2011年09月02日

レッスン日記59

Category : レッスン日記 | Comments (12)  
Tags : , ,

なんと2ヶ月ぶりの記事となってしまいました。レッスンとしては実に6月17日ぶり。というのも実は6月末に手を傷めてしまいまして…。重いものを持った時に、右手の親指をおかしくしてしまったんです。そのまま何もせずに過ごせれば比較的短時間で治ったのではないかと思うのですが、右手の親指ですよ! 一応あまり動かないようにはしてたんですけど、ついつい何かのはずみに力が入っちゃう。仕事だってあるし。日常生活に難ありまくりです!(一番酷かった時は、ボールペンをカチっとするのもダメだったほどでした)
いわゆるバネ指というのではなかったようだし、ピアノを弾く分には問題なかったんですけど、それでも弾かないに越したことはないのかなあと念のため練習はお休みすることに。ようやく痛みも違和感も消えて練習を再開できたのは8月半ば頃でしょうか。(途中体調を崩して寝込んだんですが、その時に一気に治ったような気がしますー)
そんなこんなでブログも放置、お友達のブログにもすっかりご無沙汰してしまってごめんなさいです。

さて、久しぶりのレッスンは、まずはハノンから。
スケールとアルペジオは Ges dur と es moll は合格。それで終わりかと思ったら「じゃあ H dur と gis moll も弾いて」と言われて「え、そっちも?」状態。でも弾いてみたらちゃんと弾けました。合格。次回は E dur、cis moll、A dur、fis moll。
55番「4重トリルの特別な指づかい」と56番「分散オクターブによる音階」も合格で、次は57番「オクターブによる分散アルペジオ」です。これはしんどそうー。オクターブでアルペジオを弾くなんて! 無理無理!(いや、がんばります)

次はフランス組曲。
アルマンドは、アウフタクトから始まるので、最初の音は上に向けて、次の小節の頭の音を下向きにしっかりと。トリルを全部ドレドレとかラシラシとか下の音から弾いてたんですけど、これはできれば上から弾くこと。(って今頃仰いますか…) カデンツのところはもっと和声を感じて弾くこと。実際に和音を弾いて、その和音を弾いてる自覚を持って弾くと出る音が変わってくるから! だそうです。
クーラントは指の先の一点でパリパリした感じで弾く、最後のフェルマータは音符にではなく終止線についてるのでインテンポで弾ききってあまり余韻を残さない。
サラバンドは何か注意点はあったかな? とりあえず、この3曲は合格です。
ガヴォットは和音の上の音がまだあまり綺麗に出てないので、そこを気をつけるのと、もっとリズム良く弾くこと。これもアウフタクトから始まるので要注意。
そしてブーレは… ええと、ブーレは「練習してきてね」だけだったかも。(汗)

「ルールとジーグはもうやってる?」って聞かれて、「やってますけど、まだあんまりまともに弾けません」と答えたら、また次回にということになりました。ルールはゆったりした曲なのでともかくとして、ジーグは練習してるんですけど、なかなか思うように弾けないんですよねえ。フランス組曲って難易度的にはあまり高くないと思うんですけど、音数がそれほど多くないから、その分粗が目立ちやすいという意味でも難しいし、意外と指に馴染みにくくて弾きにくいという意味でも難しい気がします。ジーグは指に馴染みにくい方の難しさ。カラッと軽快な感じで、小鳥のさえずりのように弾きたいのにー。なかなかですー。
あ、それで音数の少ない難しさの方は、最近平均律の1番のプレリュードを使って自主練習中。鍵盤のタッチのコントロールにこれほど適した曲ってなかなかないような気がします。ちょっと気を抜くと(抜かなくても) すぐにデリカシーのない音が出てしまって、しかもそれがものすごーく目立つんですもん。とりあえず今は、全てピアニッシモ~ピアノで美しく弾き上げるのが目標。やっぱりメゾフォルテやそれ以上大きな音って弾きやすいですよね。小さな音を保つのってすごく難しい。でもこれはなかなかいい練習になりそうな気がしてます♪

最後はショパン「幻想即興曲」。
最初の音からじっくり教えていただきましたー。鍵盤に沈み込むような重いタッチで、二の腕は水泳のクロールの時のように後ろに引く、そして同時に背筋もキュッとさせて… というのがまた難しい。
あとはまだ細かいところまで突っ込むほどの出来栄えでもなく。まだまだ地道に練習していくしかないですね。

*****

 
で、「幻想即興曲」を始めたばかりでアレなんですが。
先生に「次はシューマンがやりたいです」と言ってしまいましたー。先日練習をお休みしてる間に、やっぱり本当にやりたい曲だけを厳選してやりたいなあ、などとつらつら考えてたんですよねえ。1曲仕上げるのにかかる時間のことを考えると、残りの人生でそんな何十曲もモノにできるとも思えないし。となるとショパンもいいんですけど。ショパンのエチュードもとても勉強になるんですけど…! 本当に弾きたいのは、やっぱりバッハとシューマン。そしてバッハは今現在練習中だからいいとして、やっぱりシューマン。弾きたいんですよねえ。

先生は「せっかく即興曲の楽譜を買ったことだし、もう1曲ぐらいしてみるのもいいかなと思ってたんだけど」と仰いつつも、シューマンもお好きなので、すんなりOKが出ました。

 「じゃあどうする? アベッグとか弾いてみる?」
 「えーと、アベッグ変奏曲は難しそうだし、もう少し手頃なところからと思ったんですけど」
 「手頃なところって。(笑) でも確かにアベッグは結構難しいわねえ」
 「アラベスクとか森の情景とか、あとパピヨンなんかはどうですか?」
 「うんうん、アラベスクはいいわね。あと森の情景もいいわね… すごく難しいのも混ざってるけどね…」
 (楽譜を取り出してめくりつつ)
 「幻想小曲集とか… そうそう、ウィーン謝肉祭の道化なんかもいいわよ~」

え。そこで「ウィーン謝肉祭の道化」が出てきますか。シューマンの中で一番やりたい曲なんですけど! キャーッ
と、にわかに興奮しつつ。まずは「アラベスク」辺りに落ち着きそうです。
(森の情景、どの曲がすごく難しいんだろうー。あとパピヨンの難しさはどうなのか、結局聞けずに終わってしまいました。案外大変なのかな? 気になります)



Page 2 of 212
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress