2012年08月24日

レッスン日記84

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags :

2週間ぶりのレッスン。道中30分、暑くて暑くて気が遠くなりました…

今日はシューマン特化レッスンをお願いしたわけではないのですが、シューマンから見ていただいたら、結果的に特化レッスンとなってしまいました。見ていただいたのは「シチリアーナ」「サンタクロース」「五月、愛する五月」「最初の喪失」の4曲。

「シチリアーナ」は、まずアウフタクトから次の小節の頭の音を弾く時はちょっと不安な感じで。左手はもう少し小さく、でも左右の和音のハーモニーを感じて。そして8小節ずつのかたまりを一気に弾くこと。次の8小節のかたまりにいく時はブレスをして、はっきりと前とは違う色合いにすること。特に後半のPrestoのところに行く時は、息を吸い込む音が傍に聞こえるぐらいブレスして、それまでとは全く違う雰囲気を出す。ペダルを踏む時は、それぞれの小節の頭の4分音符のところと8小節目のところ。
「サンタクロース」ユニゾン部分で右手と左手の大きさが同じぐらいになってしまっているので、右手をもっと出して。中間部分に入る時、中間部分から最初のパターンに戻る時は、それぞれ曲想をガラッと変えること。ペダルを踏む時は、アクセントの音のところで短く。この曲、「サンタクロース」という題名の割に怖い曲なんですけど、この曲の原題「Knecht Ruprecht」って、普通の赤服のサンタさんではなくて、ブラックサンタクロースなんですね。怖いはずだ。(詳しくは Wikipedia へどうぞ) 中間部分、私は風が吹いて雪が舞ってるところかなあと思ったのですが、先生は粉雪と仰ってました。
「五月、愛する五月」はピアノ曲だけど、むしろ歌曲だと思って十分に歌わせること。春の到来はヨーロッパの人にとって格別、5月はヨーロッパ人にとって憧れの季節… ということで、もっとうきうきとした、まるで恋でもしているような気持ちを出して。
「最初の喪失」は、最初の音にもっと悲しみを籠めて。小指の指紋がなくなるかってぐらい鍵盤を撫でるようなタッチで。

「シチリアーナ」と「サンタクロース」は合格しました。「五月、愛する五月」と「最初の喪失」はもう1回。次の時はペダルをつけてくること。
ということで、次のレッスンは2週間後です。

以下愚痴です。読みたい方は「続きを読む」をクリックして、さらに反転してクダサイ。(削除しました。ありがとうございました。)



2012年08月10日

レッスン日記83

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags : , ,

3週間ぶりのレッスン。暑さに負けそうになりながら行ってきました。立秋以来、夜はすごく涼しくなって嬉しいのですが(暑さで目が覚めないなんて~) 日中はまだまだ暑いですねえ。

ハノンはスケールとアルペジオから。今日はG dur から始まる「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コースをメトロノーム110で。鍵盤のおさえ方がちょっと浅いという注意がありました。あと、左手の4の指が残りやすいというのも。うーん、これは全然気がついてなかったです。やっぱり上達したいと思ったら、客観的に聴いてくれる存在は絶対必要ですね。
第3部の方は48番の「3度の練習」「6度の練習」。手首の動きがまだちょっと硬いそうで、ボールを使った練習を教えて頂きました。ボールを手に握ってポンポンと鍵盤を叩くという簡単なものですけど、これは結構効きそう! 後は家に同じぐらいのボールがあるかどうかですね。探してみまーす。

次はバッハのフランス組曲6番、クーラントから。最初なぜか全然弾けなくて焦りましたよー。タイミングが全然合わないし、違う鍵盤をおさえてばかり。結局、ゆっくり2~3度弾くうちになんとか弾けるようになりましたが、最初はどうなることかと思いました。注意点としては、左手の八分音符のところはもっと弾むように弾くこと。特に右手がトリルを弾いてる小節は、右手に意識がいってしまって左手への意識がお留守になってしまっているけれど、ここの左手はしっかり弾くこと。あとは、22小節目の右手、シ♯・ド・レの3つの音のメロディをもっと出すこと。でもこの曲は合格です♪
サラバンドは結構いい感じに弾けたと思ったんですけど、ダメでした。先生によると、右手と左手がそれぞれ別々になってしまってるように聞こえてくるんだそうです。今の弾き方だと、例えばカレーを食べる時にカレーのソースを一口食べて、ご飯を一口食べて、またカレーソースを一口食べて、という感じだそうで…(笑) もっと右手と左手が混ざり合うように弾くこと。そして全体的に和音の響きを感じながら、その色合いの変化を感じながら弾くこと。もっと歌わせること。これはもう1回。
ガヴォットは、「もちろん一番上の音を一番出すんだけど、下の音もそれぞれもうちょっとしっかり出して」。それと「4分の4拍子ではなく4分の2拍子なので、ちゃんと2つずつのかたまりで」「ガヴォットらしく、もっと楽しげに」。ガヴォットって、好きなのになんだか苦手なんですよねえ。5番の時も好きな曲の割に苦労した覚えがあります。ということで、これは当然もう1回。
ポロネーズは、出だしは mp で dolce で。こちらはガヴォットよりもずっといい感じで弾けました。でも「大体それでいいんだけど~」と先生は迷われつつ、「もうちょっと弾きこんだ方がいいわね」と、結局またもう1回。
メヌエットは、楽しく。これもなかなかいい感じで弾けましたよ。こちらは1回で合格です!(嬉)

シューマンの「ユーゲントアルバム」は、今日は「シチリアーノ」だけ。これは場面ごとの色合いを変えること、2カッコのフェルマータはガツンと弾く。Prestの部分に入る直前の八分休符は休符というだけでなく、大事な間合いとして扱うこと。あと、ここでも鍵盤へのタッチが浅いと注意されました。シューマンは神経質で、あそこまで神経質でなければ、もうちょっと長生きできただろうだろうという人だし」ということで、基本的にもっとしっかりタッチする方がいいようです。「p」でも鍵盤はしっかりおさえること。そういえばうちのピアノって古い割に鍵盤の表面が綺麗に揃ってると調律師さんに言われたんですけど、タッチが浅くて傷みにくかったというのもあるのでしょうか。

次の生徒さんがいらしてしまったので(そういえば夏休みだもんね) 本日のレッスンはここまででおしまい。次のレッスンは2週間後です。



2012年07月20日

レッスン日記82

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags :

先週に引き続きのレッスン。今日はシューマンのユーゲントアルバムに特化したレッスンをしていただきました。

「メロディ」
先週、スラーが全然なってないと言われたので、家に帰ってから弾いて下さった先生の手を必死で脳内で再現しつつ頑張ったんですよー。その成果があったみたいです。「先週よりもずっとよくなったわ~」と言っていただきました。(やったぁ!)
注意されたのは、それぞれのフレーズの最後をきちんとおさめること。(これはどの曲も共通の注意… いつも最後の音が大きすぎるらしいです) あと同じフレーズが3つ続くところが2か所あるんですが、この曲の場合は、1番目よりも2番目、2番目よりも3番目を大きく歌わせること。そして最後4小節の左手「ドファミドファソミミ ファミレドファソミ」は影のメロディとしてしっかり聴きながら弾くこと。(最後の方で左手を心持ちしっかり弾くのって、バッハと似てますね)

「兵士の行進」
これは先生に言われていたわけではないのですが、小学生の子が弾くのをよく耳にする曲だし、練習もしていたので、見ていただいちゃいました。
まず注意されたのは音のバランス。単に和音として弾くのではなくて、一番上の音を一番出して弾くこと。(やっぱりそうですよね… 何度同じこと言わせたら気が済むんだろう、私) 前半は似たようなメロディが4回続くけれど、これを同じように弾いてしまうと聴く方が飽きてしまう、この曲の場合、最初のと3番目のは G dur で、2番目と4番目は D dur なので、その辺りをヒントに自分で考えて弾き方を変えること。…となると、やっぱり D dur の方を大きめに、でしょうか。 D dur の方が音も高くなりますしね。強弱記号としてはどれも「f」になってるけど、「mf」→「f」→「mf」→「ff」な感じかな。あと、後半も最初の4小節が「f」なら、次の4小節は和音で始まってる分「ff」でたっぷりと。

「狩の歌」
8分の6拍子というのは、8分音符が3つずつ2拍子な感じ。「∞」(無限大)の記号をぐるぐる回ってるようなイメージで。という注意がまずありつつ…
これはユニゾンの音から始まる曲なんですが、右手と左手の音量が同じぐらいになってしまって、かちあってキタなくなってしまっている、もっと右手に光を当てて、左手は影のメロディとすること、という注意。そしてこの曲では、スタッカートとそうでない音の対比をもっと感じること。最初の狩猟ラッパの音はスタッカートではない音(これはノンレガートで弾いてます)、次の馬の蹄の音はスタッカート。再び狩猟ラッパ、馬の蹄。そして狩猟ラッパの音が一段高くなって、獲物が走る様子がスタッカート。それが音を増やしつつ繰り返されて、獲物を追い詰める場面。ここでは右手がスタッカート。左手はスタッカートで弾いた方が馬が走ってる様子が出るかもしれないけれど、ここは敢えてノンレガート… むしろレガートで。そして曲の最後の音はもっと余韻が残る音で。少し力を乗せて、それから上の方に音をふわっと飛ばすこと。

「勇敢な騎手」
「sf」の所は主旋律だけでなく和音の方も強調するけれど、それは4分音符の和音だけで、その直後の2つの8分音符は軽く。この曲では「兵士の行進」の時のように、同じようなフレーズを違った弾き方で、という注意はなかったんですけど、同じことですよね。繰り返して弾くのなら、尚更考えないと。(この曲はまだもっと色々と注意点があったと思うんですけど、思い出せず… 思い出したら追加で書きます)

「楽しき農夫」
アウフタクトの音は上向き、次の音は下向き。左手のメロディは太く、カーネルサンダースのようなイメージで。右手の和音は力を全く乗せない軽い音で。10小節目、16小節のシ♭ラソファソのところは和音を感じて。右手がメロディを弾くところは、もちろん歌わせなければならないのだけど、テンポが遅くならないように。

「シチリアーノ」
イ短調だし「シチリアーノ」というタイトルからも、あまり元気にならないで、悲しげな感じで弾いてね、と言われました。…あーーーやっぱりそれでいいんですか。この曲の発想記号は「giocoso」で、「おどけて」「楽しげに」といった意味なんですよね。でもどうもイメージと合わないなあと思ってたんです。それと da capo で最初に戻った後、Fine と書かれてるところがとても中途半端でそれも不思議だったんですが、8小節後の区切りのいいところまで(曲想が変わる直前まで)弾くことになってすっきり。曲想が変わってからは、指に力を乗せないで弾くこと。
 
 
ということで、今日見ていただいたのは6曲。「メロディ」から「楽しき農夫」までの5曲は合格になりました☆
先生がチェックして下さってるのは「シチリアーノ」も入れてあと5曲なんですけど、やりたい曲があったら見てきてね、とのこと。短い曲なのに学ぶことがいっぱいなので… というか、短くてそれほど難しくない曲だからこそじっくりできることが色々あるので、私ももう少し見て頂きたいなと思ってたんです。「長くて難しい曲だと、細かいところを逐一やってたら先に進めなくなっちゃうし」と先生が仰る通りですわ。私の弾き方が突っ込みどころ満載ということがよく分かりますね。(いえ、この機会にブラッシュアップですわよ!)
考えていたのは、「イタリア人船乗りの歌」「水夫の歌」「冬 I」「冬 II」の4曲。でも「騎手の曲」「劇場からの余韻」「異国人」辺りも好きだし、今改めて聴いてたら「小さな練習曲」「ちょっとした朝の散歩」「収穫人の歌」もいいかなあ、なんて思ってしまったし。「メロディ」は合格になったけど、もう少しレガートの曲を練習したいし。やっぱりざっと弾いてみなくちゃ分からないですね。実際に弾いてみたらまた変わるかも。
次のレッスンは3週間後なので(どーんとあかずにすみました!)、その間にゆっくり考えます。^^



2012年07月13日

レッスン日記81

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags : , ,

今日は蒸し風呂のような空気でございました…

ハノンはスケールとアルペジオから。今日は「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」。最初の1音がドスンと大きすぎるという注意。もっと滑らかに入ること。
第3部の方は48番の「3度の練習」「6度の練習」。今回も「もっと鍵盤の内側で」とは言われなかったので、これに関しては少しずつマスターしつつあるのかもしれません。(嬉)
でもメトロノームの80で弾くはずだったし、家でもそれで練習してたんですけど、レッスンではまだ手がほぐれてない感じだったので、76で弾いたんです。このテンポなら比較的問題ない感じなんですが、きちんと手がほぐれてない時にメトロノームの80で弾くと、左手にだんだん力が入っちゃう… と先生に言うと、「やっぱり利き手じゃないから難しいのよね。ゆっくりでいいから、少し弾いては意識して力を抜くという練習を繰り返すことかしら」とのこと。でも前回の一周の時はメトロノーム80どころじゃなかったし、それは多分もっと腕に力が入ってしまっていたせいもあったと思うんですよね。少しずつ進歩してると思いたいー。それに先生も「だんだん出来るようになってきてるところだから、もう1回やりましょう。無理に80で弾かなくてもいいわよ。76の次は77、78、79… と力が入らずに弾けることを優先にね」ということに。

バッハはフランス組曲の6番。
アルマンドは、私にはすごく弾きにくいです。前回見ていただかなかったし、もう1ヵ月以上練習してるというのにまだ譜読み段階のような弾きっぷり。ほんの少し楽に弾けるようになってきたのが、レッスンの3~4日前ってところ。でもレッスンで何度も弾いて、調の変化や曲想をやってるうちに少しマシになってきたかな。ということで、これは合格です。
クーラントは、伸ばさなくちゃいけないのに切るのが早すぎるって箇所がいくつかありました。特に前半と後半の最後はそれぞれ I の和音なのでこの4音をしっかり聴くこと。
サラバンドは家で弾いていたよりもかなりゆっくりになりました。その分、トリルの入れ方が変わって… というかすんごい増えました。例えば、その小節の最後までしっかりトリルを入れるとか、そういうの。でも普通のプラルトリラーとかモルデントの記号ならまだしも、「tr」と書かれている時に私は大抵その音から始めて1音上にいっちゃう… 実際には1つ上の音から弾き始めるのが正しいんですね? いつもうっかりしててダメだなあ。今度先生にちゃんとお聞きしようっと。

そしてシューマンはユーゲントアルバム。
どうも私、スラーの弾き方が全然なってないみたいで、「メロディ」でのスラーの練習で時間が終わってしまいました。1音1音の打鍵が速すぎるんだそうです。あと指にもっと力を乗せる練習が必要とのこと。うーん。でもスラーが弾けないとお話にならないですものね。こういう技術的にそれほど難しくない曲の時に、なんとしてもマスターしなくては!です。

次のレッスンは来週。でも諸事情により、その後どーんとあいてしまいそうな感じです。シューマン、がんばらねばー。せめて「楽しい農夫」までは合格をもらっておきたいなあ。どーんとあいたらあいたで、謝肉祭の譜読みを始めるいいチャンスなんですけど、どうしても気になっちゃいますしね。(笑)



2012年06月29日

レッスン日記80

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : ,

2週間ぶりのレッスンは、すんごくいい天気! 日傘も日焼け止めも効かなさそうな陽射しです。湿度はそれほどでもないので、からっとして気持ち良かったですが、6月末にしてようやく本格的な夏到来でしょうか。今年って例年に比べると涼しいですよね? 例年の今頃ってもっとクーラーとか扇風機とかつけてたような気がするんですけど、今年はまだ全然ですし。(職場ではもちろんかかっていますが、自宅では)

今の先生に習い始めて、もう80回目のレッスンですって。すごいなあ。(と、この記事を書きつつしみじみ)

ハノンはスケールとアルペジオから。3つのグループの最初の「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」です。今回の注意点は「弾くことに必死にならないで、自分の音をもっと聴いて」。いや、ほんとそういう注意を受けてしまうのももっともな、すっきりしない音でしたよ… これって先生のおうちに着いたばかりでピアノの音にまだ慣れてないって問題でもないような気がします。気合いが足りないんですかね? スケールとアルペジオの練習にある意味慣れてしまって、鍵盤へのタッチが何気なくなっちゃってるのかなあ。いずれにせよ、初心に戻ってもっと細心の注意を払わなければならないんでしょうね、きっと。
第3部の方は、47番の「4つの同音の連続」。メトロノーム120でも練習していたのですが、これだと指が相当バタバタしまうので、レッスンでは116で。この手の曲では毎回「もっと鍵盤の内側で」と言われるので、今回は毎日まず鍵盤の上に鉛筆を置いて内側で弾く練習をしてて、その効果のほどはいかに…?! だったんですが、今日はその注意はなし。それはある程度出来ているからだったのか、それともまだ出来てはいないけど努力の跡は見えたのか、もしくは「もう言わなくてもイイカゲン分かってるでしょ」だったのか? 完全ではないにせよ、だんだん出来てきてるのならいいのですが。とりあえず47番は合格。次は48番の「3度の練習」「6度の練習」。前回これをやった時もその注意を受けたので、次のレッスンでまた注意を受けるかどうかが勝負の分かれ目ですね☆(勝負ってナニ)

シューマンは今日からユーゲントアルバム。「メロディ」「狩の歌」「勇敢な騎手」「楽しき農夫」を聞いていただきました。
「メロディ」は、ソプラノの歌とピアノの伴奏のようなイメージで、左手はもっと小さく、右手をもっと歌わせて。「まるでツェルニー○○番みたいになってるわよ」と言われてしまいましたよーー。右手を歌わせる、と書くのは簡単だけど、なかなか綺麗に歌ってくれないんですよねえ。先生が弾くとなんであんなに素敵な音がするんだろう?
「狩の歌」は、最初のドの音にスタッカートをつけたような弾き方をしていたので、それを直されたのと…(いや、すっかり思いこんでしまっていました) 最初のフレーズは狩に行く時の角笛とかラッパの音、次のフレーズは馬の蹄の音だから、きちんと音色を変えて。具体的には、角笛の音はもっと太く、馬の蹄の音はもっと軽やかに、ですね。短い曲だけど、その曲の中でどの部分を一番盛り上げたいのかきちんと考えて。(そりゃもちろん獲物を追い詰めたところでしょ… と分かってはいるのだけど)
「勇敢な騎手」は、勢いよく、もっとひっかくような鋭いスタッカートで。sf のところは鍵盤の少し上から手を落とすように。「勇敢」ということは、まあちょっと無謀でもあるということだから、そんな感じで。全体的にアクセントでメリハリをつけて。
「楽しき農夫」の左手のメロディは、カーネルサンダースのような太っちょのおじさんをイメージして、もっと太い音で歌わせて。四分音符がちょっと短くなりすぎてるところがあるので、それに気をつけること。そして右手と左手とメロディーが重なる所はやっぱり右手を出すのですね。(先生が弾いて下さってるのを聴いていて分かりました)

今日は他の話をしていてそちらに時間を取ってしまったので、バッハはなし。
あー、そういえば。サラバンドのトリルでどうしたらいいのかよく分からないところがあるんだった。そこを聞いてくれば良かった。一応「こうかな?」というので練習はしてるんですけど、なんだかすっきりしないんですよねえ。

ユーゲントアルバムは「兵士の行進」にチェックが入ってなかったんですけど、これも見ていただこうかな? これもなんとなく練習していたし。でもでも技術的には比較的簡単な曲とはいえ、もっと弾きこまないとダメダメです。やっぱり譜読みの時は2週間では足りません…。私の場合、譜読み自体はそれほど遅くないと思うんですけど、譜読み状態が長くて、それを越えるのにいつもものすごく時間かかってる気がします。そして譜読み状態の時でも一応表情はつけようと頑張っているのだけど、それを乗り越えてからじゃないと指が思うように動いてくれないから、結局のっぺりしたまんまなんですよね。
今回、バッハの方もフランス組曲の6番の8曲の譜読みの真っ最中なので…(ブーレとジーグはまだほとんど見れてない状態だけど) 小曲ばかりとはいえ、2週間で譜読みをいっぱいしなければならないのは、ちとツラいものがありますわん。だから今日はバッハを弾く時間がなくて少し安心もしたのだけど。(本当は一度見て頂いた方が、練習の効率が格段に上がるのだけど)

ということで、次のレッスンは2週間後~。



Page 4 of 20« First...23456...1020...Last »
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress