2009年10月30日

レッスン日記21

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

今日は久々に「革命」を聞いてもらったんですが… 玉砕しました。
速い曲ほど、鍵盤の違いを痛感します。グランドは50gでアップライトピアノは 40gという差があるし、音色の立ち上がり方もグランドの方がずっと分かりやすいし。でもそれだけではないんだろうな。私にとっては、「革命」よりも 10-4の方がずっと弾きやすいです。速さはともかく。(まだ半分ぐらいの速さでしか弾いてない)
先生にも「革命より、こっちの方が合ってるよね」って言われるし、自分でもそう思うーーー。なんでかな? で、「革命はちょっと高度なツェルニー代わりに使えばいいのよ」ということに…。まあ、天下の「革命」をツェルニー代わりにだなんて!(爆)

バッハの方は、シンフォニアの12番がもうそろそろ仕上がりそう。できれば暗譜してきてって… いや、だから暗譜はできないんですけど…! 
次は4番の譜読みです。

次回予告…ショパン「エチュード」10-4+バッハ「シンフォニア」4番、12番



2009年10月16日

レッスン日記20

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

ショパンの10-4、ちょっとずついい感じになってきました… が、いまだに「あ、あの曲だ!」とは分からない状態。ええ、全然。いつになったら、分かるようになるんだろ! 他人に分からなくても構わないんだけど、せめて自分にはーーー。
こんなに速さが物を言う曲って初めてです。
「革命」みたいに爪が引っかかって剥がれそうになる箇所はないし(これは本当に怖い)、譜読みさえできてしまえば、それほど弾きにくくない曲だとは思うんだけど、とにかく速さが一番の難関。だんだん弾けるようになってきたので、先生に「この調子なら先が楽しみだわ~」って言われてしまったけど、これ以上速く弾くのは無理な気がする…
なんでこんなに指が回らないかなー。やっぱりハノンとかツェルニーが必要なのかなー。今全然やってないからなー。(というのは、実は許されないことなのか)

バッハのシンフォニアは3番が上がって、12番もちょこっと見てもらいました。3番も好きだったけど、12番も好き! でも、難しーい。聞くからに難しそうな曲が難しいのは、まあいいんですけど、実際には難しいのに、聞く分には全然難しそうじゃない曲ってなんかクヤシイ… でもバッハって、そういう曲がものすごーく多いような気がする。もしやそれも不人気の理由の1つ?(それはないかなあ)

先生は「バッハを弾くのが好き=数学好き」説で、実際私は数学が好きだったので、なんとなく納得してたんですけど(ピアノを弾くのは文系の女の子が多いというイメージだし)、先日神戸の友達(理数系)に会ったら、子供の頃バッハは大嫌いだったそうで! 数学好きの人にもバッハが嫌われてしまっていたとはー。やっぱり、ただ地味すぎるのか。(というのもなんだかカナシイけど)

次回の予告…ショパン「エチュード」10-4+バッハ「シンフォニア」12番



2009年10月02日

レッスン日記19

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

ショパンのエチュードの10-4、少しずつ弾けるようになってきました。でも本来の速さからすると、まだものすごーーーくゆっくり。あと3倍ぐらいの速さで弾かないと「ああ、あの曲か」とは分からない状態だし、プロの速さは、あと5倍ぐらい? 家族もまだ誰も!のだめのあの曲とは気付いてません。(爆)
でも、だからこそ「革命」よりも練習しやすかったりするんですよねえ。CDに比べられることもなく、誰にも気兼ねなく、気楽に練習できる!(自意識過剰)

でもゆっくりなりにも、要となるポイントはあるもので。たとえば特定の部分をしっかり弾いたり、強弱とかをつけていくだけでも、どことな~くあの雰囲気が漂ってくるものなんですね。とは言っても、弾いてる本人にしか分からないことなんだけど…!
でもレッスンで、先生に言われた通りに弾こうと頑張ってると、曲にどんどん表情がついてついてくるのが分かって嬉しい。今が一番練習してて楽しい頃なのかもしれないなー。

10-4は、音大を受験するような人は、1年がかりで仕上げたりもするそうで(受験で使わなくても、完全に仕上げて持ち曲にしてしまうんだとか)、私の場合も、そのぐらい時間をかけるつもりでじっくりやりましょうとのこと。ああ、1年かけて練習したら、弾けるようになるのかしら! 弾けるようになるといいんだけど!

そしてバッハのシンフォニアは、2番がようやく上がって、3番は次までに仕上げ。次は12番の譜読み。

ピアノに行った日は、もうすっかりピアノ漬けになってしまいます。行く前に軽く練習して、行って弾いて、帰ってきてまた弾いて。2~3週間に1度の命の洗濯日。その分、本はほとんど読めませんけどね。

次回予告…ショパン「エチュード」10-4+バッハ「シンフォニア」3番、12番



2009年09月18日

レッスン日記18

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

今回からショパンのエチュードの10-4。
でもこの曲、譜読みからしてものすごく難関でした…(私にとって)
曲自体は昔から知ってるし大好きなんだけど、譜面どおりの音を出しても「こんな音あったっけ? どう見ても合ってるはずなんだけど… 変!」というのの繰り返しで、もうワケわかんない状態。ある程度速く弾けるようになれば、ちゃんとCD通りの曲になるからと言われて、それを信じつつも、読み間違えたまま覚えこんでしまったら、と思うとどうも安心して練習する気にもなれなくて。(そして集中力が途切れて、それ以上確認する気もなくなった)
でも実際に見てもらったら、読み間違いがほとんどなくて逆にびっくり。本当にこんな音だったんだ!(驚)
いや、助かりました。ようやく安心して練習できます。(笑)

バッハの方は、シンフォニアの2番が3回目でも上がらなくて、もう一度。やっぱりこの曲あんまり好きじゃないから、そういうの如実に出てるかも… 実際、どうも気がのらなくて、弾いてる回数も少ないんですよねえ。只今のところ、95点、だそうです。(笑)
もっとしっとり弾かなくちゃいけないのに、それがうまくできなくて。レガートで横につながっていくはずのが、縦のブチブチしてるらしいです。3番はとても可愛らしくて好きな感じなので、こっちの方が先に上がっちゃうかも~。

ということで、今は3曲。でも、前回一応上がったショパンの「革命」も、いまだ1人で練習中。なんだかヒドイ状態になってしまったので、もう1回初心に戻って、片手ずつの練習を始めてます。メトロノームを使って、ゆっくりなところから。
先生に見てもらうのもいいんだけど、そうなるとちょっと焦りも出るので、しばらくはゆっくりじっくり1人でやるつもり。先生は「いつでも聞かせてもらうから」って言って下さってるし。早く速く弾けるようになりたくて、ちょっと焦ってたかも。と反省中です。10-4では、同じ轍を踏まないように気をつけようっと。

次回予告…ショパン「エチュード」10-4+バッハ「シンフォニア」2番、3番



2009年08月28日

レッスン日記17

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

相変わらずのショパンの「革命」ですよー。
少しずつ速く弾けるようにはなってきてるんだけど、そうなればそうなったで、それを維持するのがすごく難しくて、一歩間違えると曲を叩き壊してしまいそうです。でも、一応ある程度のレベルには達したみたいで。「どうする? これで仕上げということでいいと思うんだけど、もっと磨き上げたかったら、気が済むまでつきあうわよー。」とのこと。

うーん。今のこの状態でもう少し踏ん張れば、すこんと楽になりそうな気もするのだけど…
でもレッスンの間隔が2週間ぐらいならともかく、それ以上になると、レッスンの日に合わせていい状態に持っていくのがすごく大変な曲なんですよね。今回もそれだけで結構気疲れしてしまったし。
結局、一応合格ということにしてもらっちゃいました。で、家では練習を続けておいて(練習をやめるとすぐ弾けなくなっちゃうので)、また聞いてもらおうという気になった時に聞いてもらうことに。ああ、根性なしの私ってば。

ということで、次は10-4! 小学生ののだめが弾き、そしてコンクールで弾いてたあの曲です。これまた難しいけど、長年の憧れの曲だし頑張るぞー。

バッハの方は、シンフォニアの2番がもう一度で、次は3番も一緒に。実は2番はあんまり好きじゃなくて、練習にも全然身が入ってないので、なかなか合格レベルまで到達しません。わはは。
でもバッハは、弾きこめばちゃんと弾けるようになるから好き。ショパンのエチュードは、ただ弾くだけじゃどうにもならないからなー。バッハを弾くと安心します。
(単に、ショパンのエチュードが私のレベルでは背伸びすぎるだけなんでしょうけど!)

次回予告…ショパン「エチュード」10-4+バッハ「シンフォニア」2番、3番



Page 5 of 6« First...23456
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress