2010年07月16日

レッスン日記36

Category : レッスン日記 | Comments (8)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。道中、暑かった… 雨に降られるよりはずっといいけど、先生のおうちに着いた頃にはもう息がすっかりあがってしまいました。(徒歩30分)

今回からハノンを見ていただくことになったので、まずはそれから。基本的に第3部を見ていただくということになってるんですが、第3部が終わったら、もっと前の方も見て頂くことになるかも。今日は44番「3つの同音の連続」。3連打するたびに、意識して腕から力を抜くこと… これはM.M.♩=120でクリア。

バッハのシンフォニアは11番。メインのモチーフは、最初の2音をもっと大切に、4つの音で円を描くようなイメージで弾くこと。上声や下声がメインとなってクレッシェンドしていく部分は、螺旋のイメージで。という注意がありつつ、合格です。肝心の暗譜は「なんとなく」のレベルでしたが…(汗)
そして13番も見て頂いたんですけど、こちらは明らかに練習不足。今回、数えるほどしか弾いてないからなあ。もっと片手ずつ、というか一声ずつ練習しなくちゃです。あと、次回のレッスンまで時間があくかもしれないから、と9番も見ていくことになりました。

ドビュッシーの「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」は、やっぱりグランドピアノとアップライトの違いに戸惑ってしまいますー。今回は、何といってもまずペダル! 家のアップライトだといい感じの響きになってたのに、教室のグランドでは同じように踏んでも全然なんだもの! 右ペダルは家よりもきっちり踏まなくちゃいけないみたい。逆にウナコルダの所は軽めで。…レッスン時間がもうあまり残ってなくて、何度も弾けなかったのが残念だなあ。もうちょっとで感覚を掴めそうだったのに。
曲の表現の注意の方は、めっきり少なくなったんですけどね。全体的にパステルカラーなイメージになってて、ドビュッシーだからそれはそれでいいんだけど、それだけだと単調になってしまうので、終盤はもっと煌びやかに弾きましょう、ぐらいかな?

「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」、先生の心づもりとしては弾けてたら今日で合格のはずだったみたいなんですが、ペダルが鬼門となって次回に持ち越しになりましたー。
「珍しく随分手こずってるけど… 苦手? この曲嫌い?」と言われてしまったよーー。
や、自分からやりたいと言った曲なので嫌いなわけじゃないんですけど! うーん、やっぱり苦手なのかも。
「家で練習する時も、どうもなかなか定まらない感じで… 最初のページを5回ぐらい繰り返し弾いて、やっとなんとなく弾けるようになるんです」と言ったら、「ドビュッシー特有のハーフタッチをイマイチ掴み切れてないのかもねー。ハーフタッチで音階練習してみるといいかも」とのことでした。はあ、確かにそうなのかも。ハーフタッチ。だから最近妙にベートーヴェンが弾きたくなるのかも。(笑)
でもって、ハーフタッチも、グランドとアップライトの違いが大きく出る部分だよね…

早くドビュッシーを切り上げて、ショパンのエチュードに戻りたいですー。
と言いつつ、「雪は踊っている」と「ゴリウォークのケークウォーク」は、相変わらずやる気なんですけどね。他の3曲は、もう自主練習でいいかなー。

そして次のレッスンは1ヶ月後。
ピティナのコンペに出場する生徒さんが沢山いるので、先生は一年で一番忙しい時期に突入です。その生徒さんたちの補講がどんどん入るし… この間も朝の7時半から夜の11時までびっしりレッスンだったって聞いてびっくり! それにある程度予選・本選と会場にも行かなくちゃいけないしで、ほんと大変そうです。同じ門下の生徒同士で争うことがなるべくないように出場する会場をバラけさせてるので、一層忙しくなっちゃうみたい。(到底全部は行けないと仰ってましたが) それとはまた違う話なんだけど、今度オケと初コンチェルトをする生徒さんがいて、そのフォローも必要なようだし。そんなこんなで、一応1ヶ月後に約束しているレッスンも仮予約状態。もし全国大会出場の生徒さんがいっぱいいたら延びちゃうかもしれませんー。(去年は10人ぐらい東京に行ったんだよね…)
1ヶ月後、無事にレッスンを受けられるといいなあ。



2010年07月02日

レッスン日記35

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : ,

3週間ぶりのレッスン。今回は比較的ダレることなく練習できたよ!

バッハのシンフォニアの11番は、一応合格ライン… でしょうか。「今の感じでいいので、次は暗譜をしてきてね♪」とのことでした。暗譜かー。なかなかできないんだよね、暗譜。でも11番はいい曲だし、覚えておくと何かと便利かも。頑張ろうー。(便利って)
注意点としては、メインのモチーフが出てくるたびにもっと意識をそちらに向けること。「・レシソソ~」の「レシソ」のところで、ハラハラと何かが舞い落ちるように下降を感じて。(・は休符、最後のソは1オクターブ高いソ) そのモチーフとは別に、同じ形のモチーフが音高を変えて3回繰り返されているところはゼクエンツ。そこはロマン派みたいに徐々にクレッシェンドしたりディミヌエンドするのではなく「f」→「mf」→「mp」(あるいはその逆)みたいに段階的に強さを変えること。最後にメインのモチーフに戻るところの「f」は、ただ音が大きいフォルテではなく、内にパワーを秘めたフォルテで。
次は13番も見ていくことになりました。「これはちょっと難しいけど、頑張ってね♪」ですって。まあ、難しくても14番よりはマシかな… マシだといいなあ。(希望的観測)

ドビュッシーの「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」は、前回よりはかなりマシになりました! 速く弾いてもほとんど滑らなくなったのが嬉しい~。先生が横で上手くのせてくれたので、家で1人で弾いてる時よりいい感じに弾けたし。
もちろん注意点は色々ありました。前回注意されたところを直そうとして、ちょっとやりすぎのところが何箇所かあったみたい。いや、鍵盤を押さえつけすぎてるなとは思ってたんだけど、そういう弾き方をするのかと思っちゃったよ。そこの部分がベートーヴェンやブラームスを弾く時みたいな重い音になってるけど、これはドビュッシーなので、もっと音を斜め上に飛ばして響かせる感じで。あと間奏のところも、もっともやもやと不思議な雰囲気で。親指のタッチが少し強くて、そのせいで間奏全体が平板な感じになってしまってるので、親指のタッチはもっと意識して小さく、そして続く上昇音(?)は微妙にクレッシェンドで。
そして「次はペダルを踏んできてね」とのことでした。やったー、ようやくペダルまでこぎつけたよー。

レッスンの後で、何の話だったからかアンサンブルの話になって「そういうの楽しそうですよね。いつかやってみたいです~」って言ってたら、今度機会がある時に声をかけて下さることになりました。嬉しい!(覚えておいてもらえるといいなあ) で、「でも合わせるのってなかなか難しそう。私、連弾もやったことないから…」と言ったら、「えっ、そうなの? じゃあ、連弾してみる? ぜひやりましょう!」と、早速楽譜が~。ブラームスの「ハンガリー舞曲集」とドヴォルザークの「スラヴ舞曲集」。(おお、どちらも青帯!) 先生と連弾できるのでしょうか。スゴイ! 「大学の時に使ってたやつだから書き込みがあるんだけど…」とのことだったけど、先生の書き込みは大歓迎♪ 見てるだけでも、すごくイメージが掴みやすくなるんですよね。カンニングしてるような後ろめたさもちょっぴりあるんですが。(笑)

それにしても、こんないきなりブラームスやドヴォルザークを弾く機会が訪れようとは。どうしようどうしよう。ハンガリー舞曲だったら5番が定番だけど、私が弾いてみたいのは1番かな。(お借りした楽譜に入ってるのは1~8) スラヴ舞曲だったら… うーん、8番かなあ。(お借りした楽譜に入ってるのは3・5・6・7・8) でもスラヴ舞曲のCDは持ってないのでよく分からなーい。ブラームスはジュリアス・カッチェンのボックスは持ってて、その中にハンガリー舞曲も入ってるんだけど、最初の10曲はカッチェンの独奏だったはず。連弾のCDを持ってないんですよねえ。どちらも色々あるのかしら。早速探して試聴してみよう!(ワクワク)



2010年06月11日

レッスン日記34

Category : レッスン日記 | Comments (8)  
Tags : ,

なんて暑い! もうすっかり夏ですね。
先週結構ひどい風邪をひいていて、ようやく治ったとこなので、この暑さが身体にコタえます…

そしてバッハのシンフォニアの14番は、なんとか合格しました。良かったー。でも難しかったーーー。気をつけるのは、テーマを1つずつもっと歌わせること。曲の始まりはpだけど、これはそれほど小さな音ではなく、もっと楽しくうきうきした調子で。曲の最後はテンポが遅くならないように。バスを利かせつつ、もっとソプラノが栄光を歌い上げる感じで。
など注意がありつつも、なんとかマルがもらえて良かったです。バッハは好きだし、この曲もすごく好きなんだけど、どうやっても指が思ったように動いてくれないし、実はほとんど楽譜を見るのもイヤになってたんです。家で練習しながら「実はバッハ弾くのに全然向いてないんじゃ?」なんて思ったり…
なんて話を先生にしたら「そりゃあ、このレベルまできたら普通は毎日3時間は練習しないとねえ。そのうちの1時間はバッハで♪」ですって!! うーん、毎日3時間。そのうちバッハ1時間。いやー、それだけ時間が取れれば、喜んで練習しますけど!(どうしたってそんなに時間が取れないというのは、先生もよーくご存じなのでした)
そして11番も1回聴いていただきました。これは14番とは違って、切々とした悲しい感じの曲。1つ1つのモチーフの最初の音を大切にして、モチーフの中の続く音は微妙にディミヌエンドさせると、もっとモチーフのまとまり感が出るとのこと。

そこからハノンやらツェルニーやら芸大の生徒さんの練習方法の話になってしまって(どうやら青柳いづみこさんの生徒さんと最近話す機会があったらしい)、すっかり時間がなくなってしまったんですが…

ドビュッシーの「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」は、前回同様撃沈。これもほんと難しいなあ。いつまで経っても全然まともに弾けないー。もっと片手練習、部分練習を徹底的にしないとダメですね。右手と左手の質感を変えるとか、ここでガラっと情景を変えるつもりでとか、なんかそういうのが多くて、もうイヤん。でもこういうのがドビュッシーなんだな。で、一度曲を通して全部和音で弾いてみたら、もっと流れが身体で掴めるのではないかとのことでした。実際、先生が和音で弾いていってくれると、なんとも美しかったです。
それにしても「子供の領分」は6曲しかないのに、通して弾けるようになるのに1年ぐらいかかっちゃうかも!

ということで、次は3週間後です。間があくとダレやすいんだけど、シンフォニアで手付かずの5番と9番と13番もちょこちょこ練習し始めておこうっと。早くイタリア協奏曲がやりたいわ~。



2010年05月29日

レッスン日記33

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags : ,

3週間ぶりのレッスン。少し肌寒いけど、よく晴れてていいお天気。でも3週間あくと、やっぱりちょっとダレちゃう。2週間おきのレッスンがベストだなあ。

まずバッハのシンフォニアの14番。前回のレッスン以降、テーマがきちんと聞こえてくることをまず第一に練習してて(まあ、これが一番の基本だから当たり前なんだけど)、それに関しては前回よりは少しマシになったと思うんですけど… やっぱりまだダメ。後半どんどんテーマが重なって出てくるところがほんと難しい! 先生にも、上と中の声部の音色をもっと変えて、ミルフィーユのようにどんどん積み重ねて分厚くしていかなくちゃダメって言われちゃいました。あとは、最初の部分ですね。左手は右手のテーマよりも一段抑えて弾くんだけど、右手が音を伸ばしてる間は、間延びしないように曲を進めていくように弾くこと。そういえば、右手の最初の1音をふくらませるようにして弾くというのは、今回注意されなかったんだけど… どうだったんだろう。家ではかなり練習したんだけど、アップライトだとイマイチよく分からなくてどうも、だったんですよねえ。努力は認めてもらえたのか、それともこれ以上言っても仕方ないと思われたのか…?(きゃーそんなのいやー)
でもまあ14番は次回までに仕上げ。次は11番の譜読み開始です。

そしてドビュッシーの「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」は、前回に引き続き細かいところをいっぱい直されちゃいました。
まだまだ右手の音が粒立ってしまってるので、もっと薄く薄く引き延ばすように弾くこと。丁度ショパンのエチュードの25-2みたいな感じなんでしょうね。アルペジオになって上って降りる部分は、もっとハーモニーとその色合いの変化を感じながら、煙のようにもやもやとした弾き方で。左手1音に右手が3音続く部分はリズムが微妙に狂って転びかけてるので、ゆっくりと弾いて練習をすること。4つで1かたまりなので、音に合わせて、例えば「フジワラ・フジワラ・フジワラ・フジワラ…」みたいな感じで4文字の言葉を言いながら片手練習をすると効果が高いそうです。それを1つのフレーズごとに集中的に練習していって、最後に繋げて仕上げること。真ん中の右手と左手が交差する辺りは、思いのほか忙しいけれど、左手が移動してすぐに鍵盤を押すのではなく、直前に鍵盤のところに着いて用意した上で、余裕を持って丁寧に弾くこと。左手の音をしっとりと歌わせて、なおかつ右手と左手の音を溶け合わせること。そして曲の間奏部分は少し健康的になりすぎてるので、それまでとは全く違う色合いで、ミステリアスなイメージで弾くこと。ppの部分では一段と深く。次のページで元のテーマに戻るところでは、テーマが戻ることを聞き手に知らせるように、右手の最初の3つの音をもっと大切に弾くこと。57小節目の最初のアルペジオはメロディへの導入で、2つ目からが左手のメロディ。左手の1音目は星のようにキラキラさせつつ、メロディに表情をつけつつ歌わせること。
そんな感じかな。やっぱりもっと細かく練習しないとダメですね。曲全体を通すよりも、部分練習を重点的にしないと。でも気を抜くとついつい通して弾いちゃうからなあ。

ドビュッシーの「雪は踊っている」の譜読みを始めてるので、それについて質問があったんですけど、聞くの忘れちゃいました。14小節目からの左手が和音混じりになるところでは、左手側の高い音は右手で取ってもいいのかな? それともペダルの指示がある部分だから、左と右と正確に分けておいた方がいいのかな? ペダルがないと、かなりヒサンな感じになっちゃうんだけど。右手で取ると格段に簡単になるから、構わないならそうしたいなあ。楽譜についてる指使いを見る限りでは、あくまでも左手で取るのが基本なんだろうけど。

それにしても、ピアノが変わると慣れるのに時間がかかります。先生によく言われるんだけど、一番最初に弾いたのはほんと悲惨で、テーマも何もあったものじゃなかったみたいです。何度も繰り返して弾いてると、そのたびに上手くなって「ああ、家ではもっとちゃんと弾けてるのね」って思ってもらえるようなんですが。やっぱりアップライトとグランドの差は大きいな。譜面の位置からして全然違うもんね。



2010年05月08日

レッスン日記32

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

3週間ぶりのレッスン。GWの間ほとんど練習できなかったので、今回はもう全然ダメでしたー。

まずバッハのシンフォニアの14番。これはもうちょっと各声部を取り出して練習していきたかったんですが、昨日前半だけをやったところで力尽きてしまい… 後半がやっぱり全然ダメ。後半の方が入り組んでて難しいというのに。先生からも、中間の声部のテーマが埋もれてしまってるので、もっとそれぞれのテーマを取り出して練習するようにとのことでした。
それと、最初の右手のシの音は、もっと鍵盤をむにゅっと掴むようにしてこの一音で音をふくらませるイメージで。ということは、テーマのところはそれぞれにそういう弾き方を練習した方がいいということなんだろうな。やっぱりもっと細かく練習しなくちゃダメだわー。

ドビュッシーの「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」も、細かいところをいっぱい直されました。まず、3小節目からのスタッカートが短すぎ。十六分音符ではなく八分音符のスタッカートなので心もち長めに。9・10小節目のラ♭やシ♭はもっと強調する。(臨時記号は常に意識すること!) 13小節目からの左手のスタッカートはもっとひっかくようにしてきらきらと華やかな音で。その部分の右手の1音目は弱拍だということを忘れないように。左手が右手と交差する24小節目からは、同じように左側で弾く音でも、二分音符はもっとしっとり目に、十六分音符はからっとさせて。57小節目からは左手がメロディだから、1音目の打鍵をもっと強くくっきりとさせて、もっと遊び心を持って弾く。72小節目からのΛのアクセントには腕全体の重みをかけて、最後の音は歯切れのいい思い切りのいい音で。
そんな感じだったかなあ。ドビュッシーってショパンのエチュードとはまた違う意味で難しいなー。

それと「順番通りじゃなくていいから、次にやりたい曲を譜読みし始めておいてね」とのこと。「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」には、まだもう少し時間がかかりそうなんですけどね。さて、どれにしよう! 一番やりたいのは「ゴリウォークのケーク・ウォーク」なんだけど、これは最後のお楽しみに取っておきたい気もするし。「雪が踊っている」にしようかな。

今日はちょっとおしゃべりの時間が長くなっちゃって、全体的にあまり弾けませんでした。でも、先日教室のピアノの発表会を観に行った時に気になってた曲をようやく聞けてすっきり。コンクールに出場する生徒さんは、その課題曲を発表会の時に本来の曲と一緒に弾いたりするんですけど、それは印刷されたプログラムに載ってないんですね。その時に限ってアナウンスを聞き逃してしまってたし。
気になってたその曲は、C.P.E.バッハの「ソルフェージェット」。You tubeで見つけたのはコレ。音があまりよくないですけどね。(Emily Bearって誰?!) ナクソスでは見当たらなかったし、アマゾンでCDを探したんですけど、C.P.E.バッハのCDは意外と多くて探しきりませんでした… いいのがあったらCDが欲しいな。楽譜も欲しい。ヤマハのピアノレパートリーのこのページを見ると、レベルは「中級2」になってるし、楽譜面もそれほど複雑じゃなさそうなんですが、これは難しいでしょう…。ある程度弾けるようになってきた頃に、指が激しく滑りそうだし。(というのはドビュッシーも同じなんですけどね)



Page 2 of 612345...Last »
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress