2010年07月16日

レッスン日記36

Category : レッスン日記 | Comments (8)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。道中、暑かった… 雨に降られるよりはずっといいけど、先生のおうちに着いた頃にはもう息がすっかりあがってしまいました。(徒歩30分)

今回からハノンを見ていただくことになったので、まずはそれから。基本的に第3部を見ていただくということになってるんですが、第3部が終わったら、もっと前の方も見て頂くことになるかも。今日は44番「3つの同音の連続」。3連打するたびに、意識して腕から力を抜くこと… これはM.M.♩=120でクリア。

バッハのシンフォニアは11番。メインのモチーフは、最初の2音をもっと大切に、4つの音で円を描くようなイメージで弾くこと。上声や下声がメインとなってクレッシェンドしていく部分は、螺旋のイメージで。という注意がありつつ、合格です。肝心の暗譜は「なんとなく」のレベルでしたが…(汗)
そして13番も見て頂いたんですけど、こちらは明らかに練習不足。今回、数えるほどしか弾いてないからなあ。もっと片手ずつ、というか一声ずつ練習しなくちゃです。あと、次回のレッスンまで時間があくかもしれないから、と9番も見ていくことになりました。

ドビュッシーの「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」は、やっぱりグランドピアノとアップライトの違いに戸惑ってしまいますー。今回は、何といってもまずペダル! 家のアップライトだといい感じの響きになってたのに、教室のグランドでは同じように踏んでも全然なんだもの! 右ペダルは家よりもきっちり踏まなくちゃいけないみたい。逆にウナコルダの所は軽めで。…レッスン時間がもうあまり残ってなくて、何度も弾けなかったのが残念だなあ。もうちょっとで感覚を掴めそうだったのに。
曲の表現の注意の方は、めっきり少なくなったんですけどね。全体的にパステルカラーなイメージになってて、ドビュッシーだからそれはそれでいいんだけど、それだけだと単調になってしまうので、終盤はもっと煌びやかに弾きましょう、ぐらいかな?

「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」、先生の心づもりとしては弾けてたら今日で合格のはずだったみたいなんですが、ペダルが鬼門となって次回に持ち越しになりましたー。
「珍しく随分手こずってるけど… 苦手? この曲嫌い?」と言われてしまったよーー。
や、自分からやりたいと言った曲なので嫌いなわけじゃないんですけど! うーん、やっぱり苦手なのかも。
「家で練習する時も、どうもなかなか定まらない感じで… 最初のページを5回ぐらい繰り返し弾いて、やっとなんとなく弾けるようになるんです」と言ったら、「ドビュッシー特有のハーフタッチをイマイチ掴み切れてないのかもねー。ハーフタッチで音階練習してみるといいかも」とのことでした。はあ、確かにそうなのかも。ハーフタッチ。だから最近妙にベートーヴェンが弾きたくなるのかも。(笑)
でもって、ハーフタッチも、グランドとアップライトの違いが大きく出る部分だよね…

早くドビュッシーを切り上げて、ショパンのエチュードに戻りたいですー。
と言いつつ、「雪は踊っている」と「ゴリウォークのケークウォーク」は、相変わらずやる気なんですけどね。他の3曲は、もう自主練習でいいかなー。

そして次のレッスンは1ヶ月後。
ピティナのコンペに出場する生徒さんが沢山いるので、先生は一年で一番忙しい時期に突入です。その生徒さんたちの補講がどんどん入るし… この間も朝の7時半から夜の11時までびっしりレッスンだったって聞いてびっくり! それにある程度予選・本選と会場にも行かなくちゃいけないしで、ほんと大変そうです。同じ門下の生徒同士で争うことがなるべくないように出場する会場をバラけさせてるので、一層忙しくなっちゃうみたい。(到底全部は行けないと仰ってましたが) それとはまた違う話なんだけど、今度オケと初コンチェルトをする生徒さんがいて、そのフォローも必要なようだし。そんなこんなで、一応1ヶ月後に約束しているレッスンも仮予約状態。もし全国大会出場の生徒さんがいっぱいいたら延びちゃうかもしれませんー。(去年は10人ぐらい東京に行ったんだよね…)
1ヶ月後、無事にレッスンを受けられるといいなあ。



Page 11 of 11« First...7891011
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress