2010年04月06日

ツェルニーは何のため?

Category : 音楽的資料 | Comments (4)  

ツェルニーといえばピアノのレッスンでは王道の存在。(少なくとも日本では) 私も100番に始まって30番、40番と進んでいったのですが、ピアノを専門的にやっていこうというわけではなかったし、子供の頃は自分が何のためにツェルニーを練習しているのか全く分かってなかったこともあって、結局途中でうやむやになってしまったんですよね。
でも最近、このツェルニーのことが気になって仕方ないのです。というのは、ツェルニーをインテンポで弾けるようになれば相当なテクニックが身に着くということを知ったから。…いや、手指の訓練のための練習曲だということは考えればすぐに分かるようなことなんですけど、当時はほんと何も考えてなかったので… 実際ツェルニーを練習していてテクニック的に飛躍的に向上したという意識もなかったですしね。でもいざ知ってみると、やっぱり必要なものだったのかなあと妙に気になってきてしまいました。

ここでまずツェルニーとはどういった人だったのかを書いておくと。
カール・ツェルニー(1791年‐1857年)は、オーストリアのピアノ教師でありピアニストであり、作曲家でもあったという人物。ベートーヴェン、クレメンティ、フンメルの弟子で、その教え子にはリストがいます。「ツェルニー○○番」といった練習曲が有名ですが、室内楽曲や協奏曲も作曲していて、ピアノ協奏曲は現在でも演奏されることが多いのだそう。

ツェルニーの問題点としてよく挙げられているのは、まず曲が面白くないこと。そして生きていた時代から考えて、古典派後期からロマン派初期までのテクニックが中心ということ。多声的要素も全くないわけじゃないけど、実際あまりないと思うし、普通に考えて、ツェルニーより後の時代のテクニックが含まれているとも思えないですしね。でも多声音楽に関しては日々バッハを練習しているわけだし。バッハ以外で一番弾きたいシューマンは初期ロマン派だから十分射程圏内。ベートーヴェンだって、ソナタを弾きつくしたいなんて願望こそないものの、好きだし弾けるようになりたいし。
ついこの間までは、普通のピアノの曲を練習する中で個々のテクニックを練習していけばいいじゃないの、と思っていたんです。でも曲の中に出てくると予想される音階やアルペジオ、音型を事前に練習しておくというのは確かに有効な手段なのかも。しかも私の指があんまり回らないのはツェルニーをあまり真面目にやってなかったせいもある? ただ、私の場合、今はショパンのエチュードを練習中。これだって立派な練習曲。ツェルニーでいえば、多分50~60番相当だと思います。しかも音楽的にはツェルニーよりもずっと上。今さら30番を練習する必要があるのかしら。なんて思ったりもするんですが…。たとえツェルニーの練習曲がある程度テクニック的に偏っていたとしても、その辺りの基礎的なテクニックを見直して底上げするのは、今の私にとって有効な気もします。急がば回れとでもいうか。

で、ツェルニー関係の本をいくつか探してみました。そしてまず読んでみたのは、室井摩耶子さんの「チェルニーってつまらないの?」。副題は「チェルニー30番から何を読みとるか」。これは音楽的にツマラナイとされているツェルニーの面白さを引き出した本。作曲家が楽譜に書こうとしたことをきちんと読みとることができれば、おのずとその演奏はまるで違ってきてしまうということを具体的に説明していきます。なぜツェルニー30番を取り上げたかといえば、ツェルニーが音楽語、そして音楽の原則を見事に書き切ってると思うから。「チェルニーはつまらないと言われるが、原則をふまえて弾いていくとき、それは結構美しい音楽の姿を現してくる」とのこと。
ツェルニー30番がなぜ必要なのかという本ではなかったですが、これはこれで面白かったです。作者の作りだした5つのキャラクターで分かりやすくお話仕立てにしてるところは、私が読むにはちょっと幼すぎる感じなんですけどね。うーん、確かにこんな風に曲を読みとることができれば、もっと楽しく練習できるようになるかもしれない… でも、そうやって読みとれるようになるには、どうやって勉強すればいいんだろう? 読んでいて「なるほど」とは思っても、他の楽譜には応用できないよ、私。

とりあえず、しばらくツェルニーを練習しつつ、自分に本当にツェルニーが必要なのかどうか考えてみようと思います。何のための練習なのかきちんと理解した上で、1曲をインテンポ・ノーミスで弾けるようになれば、次に進むということで。ま、30番と40番の本は手元にあるので。
そして山本美芽さんの「21世紀ヘのチェルニー 訓練と楽しさと」、岡田暁生さんの「ピアニストになりたい! 19世紀 もうひとつの音楽史」も図書館に予約中。

*関連記事*
続・ツェルニーは何のため?
続々・ツェルニーは何のため?



2010年03月26日

バッハの鍵盤楽器のための曲

Category : 音楽的資料 | Comments (2)  

自分のためのメモです。
死ぬまでにバッハの全クラヴィーア曲を制覇したい私。(どう考えても無謀だけど)
BWV772からBWV994はオルガン以外の鍵盤楽器のための曲だそうなので、その一覧を作ってみました。
で、自習も含めて、弾けたところからをつけていこうかなと…(一部完了はで)
現在レッスンで練習中なのは です!

BWV 772-786 – 15 Inventions(インヴェンション)
BWV 787-801 – 15 Sinfonias(シンフォニア)
 BWV 802-805 – Four Duets(4つのデュエット)
BWV 806-811 – English Suites(イギリス組曲)  
BWV 812-817 – French Suites(フランス組曲)
 BWV 818-824 – Miscellaneous Suites(種々の組曲)
 BWV 825-830 – Partitas for keyboard(6つのパルティータ)
 BWV 831 – French Overture(Partita) in B minor(フランス風序曲)
 BWV 832 – Partita for keyboard in A major(パルティータ イ長調)
 BWV 833 – Prelude and Partita del tuono terzo in F major(第3旋法による前奏曲とパルティータ)
 BWV 834-845 – Suites and Suite movements(組曲)
BWV 846-869 – The Well-Tempered Clavier 1(平均律クラヴィア曲集第1巻)
 BWV 870-893 – The Well-Tempered Clavier 2(平均律クラヴィア曲集第2巻)
 BWV 894-902 – Preludes and Fugues, Preludes and Fughettas(前奏曲とフーガ、前奏曲とフゲッタ)
 BWV 903- Chromatische Fantasie & Fuge in D minor(半音階的幻想曲とフーガ ニ短調)
 BWV 904-908 – Fantasias and Fugues, Fantasias and Fughettas(幻想曲とフーガ)
 BWV 909 – Concerto and Fugue in C minor(協奏曲とフーガ ハ短調)
 BWV 910-916 – Toccatas(トッカータ)
 BWV 917-920 – Fantasias(幻想曲)
 BWV 921-923 – Preludes(前奏曲)
BWV 924-932 – Little Preludes(7つの小前奏曲)
BWV 933-938 – Six Little Preludes(6つの小前奏曲)
BWV 939-943 – Five Little Preludes(5つの小前奏曲)
 BWV 944-962 – Fugues and Fughettas(フーガとフゲッタ)
 BWV 963-970 – Sonatas and Sonata movements(ソナタ)
BWV 971 – Italian Concerto(イタリア風協奏曲)
 BWV 972-987 – Concertos(協奏曲)
 BWV 988 – Goldberg Variations(ゴルトベルク変奏曲)
 BWV 989 – Aria variata alla maniera italiana(イタリア風のアリアと変奏)
 BWV 990 – Sarabande con Partite(変奏を伴うサラバンド ハ長調)
 BWV 991 – Air with variations(アリア ハ短調)
 BWV 992 – Capriccio in B major(カプリッチョ 変ロ長調「最愛の兄の旅立ちにあたって」)
 BWV 993 – Capriccio in E major(カプリッチョ ホ長調「ヨハン・クリストフ・バッハをたたえて」)
 BWV 994 – Applicatio in C major(運指練習曲 ハ長調)
 
 
これも一応入れておきましょうか。

BWV 999 – Prelude in C minor(前奏曲 ハ短調)←やったことあるから
 BWV 1080 – The Art of Fugue(フーガの技法)
BWV Anh.113-132 – Klavierbuchlein fur Anna Magdalena Bach(アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集)
 
 
編曲も沢山あります…
とりあえずケンプとブゾーニのものだけ分かる範囲でリストアップしてみました。
まあ編曲に関しては「絶対弾く!」というほどではなくて、好きなものだけチョイス予定。
(色んなところからデータを拾ってきたので、言語が統一されていません)

 BWV 29 – Wir danken dir, Gott, Wir danken dir(Kempff)「神よ、あなたに感謝をささげます」
 BWV 147 – Jesu bleibet meine Freude(Hess, Kempff)「主よ人の望みの喜びよ」
 BWV 307 & 734 – Es ist gewisslich an der Zeit / Nun freut euch(Kempff)「たしかにその時機だ」
 BWV 388 – Nun freut euch, lieben Christen g’mein(Busoni)「今ぞ喜べ、愛するキリストのともがらよ」
 BWV 532 – Prelude and Fugue in D major(Busoni)前奏曲とフーガ ニ長調
 BWV 552 – Prelude and Fugue in E flat major “St. Anne”(Busoni)前奏曲とフーガ 「聖アン」
 BWV 564 – Toccata, Adagio and Fugue in C major(Busoni)トッカータ ハ長調
 BWV 565 – Toccata and Fugue in D minor(Busoni)トッカータとフーガ ニ短調
 BWV 599 – Orgelbuchlein: Nun komm, der Heiden Heiland(Busoni)「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」
 BWV 615 – In Dir ist Freude(Busoni)「汝のうちに喜びあり」
 BWV 639 – Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ(Busoni, Kempff)「イエスよ、わたしは主の名を呼ぶ」
 BWV 645 – Wachet auf, ruft uns die Stimme(Busoni, Kempff)「目を覚ませと呼ぶ声が聞こえ」
 BWV 659a – Nun komm der Heiden Heiland(Busoni)「来たれ、異教徒の救い主よ」
 BWV 727 – Herzlich tut mich verlagen(Kempff)「我が心からの望み」
 BWV 734 – Nun freut euch, liebe Christen gmein(Busoni)「今ぞ喜べ、愛するキリストのともがらよ」
 BWV 751 – In dulci jubilo(Kempff)「こころよき喜びの声にて」
 BWV 1004 – Violin Partita No. 2 in D minor “Chaconne”(Busoni)無伴奏パルティータよりシャコンヌ
 BWV 1031 – Flute Sonata in E flat major “Siciliano”(Kempff)フルート・ソナタよりシチリアーノ
 BWV 1056 – Concerto in F minor “Largo”(Kempff)チェンバロ協奏曲よりラルゴ
 
 
妙なところも多々あると思います。抜け落ちや間違いに気がつかれた方は教えて下さいね。



2010年03月05日

ドビュッシーの本

Category : 音楽的資料 | Comments (6)  

ドビュッシーを練習するに当たって、家に青柳いづみこさんのドビュッシーの本があるので、まずそれを読んでみることにしました。再読ですが。すっかり形から入ってます。(笑)

「指先から感じるドビュッシー」は「作品に込められた意味、楽譜からのインスピレーションを”ピアノの音”にするために」ということで、技術的な練習だけでなく、19世紀の文化的背景からも、ドビュッシーの曲を探っていこうとする本。
ドビュッシーの生まれ育ちや人となりはもちろん、好きだった絵画や文学作品も紹介されてます。「印象派」ということで片付けられがちなドビュッシーですが、本当に印象派なのか?なんて部分も。…ドビュッシー自身、評論家に「印象派の弟子」と言われたそうなんですが、その頃は既に印象派の運動は終わっていて、実際には悪い意味で使われたようですね。それに瞬間の風景を切り取って描き上げた印象派の絵画に対して、ドビュッシーの作曲は風景が一旦気持ちの中に入って内面で少しこなれてから、ある時ふと音楽言語として外に出てくるというもの。だから現象としては似ていても精神的なものは違う、と青柳いづみこさんは書かれてました。
あとは実際の演奏について。逆立ち体操に始まる様々な基礎練習方法やそれぞれの曲についての詳細な解説、解釈や具体的な演奏法について。基礎練習に関してはドビュッシー以外のピアノの演奏全てに通じることだと思うし、私が弾いたことがあるのはアラベスクの2曲だけなんですけど、この2曲の部分だけでもものすごく勉強になりました。例えばアラベスクの1番にはバッハ的な対位法が見られるということも、2番はオーケストラ的な書法が特徴なんてことも、当時は全然知らなかったし、考えもしなかったし! フルートのところは指を平らにしてあまり力をこめないように弾き、オーボエのところは指先を立ててよく通る音で、クラリネットは重さを使って柔らかい音で、ファゴットはゆっくりしたタッチで暖かい素朴な音を。金管楽器や弦楽器のところも当然あるわけで、こういうのを綺麗に弾き分けられたら素敵でしょうね。
残念ながら「子供の領分」全6曲のうちで取り上げられている曲は「雪は踊っている」と「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」だけなんですけど、その2曲を練習する時はぜひ参考にしたいものです。実際の手の写真も沢山入っているし、この本は読物というより実践的な練習の本。1つ1つゆっくり試していきたいな。

「ドビュッシー 想念のエクトプラズム」はドビュッシーの評伝。
意識的に軽めに書かれている「指先から感じるドビュッシー」とは全然雰囲気が違うし、あと2歩も3歩も踏み込んだ内容。CDのジャケットには印象派の絵画が多く使われていて、実際明るい色調の口当たりのいいイメージが先行する曲が多いにも関わらず、その奥には実はおどろおどろしい影が潜んでいる… と、ドビュッシーの音楽を19世紀末のデカダンスやオカルティズムとの関わりなどの面から改めて見つめ直していきます。ドビュッシーだけでなく、ヴェルレーヌとランボーのことや、エドガー・アラン・ポー「アッシャー家の崩壊」、ユイスマンス「さかしま」などなど、文学史的な方向から読んでも面白い~。文庫版あとがきでご本人が「文庫化にあたって久しぶりに読みなおしてみると、生硬な表現が目につくし、ずいぶん攻撃的だなぁとも思うが」と書いてらっしゃる通りで、私も最初は少しびっくりしたんですけどね。
それにしてもドビュッシーって実は文学青年だったんですねえ。ただ、主にドビュッシーの裏の面を取り上げているためか「子供の領分」については全く言及ナシ。当時3歳だった愛娘・クロード・エマ(シュウシュウ)のために作られた曲ですものね。言及がなくて当然だろうとは思うんですが、それでもやっぱりちょっと残念。

そして「指先から感じるドビュッシー」にたびたび引用されていた「ピアノのテクニック」、つい買ってしまいましたよー。ハノンみたいな指の訓練の本。(青柳いづみこさんは、やっぱり安川加寿子さんのお弟子さんだったんだなあと妙なところで実感したり)
今はあまり練習時間をたっぷり取れないこともあって、そういう基礎練習はほとんどやってなかったんですけど(シンフォニアの今までやった曲を全部1回ずつ弾いてウォーミングアップしていた)、やっぱり練習前の指馴らしは必要かもしれないなと思い始めて。ハノンなら持ってるし、それで十分なんでしょうけど、正直飽きたし(爆) 私の場合、ハノンだとある程度の速さで機械的に指を動かす方向にいってしまうので、この本でちょっと目先を変えてみるのもいいかな、と。単調な音階練習だって、意識して音に表情をつけながらやるようにすれば、きっと少し結果が変わってきますよね。指の基礎力をつけたり、脱力を徹底させるのはもちろんなんだけど、表現力をもっと身につける助けにもならないかなあ、なんていうのは甘い?(笑)

 

ハノン派、ピアノのテクニック派、どっち?(他にもあるんでしょうけど、よく知らない)



2010年02月19日

バッハの勉強

Category : 音楽的資料 | Comments (4)  

いい本を見つけてしまいました。「バッハ・インヴェンションとシンフォニーア」市田儀一郎著。インヴェンションやシンフォニアの全30曲の分析と解釈、演奏法について書かれた本です。高いのに思わず買ってしまいましたよー。でもこれは今の私がまさに欲しかった本! まさに必要な本! 早速、今やり始めているシンフォニアの10番について勉強し始めました。難しくてよく分からない部分もあるけど、まずは分かる部分から。いずれは書かれてることが全部きちんと理解できるように頑張ろう!
そして、せっかくだからこの際インヴェンションも勉強し直そうと思って、この本のインヴェンションの1番のところに書かれていることも楽譜に書きこみ~。そのインヴェンションの1番の解説の最初のところに「完成された単純とはこの曲をさしていうのであろう。」とあるのを見て、まさにその通りだなあとしみじみ。一通り読んで、構造的なことをある程度理解した後でさらにしみじみ。そして実際に弾いてみてしみじみ。この曲を習った当時もある程度は教わってるんだけど、まあ小学生でしたしね。表面的なところしか理解してなかったので、この本はものすごく勉強になりそうです。あとは今のシンフォニアに合わせて10番もやろうかな。シンフォニアが終わるまであと7曲、そちらと同時に終わらせるのを目標に頑張ります。

同じ方の平均律の本もありました。こっちも欲しい!

 



2009年05月25日

「アーモンド入りチョコレートのワルツ」

Category : 音楽的資料 | コメントは受け付けていません。 

 

森絵都「アーモンド入りチョコレートのワルツ」には、3つの中学生の物語と3つの音楽が登場します。「子供は眠る」ではシューマンの「子供の情景」、「彼女のアリア」にはバッハの「ゴールドベルク変奏曲」、「アーモンド入りチョコレートのワルツ」には、サティの同名の曲。

「子供は眠る」は、1日中遊んで疲れている少年たちがその締めくくりに「子供の情景」を聴いて寝入ってしまうという話。主人公の少年も必死に目を開けていようと頑張るのですが、いつもダウン。確かに普段クラシックなど聴かない中学生の男の子には、ちょっと酷かもしれないですね。よくよく聴いてみれば、なかなかいい曲だということが分かるのですが。
「彼女のアリア」には、「ゴールドベルク変奏曲」を弾く中学生が登場。「ゴールドベルク変奏曲」といえば、それほど難しそうに聞こえなくても、実は難易度最上級。それなのにその彼女は、まるでCDのように弾いているらしいのです。CDといえば、やはりグレン・グールドでしょうか。グールド並に弾ける中学生とは、なんと末恐ろしい。
それに対して、サティの「アーモンド入りチョコレートのワルツ」は、とても可愛らしい曲。こちらは、主人公の女の子がピアノの先生のおうちで開かれた発表会でこのこの曲を楽しげに弾いて、ピアノの先生と「サティのおじさん」が踊りだしてしまうんです。そんなアットホームな発表会も素敵ですね。

 



Page 4 of 512345
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress