなか鳴りやまず、ちょっぴり異様な光景でした。



2012年07月07日

ルーカス・ゲニューシャス

Category : 音楽的催事 | コメントは受け付けていません。 

ルーカス・ゲニューシャス京都の青山音楽記念館バロック・ザールで行われたルーカス・ゲニューシャスくんのピアノリサイタルに行ってきました。

曲目は
  ショパン: 幻想ポロネーズ変イ長調 op.61
  ショパン: ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 op.58
  (休憩)
  ラフマニノフ: 前奏曲集 Op.23より 第1番~第7番
  ラフマニノフ: 前奏曲集 Op.32より 第1番、4番、11番、12番、13番

アンコールは
  ショパン: ノクターンハ短調 op.48-1
  ショパン: エチュード第1番 op.10-1
  ムソルグスキー(ラフマニノフ編): ホパーク
  ディシャトニコフ: フォックス・トロット

ルーカス・ゲニューシャスくんは、1990年7月1日モスクワ生まれ… ということは22歳になったところですか。2010年10月に行われた第16回ショパン国際ピアノコンクールで、第2位とポロネーズ賞を獲得して注目されている若いピアニストさんです。春にいずみホールで行われたリサイタルに行ったインゴルフ・ヴンダーくん(記事)とショパコンで2位を分け合った人。青山バロックザールでは、今回のルーカスくんのリサイタルと、今年の12月に行われるインゴルフくんのリサイタルのチケットが、2公演通し券として発売されたりしていました。

青山バロックザールは今回初めて行ったんですが、素敵なホールですね。こじんまりとしていて、係員の方の注意が隅々まで行き届いていて、きちんとしたホールだなあと思いました。音の響きもすごく良かったですし。ただ、ピアノの音だけでなく、客席の音も響いてしまうから観客の側も要注意だなと思ったのだけど。
今日のチケットは完売だそうで客席は満席。思ったよりも年配の方が多いなという印象。特に年配のご夫婦が目につきました。そして周囲から聞こえてくる話声からすると、新幹線などで遠くからいらしてる方も結構いらしたみたい。

そして演奏ですが。
ショパンはあまり得意ではない私ですが、幻想ポロネーズの最初の音で、ぐぐぐっとひきこまれました。すごい音! 「うわあ~☆」となりましたよ。もうドキドキ。(掴みはオッケー) そしてある程度音に慣れてきていたはずの2曲目のソナタでもまた、最初の音にぐぐぐっとひきこまれてびっくり。こんな風に最初の音で心を奪われたのは(というより、いきなり胸倉を掴まれたような感じ?) 初めてかも。ドキドキ。
とても懐の深さを感じさせる音でした。まるで体格の良い歌い手さんからいい声がするような感じで、大柄な体から深い音が溢れ出てきているみたい。特にフォルティッシモがずしんとお腹に響いてくるような音で印象に残りました。こんな芯のある(そしてもちろん割れていない)音が出せるんだーーーって。もちろんフォルティッシモだけじゃないし、それ以外の音があってこそのフォルティッシモなんですけどね。なんというか、内に向かう音と外に向かう音のバランスがいいんですねえ。ペダルの踏み替えもすごく細かくて、音が全然濁らないし。(休憩時間に「あの足芸がスゴイ!」なんて声が聞こえました 笑)

ただ、好みの演奏だったかと聞かれると、正直「うーん」。行く前に密かに危惧していたのですが(リサイタルがあると知ってからチケットを買うのを決めるまで、実はかなり時間がかかりました) 好みとはちょっぴりズレる感じですかねえ。演奏的には全く危なげなかったし、それどころか迫力満点だったし、リサイタルとしては大成功だったと思うんですが、こればっかりは好みの問題ですね。やっぱりインゴルフくんの方が断然好みだったなあ、と。
なあんて、ショパコンを見てなかった私がこの2人を比べるのもどうかと思うんですけどね。(4月にインゴルフくんのリサイタルに行った時は「ショパンでもいいからCDを買うぞ!というところまではいかなかったけど」なんて書いたんですけど、その後買ってしまいました…☆)
ええと、苦手なショパンだったからというわけではないですね。前半のショパンの方が、後半のラフマニノフよりも好みでしたから。ラフマニノフも良かったんですけど、ショパンに比べるとまだ若干浅いような気がしました… ショパンの時のような奥行きが感じられなくて。弾き込み度の違いでしょうか。もう少し深みが欲しかった。いえ、あのショパンと比べなければ、そんなこと思わなかったかもしれないんですけどね。(すみません、誉めておいて最後に落として)

それでも聴けて良かったです。だってあのショパンの最初の音、本当にすごかったですし~。



Page 2 of 812345...Last »
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress