2013年01月11日

レッスン日記94

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

今年初めてのレッスン。またしてもレッスンの前に少し相談事をしていたので、時間が短くなってしまいました。今回見ていただいたのは、ハノンとシューマン。

まずハノン。
スケールとアルペジオは「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コース。だんだん高音へと移動する時にだんだん体重をかけていくこと、という注意がありました。低音の方から始まっても、なんとなく基本は真ん中のドの音の辺りのような気がしてたんですけど、本当はスケールやアルペジオの最初の一番低い音に基本を置くんですね。と、何を今さらなことを思ってみたり。(そう言われたわけではないので、違ってるかもしれませんが)
第3部の方は51番「オクターブを音階でひくための準備」の4ページ目、左右の音がユニゾンではなく3度ズレたところから始まる半ページからだったんですけど、これは「肘の力を抜いて」と言われつつも合格。オクターブの半音階の半ページはもう1回。52番の「3度の音階練習」は、C dur、G dur、D dur の3つ。今日はメトロノームの48ぐらいで弾いてたのかな? 次回はもう少し速く、60ぐらいで弾いてくること。余裕があれば A dur、E dur、F dur の3つも見てくること。

そしてシューマン。今日から謝肉祭です。「前口上」。
最初のフレーズはファンファーレなので輝かしく。でもだからといって全部の音を前面に出してしまうのではなく、音のバランスを考えないと音がぶつかり合って汚くなってしまうので要注意とのこと。で、出すとなればやっぱり一番上の音なんですが… ただ弾くだけでも指がキツい和音なので、小指の音を際立たせるとなるとハードルが高いですねえ。家でも一応そういう心づもりで練習はしていたんですが、要するにまだ全然できてないということです。まあ、指をギリギリまで広げる曲を日常的に弾いてると、指がさらに広がるようになったりするので、そちらに期待なんですが。

それにしても、ピアノを再開してから私の意識の中で一番変わったのは、和音かもしれないなあって思います。以前はどの和音も普通に弾いてましたしね。(普通ってナニ) 一番上の音を出すなんて基本的なことも知らず、むしろ全ての音が美しく調和するように弾くイメージ… その頃の和音と今の和音って、もう全くの別物って感じです。和音であって和音ではなく。というか、こういう風に右手のメロディラインに出てくる和音と左手の伴奏的な和音とを、同じ「和音」という言葉で表現するのに無理があるのかも。
この「前口上」は、3ページと短い曲だし、譜読みもそれほどしんどくないし、練習してるうちにある程度の速さで弾けるようにはなるでしょうし、なんとなくいけそうな気もするんですけど、一般的な難易度としてはかなり高い曲ですよね。結局のところ、この曲の難しさってそういうところに(も)あるんだろうなあと思います。

あとの注意点としては、8分音符と16分音符の違いをもっと明確にすること、8分音符がどれも短くなりすぎないように注意すること。それぞれの音の長さはもちろんのこと、スタッカートやポルタートやスラーやアクセントやスフォルツァンドなど、楽譜にいっぱい書きこまれた記号をきちんと意識すること。ここはたっぷり弾く、という音が結構沢山あるので、それを大切にすること。強弱や緩急が多い曲ですものね。今日はまだ譜読み段階ということで、それほど細かくはやらなかったのですが。
あとはもっともっと片手練習をすること!(ごもっともでございます)

年末年始にそれほど練習時間が取れなかったこともあって、今回は「前口上」しかみていかなかったんですが、「どこまで見てきた?」と聞かれましたよ。おおぅ、やっぱりそうやって進めるのですね。同じくシューマンの「子供の情景」も3~4曲ずつ同時進行だったし、バッハのフランス組曲やイギリス組曲でもその状態。組曲全体の流れを大切にする先生なので、そうではないかと薄々思っておりましたが、やはりですか。
あまり手を広げ過ぎて自爆するのは困るのですが、次の時は「ピエロ」と「アルルカン」を見て頂けるように頑張りマス。

今日は先生が「前口上」を弾いて下さったのですが、これがもう本当に素敵で~。
カッコ良すぎて、ほおおっと溜息が出そうになりました。^^



2012年12月28日

レッスン日記93

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

今年最後のレッスン。
弾き始める前にクリスマス会の話をしたり、他のちょっとした相談事をしていたら、すぐに15分ぐらい経ってしまって、結局見ていただいたのは、ハノンのスケールとアルペジオ、そしてシューマンだけでした。

今日のハノンは「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」でしたが、これは特に注意されることなく… というか、私が前回のレッスンの時に「ぶどう狩りの季節、あんまり年越ししたくないんですけど~」と言ったのを覚えてらして、指慣らしできたら「さあシューマンを見ましょうか」という感じ。
そして本命のシューマンのユーゲントアルバム。
「ぶどう狩りの季節」は、私の弾き方はテンポが遅すぎたらしくて、弾き始めた途端に「もうちょっと速く弾ける?」……うわー、またダメかもしれないーーーとなりましたよ… でも速いテンポで3回通して弾いて、オマケ(これは完全にオマケですね)で合格しました。(嬉涙) ソプラノの音が綺麗に出るように気を付けながらゆっくり弾いていたのが無駄になったとは思わないので、まあいいんですけど、速く弾く練習もしておけば良かったなあ。そうすればもう少しミスタッチを減らせたでしょうに。
今回注意されたのは、終盤のスタッカートで「レミファソラシドレ」であがっていく部分。ここはもっとバレリーナがトゥだけで歩いているような軽くて可愛い感じで。最後の「ソ・ソー」と一オクターブ上がるところで、最初のソよりも次のソを大きく。ここの高いソがこの曲で一番高い音のはずだから、ここと次の小節のトリルっぽいところに曲のクライマックスがくるように弾くこと。そして最後のフレーズは可愛らしく収める。でしょうか。
「冬 I」は、「幸せな気持ちで弾き始めちゃダメ!」(あららら) 同じフレーズが繰り返される pp のところでウナコルダを踏んで、でも小指はしっかり立てて上の音を出す。3段目新たなフレーズに入るところは少し寒さが緩んだ感じでふくらませて。4段目のまた元のフレーズに戻る所では、きちんと場面を転換させる。そしてラスト3小節の後半からクレッシェンドして次のラの音を大切に。
「冬 II」の出だしは、寒さでも恐怖でもいいから、おどろおどろした感じで。音がでこぼこにならないように気をつける。特に2拍め4拍めが飛びださないこと。…あ、いつもうっかり忘れてしまっていたのですが、この曲の時にシューマンのクレッシェンドとディミヌエンドが1つの音についてるののことをようやく先生にお聞きできました。その弾き方も。「こんな感じで(と歌ってみせて)弾く記号ってないから、これがシューマンにとってのその記号の代わりになるものだと思うのよ」とのことでした。なるほどなるほど、納得です。

ということで、冬の2曲も合格して、ユーゲントアルバムは本日で終了! やったあ!
次からは、シューマン「謝肉祭」です。^^



2012年11月16日

レッスン日記89

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。紅葉もかなり綺麗になってきて、お天気も良くて寒くもなく暑くもなく、気分良くレッスンに行ってきました。まあ、関西の11月って元々それほど寒くないんですけどね。今日もまだ薄手のジャケットで大丈夫な程度。

さて、レッスンはスケールとアルペジオから。今日は「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」コースをメトロノーム110で。今日はなかなかいい感じかな、と思いつつ弾いていたのですが、「左手が遅れないように」という注意がありました。ありゃりゃ左手が遅れてますか… 自分ではきちんとユニゾンしてるつもりだからタチが悪いですね。左手だけ別口で特訓することにします…
そして50番の「3度をレガートに弾く練習」の半音階。これは合格。それと51番の「オクターブで音買うをひくための練習」。こちらは家で練習してると腕がどうしてもガチガチになってしまって、そのたびにマメに力を抜いて弾き直すようにしてたんですけど、なかなかだったんですよねえ。一昨日、あまり腕に力が入らないまま最後までいけたので、ようやくほんのちょっぴり光明が見えてきたかなってところ。
それが今日先生のグランドピアノで弾いてみると、腕が軽いまま、ずずずーーーっと弾けちゃうではないですか。まあ、びっくり。最後の方ではさすがに腕がちょっと硬くなって、弾き終わったところで腕の脱力具合をチェックされて「もっとオン・オフをパパッとできるようにならないと」と注意されたんですけど、家でのあの状態を思ったら、力なんてもう全然入ってないようなものですよ。あの状態を見たら、先生びっくりされるだろうなあ… そんな状態で弾き続けちゃダメ!って怒られちゃうかも。(いや、腕が硬くなるたびにコマメに力を抜くようにはしてますが)
レッスンの時に普段の練習の時よりもいい具合に力が抜けていたという可能性もあるんですけど、グランドピアノの方がアップライトピアノよりもレスポンスが軽いそうなので、きっとその関係ですね。ということは、家のアップライトできちんと力が抜けたら、グランドでは軽々と弾けちゃうんだな! ということで、引き続き頑張ります。あ、でも前半部分は合格になりました。「次回(3周目だ!)やる時はもうちょっと速く、メトロノーム71ぐらいで弾けるになりましょうー」でしたけどね。(今は多分メトロノーム66ぐらいで弾いてます)
51番の最後の1ページはもう一度。そして52番「3度の音階練習」の最初の3つも見てくること。

バッハは「イギリス組曲」2番のアルマンドから。左手の最初のラの音は長く伸ばすので、深いタッチでしっかり弾くこと。終盤、22小節辺りからクレッシェンドして、23小節目は両手ともしっかり f、最後はディミヌエンドで収める。この曲、ここ2~3日で弾くのがぐぐっと楽になったところなので、弾きながら左右の音がとてもよく聴こえてきて、とても気持ち良く弾けました。ということで、アルマンドは合格です。(後半は復習してもう少し弾きこんでおいてね、と言われましたが)
クーラントとサラバンドも見ていただきましたが、こちらはまだあまり弾けてないので、当然もう1回。(このクーラント、やけに弾きにくいですねえ…)

シューマンのユーゲントアルバムは、「ぶどう狩りの季節」と「冬」。
「ぶどう狩りの季節」は、今の弾き方だと和音の中に一番上の音が埋もれてしまっているので、もっともっと一番上の音を出すこと。(いや、一応そのつもりで練習していったのですが、まだまだ全然ダメだったみたいです) 上昇していくメロディをきちんと意識して弾くこと。2度とか4度とかしか上がらなくても、聴いてる側にはもっと上がっているように感じさせるように。3連符のところはスキップしてるような感じで。スタッカートで上がっていく p のところはもっとひっかくようなタッチで軽やかに可愛らしく。(今の私の弾き方だと中年のオバサンらしいです 笑) 最後のソ・ソーと1オクターブとぶところは、下のソの時から豊かにふくらませておいて、上のソの音をたっぷりと。最後は可愛らしく収めて。
「冬 I 」は、最初の音が一拍目になってしまわないように、初っ端の八分休符を大切に。こちらの方が一番上の音は聞こえたようですが、これももっともっと出すこと。最初のテーマは p、2度目は pp なので、2度目の方はエコーのような感じで。
「冬 II 」は途中までで終わっちゃいましたが、ちょっとでも見ていただけて良かった。左手でドソドとかソレソと上がっていく部分は、その後右手が受け止めるように。あとはこの曲のイメージの話かな。私のイメージとしては、「冬 I 」は屋内、「冬 II 」は屋外のイメージです。人間の営みに対する大いなる自然(動植物含む)という感じで。
あ、今日は「席を替って」がなくてほっとしました… いや、お手本は沢山弾いて下さったんですけどね。今回は注意されたところもすごく具体的で分かりやすくて、これなら家で練習する時に道を見失わないで済みます。(ほっ)

次のレッスンは3週間後。もう次回は12月ですよ!(早ッ)

というところで思い出したんですけど、思い起こせば4年前、2008年11月7日にお試しのレッスンを受けて今の先生にピアノを習うことに決めて、1回目のレッスンが11月21日。ピアノを再開して丸4年経つのですねえ。
4年間で色んな曲をしましたよ。バッハは平均律を3曲、シンフォニアとイタリア協奏曲、フランス組曲、今はイギリス組曲。シューマンは「子供の情景」「アラベスク」「花の曲」、そして今はユーゲントアルバム。ショパンはエチュードを4曲と「幻想即興曲」、ドビュッシーの「子供の領分」と「レントより遅く」。最初の頃にはベートーヴェンの「月光」の3楽章なんてのもやってます。ハノンもスケールとアルペジオと第三部を繰り返しやっているし。

4年前の私はどんな感じだったんだろ? その時に比べて少しでも前進してるのかな? ピアノって、習い始めた頃ならともかく、ある程度の年数やってると、自分が本当に上達しているのかどうかというのはよく分からないですね。曲を練習したらある程度弾けるようになるけれど、それが本当に上達してると言えるのかどうか。弾けるようになったはずの曲も、そのまま放置していればどんどん弾けなくなっていくし。
なあんて、別に後ろ向きになってるわけではないのです。ショパンのエチュードをやって以降、譜読みがすごく楽になったし(Op.10-4効果は大きかった) そういう目に見える成果があれば分かりやすいんですけど… 脱力だってちょっとはマシだと思いたいんですけど(そもそも脱力という言葉を知らなかったし) 実際はまだまだですしねえ。あ、でも、それを言ったら、あまり満足に弾けなかったスケールとアルペジオをある程度の速さで弾けるようになってますね! しかも暗譜で! …暗譜でさらっと弾けるようなレパートリーが全然なくて、楽譜なしに弾けるのがスケールとアルペジオだけっていうのはどうなのよ?って自分で突っ込みたくなりますが。(笑)



2012年11月02日

レッスン日記88

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : , ,

1ヵ月ぶりのレッスンでした! 前に行った時はまだ残暑だったのに、今日はすっかり冬です。秋は一体どこにいったんでしょう。1年は12ヵ月あるのに夏と冬ばっかりで、春と秋が2週間ずつしかないって、四季があると自慢気に言う国にしては、ちょっとおかしいと思うんですけどもーーー。(と文句を言ったところで何も始まらないのだけど)

さて、ハノンから。今日は「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コース。なかなか調子が出なくてアルペジオを外しまくってしまいましたが、注意点はそこではなくてスケールの左手。黒鍵を左の4の指で弾く時、その離鍵が遅くて次の音と重なってることが多いそうです。もっときちんきちんと指を離すことを意識すること。やっぱり左の4の指は動きが悪いんだなあ。
50番の「3度をレガートに弾く練習」は、調子がいい時でメトロノーム84が精一杯って感じでしたが、なんとか合格。半音階はそんなに速く弾けないのでもう1回。次はそれと51番の「オクターブで音買うをひくための練習」です。これがまた大変なんですよね… どうしても途中で腕がガチガチになってきちゃう。腕に力が入るたびに、一旦弾くのをやめて力を抜いて、それからもう改めて弾き始めるようにしてるんですけど、腕がなかなかそれを覚えてくれないみたいです。もっと徹底して力を抜く練習をしなくちゃ。

バッハは今日からイギリス組曲。まずは2番のプレリュードから。これが8ページもある曲なので大変なんですけど~ 最初に通して弾いた時に「よく頑張ったわね!」と褒めていただいちゃいました。きゃああ。(嬉)
注意点としては、小節が8分休符で始まっているので、最初の音にアクセントをつけないこと。最初の8分音符は引っかくようなタッチで上向き、2つ目の8分音符で初めて下、そしてその次はまた上。って、これってすごく肝心なところじゃないですか。すっかり普通に弾いちゃってましたよ。(ダメダメ) 要するにテーマの弾き方なので、きちんと意識し直さなくちゃいけないところがいっぱいあるんですけど、ちゃんと弾ければ逆に浮き立たせやすい気もします。あとは左手の4分音符で短くなってしまっているところが時々あるので、きちんと4分音符の分だけのばすこと。シンコペーションは強調するつもりで弾くこと。三声のところはちゃんと3つの楽器で弾いているように聞こえるように弾くこと。それと数か所ペダルを踏む場所の指示と。
…といくつか直す点がありつつも、なんと合格です。ひーーー。正直ビビりましたよ。1回で合格って! 「…えっ、いいんですか?!」って思わず聞いてしまいましたもん。でも嬉しいなあ。やっぱり好きな曲は練習にも熱が入るから~。(シューマンからの逃避もあって)結構練習したんですよ。
でもプレリュードにかかりっきりだったので、次のアルマンドは譜読みに毛が生えた程度。これはまたもう1回です。こちらは「もちろん p で始まるんだけど、もう少ししっかり打鍵してね」とのことです。

2番のプレリュードは8ページもあるんですけど、よく見てみたらアルマンド2ページ、クーラント1ページ強、サラバンド2ページ弱、ブーレが2つで2ページと1ページ、ジーグは2ページ。プレリュード以外はフランス組曲と大差ないではないですかー。イギリス組曲がフランス組曲と比べて全体的に長くなってるのは(楽譜が倍ほど分厚い) もっぱらプレリュードのせいだったのか! どれも大体8ページぐらいですね。1番5ページ、2番8ページ、3番6ページ、4番8ページ、5番8ページ… 6番は12ページもありますが! そうと分かれば、なんとか攻略できそうな気もしてきました。(というのが気のせいでないことを祈ります)
ということで、また頑張って譜読みしようっと。

あ、2番のプレリュードなんですけど、最後の音は左右ともにラの音1つだけなんですよね。それまでの流れからいって妙に薄くてなんだか馴染めないなあ、何か装飾音とか入れたくなるなあと思ってたら、ツェルニー版では右手のドを足してラドラの和音になっているそうです。せっかくの原典版ですけど、ここに関してだけはそっちの方がいいですねえ。

そして問題の(!)シューマン。今日は「五月、愛する五月」「最初の喪失」「ぶどう狩りの季節」を見ていただきました。
「五月、愛する五月」は、一回通して弾いた時点で、「かなり良くなってきたけど… こういう曲は、バッハの時みたいにきちんきちんと時計みたいに正確に弾いていくんじゃなくてね、うーん、ちょっと席替ってくれる?」になりましたよ。うわあ、早速ですか…
ええと、私の弾き方は、どうにもさっぱりしすぎだそうです。もっとお目目キラキラ☆ な少女漫画~とかディズニーの映画みたいな甘~~い感じが欲しいとのこと。うーん、やっぱりそうなんですね。でもそういう甘さって、私のキャラには元々あんまり存在してないような気がします、先生。
で、「席替って」になった時は、「ああやっぱり今日も駄目なんだ~~~!」となりましたが、なんと合格です! でも花マルの合格っていうより敢闘賞… 「頑張ったで賞」な感じがしますー。とは言っても「オマケなんてしないで、徹底的にやって下さい!」なんて気力もないので、ありがたく終わらせていただきます。
「最初の喪失」も「席替って」になっちゃったんですけど、今回注意されたのは後半の盛り上げ方。クレッシェンドしていって一旦ディミヌエンドするけれど、次は小さくなりすぎない。前半と同じように p で弾くのではなくて、mf ぐらいから弾き始めて盛り上げる。そして和音の所は f で。「まあ、一旦小さくしてしまうという考え方もあるけどね」とのことでした。こちらも合格。うう、嬉しい。オマケだとしても嬉しい。(涙)
「ぶどう狩りの季節」はもう1回。次回は「冬」を見ていただけそうです。季節的にもぴったりだ~。

ということで、一番の重荷をおろせてほっとした今日のレッスンでした。「ぶどう狩りの季節」も長引くかもしれませんが~ 大きく一歩前進です。またシューマンやる気力がちょっと湧いてきました。^^



2012年09月28日

レッスン日記87

Category : レッスン日記 | Comments (8)  
Tags : ,

先週に引き続きのレッスン。朝晩はすっかり涼しくなりましたが、昼間はまだまだ暑いです。

ハノンは、今日は「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」。スケールの最初の3つの音を丁寧に、という注意がありました。楽譜に書かれているその音から弾くのだけど、それよりも下の音からずっとスケールが続いてる気持ちで弾くこと。最初の音をすかっと弾きそこなうことがあって、そのせいもあって3つの音が団子状態に聴こえてしまうことがあるそうです。あと、音が全部下に落ちてしまっているので、音をもっと前へ前へと飛ばす意識で弾くこと、でした。曲の中に出てくるスケールやアルペジオを生かすために練習してるんだものね。うーん、でもやっぱりその辺りが難しいなー。
50番の「3度をレガートに弾く練習」は、一番上の音をよく出すこと。(次に出すのは左手の上の音、右手の下の音、左手の下の音の順) 弾いてる時に頭と肩が揺れがちで、それで4つの16分音符の最初の音に変なアクセントがついてしまっているので、頭も身体も揺らさないように注意すること。そして今はメトロノーム77ぐらいで弾いてるので、次回までに84ぐらいで弾けるようにスピードアップしてくること。

バッハの「イギリス組曲」はまだ全然見てないので、今日はユーゲント・アルバムだけでたっぷり30分はあるよ!と思ったのですが、やっぱり進まなくて~。見ていただいたのは、「五月、愛する五月」「最初の喪失」「ぶどう狩りの季節 – 喜びの季節!」の3曲でした。
まず「五月、愛する五月」。先週よりもかなり良くなったと仰って下さったのですが~ それでもやっぱり色気が足りないそうです。全体的にもっと鍵盤を撫でるようなタッチで弾くこと。例えば1オクターブ離れてるところは、あっさり弾いてしまうのではなく、十分ためて弾くこと。(ここはおいしいところだから!) ペダルは浅めで、こまめに踏み変える。曲の最後の音のところは2度で不協和音なので、ペダルを離す。…良くなってきてはいるけど、歌う練習をもうちょっとしておきましょうということで、やっぱりもう1回。
「最初の喪失」は、全体的にもっと深いタッチで。鍵盤は1cmしか下がらないけれど、指はむにゅっと鍵盤を掴むように、腕を大きく使ってもっと下まで下げるイメージで。最後の和音のところはもっときっぱりとした拒絶を表して。
「ぶどう狩りの季節 – 喜びの季節!」は、「最初の喪失」とは真逆。こちらは収穫の喜びの歌なので、もっと音を上に上に飛ばすように弾くこと。

あと、私はどうも背中が丸くなりがちだそうです。背中が丸くなると腕も縮こまって自由に動けなくなり、いい音も出なくなるので、意識して胸を開いて弾くようにとのことでした。
そんなところでしょうか。ユーゲント・アルバムの曲は全部次回に持ち越しになりました。やっぱり私は歌わせるのがもんのすごく下手なんですよね。ピアノ曲に限らず、歌い上げるタイプの曲は元々好きじゃないというのもあるんですけど、子供の頃に習っていた時もそういう練習を全然してなかったので、そういう引き出しが全くないのですねー。実はこの3曲にも既にすっかり飽きていて、練習に身が入らなかったりするんですけど(元々あまり好きではない3曲で、練習していても好きになれなかったですよ) でも歌わせられないというのは致命的ですものね。歌わせられるようになれば合格する、合格すれば弾かなくて済む! ということで、ここはなんとかふんばりたいと思いますー。(まったく前向きなんだか後ろ向きなんだか)

ということで、次回のレッスンは1ヶ月後。もしかしたらもっと間があくかもしれません。イギリス組曲の楽譜も入手したので、そちらを楽しみにシューマンも頑張ろうと思います♪



Page 2 of 1112345...10...Last »
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress