2012年09月21日

レッスン日記86

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。そろそろ日傘を持つのにうんざりしていたので、今日は持って行くのをやめたら、道中すごい陽射しでした… 朝晩はめっきり涼しくなってきてますけど、日中はまだまだ夏のようです。

まずスケールとアルペジオ。今日は「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」コースをメトロノーム110で。最後の音と最初の音を丁寧に、という注意がありました。スケールからアルペジオへ、アルペジオから次のスケールへと移動するところで、動きのせわしなさにかまけて音の出し方が疎かになってたみたいです。
第3部の方はは49番の「1-4、1-5を広げる練習」。これは「もっと鍵盤の近くから」という注意がありつつ、前回同様メトロノーム108で合格。きっと指を開くことで、動きがバタバタしてしまってるんですね。もうちょっとゆっくり練習をしておかなくちゃダメだなあ… 次回は50番の「3度をレガートに弾く練習」。

バッハ「フランス組曲」は6番ポロネーズから。ええーと、これは何か注意されたかしら… 2回ほど弾いてあっさり終わった気がします。あ、そうだ、終わりはリタルダンドしないでインテンポのまま、というのがありました。合格。
ブーレは、後半の出だしの左手をしっかりと弾く。この音型のところは弾むようなリズムで。両手でハノンのトリルの練習みたいになるところ(笑)は、右手をメインに。左手は少し離れたところからハーモニーを感じながら。左手の最後の2小節の「ラソラファシシミ」のところはカデンツなのでしっかり弾く。そしてこれもインテンポで終わること。合格。
ジーグは、タイになってる音で指が早く離れてしまうところがあるので、しっかり伸ばすこと。一応頑張って速く弾く練習をしていったのですが、まだまだ足りなかったらしくて、「んん~~ そうね~~ もうちょっと速く弾ける?」一旦は「弾けません!」と言ってみたものの、指の限界に挑むことになりました。わはは。
6番は全体的になぜか黒鍵から指が滑り落ちやすくて苦労したんですが、ジーグも合格。これで「フランス組曲」は完了ですよ。やったー! 1冊全部終わって、もう本当にものすごい達成感。最初にレッスンで見ていただいたのが2011年3月11日なので、丁度1年半ですね。いやあ、頑張ったよ、偉いよ、私。

そして次にやるのは、結局「イギリス組曲」になりました。「平均律を1曲やりながら、どうするか考えてもいいわよ」とのことだったんですけど、やっぱり前々から「次はイギリス組曲」と思ってましたしね。ということで「イギリス組曲」は2番から。
先生が全音とウィーン原典版の楽譜を貸して下さって、どちらの楽譜にするか考えてくることになりました。全音の楽譜は、スラーとか強弱とか速さとか色々書きこまれていて、弾く時にとても参考になりそうなんですけど… たとえば春秋社の園田高広校訂版のように、原典版の書き込みが濃い色で、校訂者の書きこみが薄い色になっていれば分かりやすいんですけど、これはそういうわけではないから、元々楽譜についていたスラーがどれなのかが分からないわけなんですね… となるとやっぱり原典版の方がいいなあ。値段的には全音の方がかなりお財布に優しいのだけど。
シンフォニアの時はあまりなかったのですが、フランス組曲では私が弾いたのを元に、先生が「ここはノンレガートにしましょう」「ここでクレッシェンド」「ここはこんなトリルで」と先生がその場で楽譜に色々書きこんで下さって、(その場で対応するのは結構大変なので)戦々恐々としながらも、とても楽しかったんです。例えば6番のサラバンドで楽譜では普通の和音になってるところをアルペジオで弾いていても全然オッケーだったし、結構自由な感じ。先生の書きこんで下さったアーティキュレーションを見て、「ああ、こういう音型だったのか!」的な発見もありましたし。そういう意味でも(まあ、全音でも大丈夫なんでしょうけど)原典版がいいなあと思ったりします。(今、先生が楽譜に書きこんで下さるのってそういうのだけかもー。最初の頃はもうちょっと色々注意点を書きこんで下さってたと思うのですが、そちらは今は私の頼りない記憶力に一任されております)
それにしても「イギリス組曲」は本の分厚さも全然違うし、1曲ずつが長いですね。2番のプレリュード、8ページもあるよ!

最後はシューマン。まず「五月、愛する五月」なんですけど… ええと一応一生懸命歌うように弾こうとしたんですけど… バッハの余韻があると全然ロマン派らしく弾けないんですよねえ。(いいえ、全然バッハのせいじゃないです)
「音価的にはその通りなんだけど~ 全然ロマンティックじゃない~ ロマンティックじゃないどころか、生真面目な杓子定規な人が “はい、仕事中です” って感じ~ 全然面白くない~!」と言われてしまいました。うわーん。(まさにその通りで否定できません) 先生のお手本の後に弾いたのはかなりマシになったようですが。もう1回。
「最初の喪失」は、「今のでも悲しい感じは出てるんだけど… 最初の音はアウフタクトだからもっと上向きに、次の音で下向きに落とす。付点四分音符のシの音でもっと腕を使って。次の八分音符も上向きに、付点四分音符で落として腕を使って、もっと音に深みを出す」とのこと。タッチをもっと変えなくちゃいけないんですね。
この辺りの曲はほんと苦手ですよ…

次のレッスンは来週。その後、先生のご都合で1ヵ月ほどあくことになるんですよね。「五月、愛する五月」「最初の喪失」をその後まで引っ張りたくないようー。ということで、今週はこの2曲を頑張りまっす。



2012年09月07日

レッスン日記85

Category : レッスン日記 | Comments (6)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。今日は通常通りハノンから。

まずはスケールとアルペジオ。今日は「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」コースをメトロノーム110で。「音をきちんと聴いて、もっと丁寧に」という注意がありました。アルペジオがちょっとぼこぼこしてるようです。頂点を目指してもっとなだらかに上昇して(クレッシェンド) 下降する(ディミヌエンド)。私も親指がドスンとしやすいなあって気になってて(今日の調では特に fis moll とか es moll かな)、ゆっくりの練習もしたりもしてたんですが、まだまだでしたね。それにしても、先生の弾かれるスケールとアルペジオは美しいーーー。もっと意思を感じさせる音で弾かなくちゃダメなんだな。
第3部の方は48番の「3度の練習」「6度の練習」。せっかくボールを使った練習を教えて頂いたのに家にはボールがなくて、お店で丁度いいのを見つけることもできなかったのですが、ボールを握ってるつもりで練習してたら、ちょっといい感じになってきました。腕の力も抜けてきたように思うし、それに伴ってメトロノーム80も余裕になったよ! ということで合格です。次は49番の1-4、1-5を広げる練習。これは前回も108で弾けてたはずなので、多分大丈夫。なので、50番の3度をレガートに弾く練習もそろそろ始めておくことにしましょうか。

バッハ「フランス組曲」は6番サラバンドから。これは「一番上のメロディをリュートかリコーダーで、その伴奏がチェンバロのイメージで」…そう言われた途端に、そうだったのか!と腑に落ちましたよ。なるほどなるほどそうだったのですねー。家で練習しててもどこか上手くハマらなくて困っていたのですが、それで一気に曲のイメージが固まって弾けるようになりました。左手のじゃらら~んってアルペジオのところなんてほんとチェンバロにピッタリ。今まで気づいてなかったのがほんと嘘みたい。ということで助かりました。合格。
ガボットはもうちょっとテンポ良く楽しげに。1小節目と2小節目の頭の音にもう少し重みを乗せて。音のバランスを考えて、一番上の音をもっと際立たせて。…この「上の音」をメロディとして出すのが難しくて苦労してたんですけど、というかなかなか上手くいかなかったんですけど、どうやら許容範囲まで到達できたようです。合格。
ポロネーズは優美に。レースとかフリルのイメージで。21小節目からはどんどんクレッシェンドしていって、最後は少し優しく終わる。これはもう1回。ブーレとジーグは大体そんな感じで… と言われつつ(ブーレは今弾いてるメトロノーム80ぐらいのスピードをキープ、ジーグはもうちょっと速く) もう1回。

フランス組曲もあと3つで終了ということで(全6曲やるとは頑張ったよワタシ!) 次はてっきりイギリス組曲かと思ってたんですけど、「イギリス組曲はまだだった? 次どうする? イギリス組曲でもいいけど、パルティータでもいいし、平均律の続きをやってもいいし、どれでもいいわよ~」と言われてびっくり。パルティータって、もう一段上の人がやるものだと思ってたんですけど、そうではなかったの?
ええと、平均律というのも魅力的なんですが~。組曲は大好きなんですけど、次々と譜読みするのもちょっと疲れてきましたしね。フランス組曲でも1番ごとのひとまとまりが結構大きいのに、イギリス組曲やパルティータとなると更に1つずつが長くなるので大変でしょうし… その点、平均律ならプレリュードとフーガの組み合わせだからすっきりしてますよね。でもずっとイギリス組曲をやる心づもりできてたしなあ… まずはイギリス組曲をやって、そっちが一段落ついたら平均律に入って、私が弾ける程度の曲が少なくなってきたらパルティータを挟んでって感じがいいかなあ。
などと考え中です。
イギリス組曲だったら2番・3番・5番がやりたいな~♪

最後はシューマン。今日は「五月、愛する五月」だけ。私が弾くと縦の線ばかりで横の線がブチブチと切れてしまうらしいです… もっとフレーズを大きく取って、まさに歌を歌うように弾くこと。で、一生懸命歌うように弾こうとしたんですが、もう全然満足に弾けなくて~。って、家でもそうやって練習してたはずなのに~。(今度は心の中だけでなく、ちゃんと声に出して歌うようにします…)
やっぱり私はバッハの方が向いてるよ! ある程度弾きこんだバッハは先生の指示に合わせて変幻自在(大袈裟)なのに、ロマン派はなんて難しいんだろう。と思った今日のレッスンでした。いえ、シューマンも懲りずに弾きますけどねー!

ユーゲントアルバムって、「子供のためのアルバム」というタイトルの割に子供向けの曲が少ないですね。最初の方の「メロディ」とか「兵士の行進」とか「楽しき農夫」は子供向きかもしれないけど、それにしたって案外弾きにくくて、子供には荷が重いんじゃないかなあって思っちゃいます。例えば今やってる「五月、愛する五月」だって、ぜーんぜん子供向きじゃないし! こんなの相当上手な子じゃないと、ワケ分かんない演奏になっちゃうんじゃないかなあ。「最初の喪失」だってそう。私にとっては、少なくとも高校生以上のイメージですよ。小学生はお呼びじゃないと思います。
あ、先生から言われてる3曲(「五月、愛する五月」「最初の喪失」「ぶどう狩りの季節 – 喜びの季節!」)が終わったら「冬 I」「冬 II」も見ていただくことにしました。今日お願いしました。その後「イタリア人船乗りの歌」「水夫の歌」も見ていただくかも。って、色々言ってて結局最初の希望に戻っただけですけど。(笑)
先生は「どれでも好きなの弾いてきていいわよ。全部でも。でも全部だとすごく時間かかっちゃうし、これってほんときりがないのよねえ…」と仰ってましたが、まさにまさに。どこかで見切りをつけないと次に進めなくなっちゃう。底なし沼みたいな曲集です。とりあえず本に載ってる順じゃなくて、やりたい曲の順に見ていただこうっと。いつでも次に行けるように。



2012年08月10日

レッスン日記83

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags : , ,

3週間ぶりのレッスン。暑さに負けそうになりながら行ってきました。立秋以来、夜はすごく涼しくなって嬉しいのですが(暑さで目が覚めないなんて~) 日中はまだまだ暑いですねえ。

ハノンはスケールとアルペジオから。今日はG dur から始まる「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コースをメトロノーム110で。鍵盤のおさえ方がちょっと浅いという注意がありました。あと、左手の4の指が残りやすいというのも。うーん、これは全然気がついてなかったです。やっぱり上達したいと思ったら、客観的に聴いてくれる存在は絶対必要ですね。
第3部の方は48番の「3度の練習」「6度の練習」。手首の動きがまだちょっと硬いそうで、ボールを使った練習を教えて頂きました。ボールを手に握ってポンポンと鍵盤を叩くという簡単なものですけど、これは結構効きそう! 後は家に同じぐらいのボールがあるかどうかですね。探してみまーす。

次はバッハのフランス組曲6番、クーラントから。最初なぜか全然弾けなくて焦りましたよー。タイミングが全然合わないし、違う鍵盤をおさえてばかり。結局、ゆっくり2~3度弾くうちになんとか弾けるようになりましたが、最初はどうなることかと思いました。注意点としては、左手の八分音符のところはもっと弾むように弾くこと。特に右手がトリルを弾いてる小節は、右手に意識がいってしまって左手への意識がお留守になってしまっているけれど、ここの左手はしっかり弾くこと。あとは、22小節目の右手、シ♯・ド・レの3つの音のメロディをもっと出すこと。でもこの曲は合格です♪
サラバンドは結構いい感じに弾けたと思ったんですけど、ダメでした。先生によると、右手と左手がそれぞれ別々になってしまってるように聞こえてくるんだそうです。今の弾き方だと、例えばカレーを食べる時にカレーのソースを一口食べて、ご飯を一口食べて、またカレーソースを一口食べて、という感じだそうで…(笑) もっと右手と左手が混ざり合うように弾くこと。そして全体的に和音の響きを感じながら、その色合いの変化を感じながら弾くこと。もっと歌わせること。これはもう1回。
ガヴォットは、「もちろん一番上の音を一番出すんだけど、下の音もそれぞれもうちょっとしっかり出して」。それと「4分の4拍子ではなく4分の2拍子なので、ちゃんと2つずつのかたまりで」「ガヴォットらしく、もっと楽しげに」。ガヴォットって、好きなのになんだか苦手なんですよねえ。5番の時も好きな曲の割に苦労した覚えがあります。ということで、これは当然もう1回。
ポロネーズは、出だしは mp で dolce で。こちらはガヴォットよりもずっといい感じで弾けました。でも「大体それでいいんだけど~」と先生は迷われつつ、「もうちょっと弾きこんだ方がいいわね」と、結局またもう1回。
メヌエットは、楽しく。これもなかなかいい感じで弾けましたよ。こちらは1回で合格です!(嬉)

シューマンの「ユーゲントアルバム」は、今日は「シチリアーノ」だけ。これは場面ごとの色合いを変えること、2カッコのフェルマータはガツンと弾く。Prestの部分に入る直前の八分休符は休符というだけでなく、大事な間合いとして扱うこと。あと、ここでも鍵盤へのタッチが浅いと注意されました。シューマンは神経質で、あそこまで神経質でなければ、もうちょっと長生きできただろうだろうという人だし」ということで、基本的にもっとしっかりタッチする方がいいようです。「p」でも鍵盤はしっかりおさえること。そういえばうちのピアノって古い割に鍵盤の表面が綺麗に揃ってると調律師さんに言われたんですけど、タッチが浅くて傷みにくかったというのもあるのでしょうか。

次の生徒さんがいらしてしまったので(そういえば夏休みだもんね) 本日のレッスンはここまででおしまい。次のレッスンは2週間後です。



2012年07月13日

レッスン日記81

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags : , ,

今日は蒸し風呂のような空気でございました…

ハノンはスケールとアルペジオから。今日は「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」。最初の1音がドスンと大きすぎるという注意。もっと滑らかに入ること。
第3部の方は48番の「3度の練習」「6度の練習」。今回も「もっと鍵盤の内側で」とは言われなかったので、これに関しては少しずつマスターしつつあるのかもしれません。(嬉)
でもメトロノームの80で弾くはずだったし、家でもそれで練習してたんですけど、レッスンではまだ手がほぐれてない感じだったので、76で弾いたんです。このテンポなら比較的問題ない感じなんですが、きちんと手がほぐれてない時にメトロノームの80で弾くと、左手にだんだん力が入っちゃう… と先生に言うと、「やっぱり利き手じゃないから難しいのよね。ゆっくりでいいから、少し弾いては意識して力を抜くという練習を繰り返すことかしら」とのこと。でも前回の一周の時はメトロノーム80どころじゃなかったし、それは多分もっと腕に力が入ってしまっていたせいもあったと思うんですよね。少しずつ進歩してると思いたいー。それに先生も「だんだん出来るようになってきてるところだから、もう1回やりましょう。無理に80で弾かなくてもいいわよ。76の次は77、78、79… と力が入らずに弾けることを優先にね」ということに。

バッハはフランス組曲の6番。
アルマンドは、私にはすごく弾きにくいです。前回見ていただかなかったし、もう1ヵ月以上練習してるというのにまだ譜読み段階のような弾きっぷり。ほんの少し楽に弾けるようになってきたのが、レッスンの3~4日前ってところ。でもレッスンで何度も弾いて、調の変化や曲想をやってるうちに少しマシになってきたかな。ということで、これは合格です。
クーラントは、伸ばさなくちゃいけないのに切るのが早すぎるって箇所がいくつかありました。特に前半と後半の最後はそれぞれ I の和音なのでこの4音をしっかり聴くこと。
サラバンドは家で弾いていたよりもかなりゆっくりになりました。その分、トリルの入れ方が変わって… というかすんごい増えました。例えば、その小節の最後までしっかりトリルを入れるとか、そういうの。でも普通のプラルトリラーとかモルデントの記号ならまだしも、「tr」と書かれている時に私は大抵その音から始めて1音上にいっちゃう… 実際には1つ上の音から弾き始めるのが正しいんですね? いつもうっかりしててダメだなあ。今度先生にちゃんとお聞きしようっと。

そしてシューマンはユーゲントアルバム。
どうも私、スラーの弾き方が全然なってないみたいで、「メロディ」でのスラーの練習で時間が終わってしまいました。1音1音の打鍵が速すぎるんだそうです。あと指にもっと力を乗せる練習が必要とのこと。うーん。でもスラーが弾けないとお話にならないですものね。こういう技術的にそれほど難しくない曲の時に、なんとしてもマスターしなくては!です。

次のレッスンは来週。でも諸事情により、その後どーんとあいてしまいそうな感じです。シューマン、がんばらねばー。せめて「楽しい農夫」までは合格をもらっておきたいなあ。どーんとあいたらあいたで、謝肉祭の譜読みを始めるいいチャンスなんですけど、どうしても気になっちゃいますしね。(笑)



2012年06月29日

レッスン日記80

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : ,

2週間ぶりのレッスンは、すんごくいい天気! 日傘も日焼け止めも効かなさそうな陽射しです。湿度はそれほどでもないので、からっとして気持ち良かったですが、6月末にしてようやく本格的な夏到来でしょうか。今年って例年に比べると涼しいですよね? 例年の今頃ってもっとクーラーとか扇風機とかつけてたような気がするんですけど、今年はまだ全然ですし。(職場ではもちろんかかっていますが、自宅では)

今の先生に習い始めて、もう80回目のレッスンですって。すごいなあ。(と、この記事を書きつつしみじみ)

ハノンはスケールとアルペジオから。3つのグループの最初の「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」です。今回の注意点は「弾くことに必死にならないで、自分の音をもっと聴いて」。いや、ほんとそういう注意を受けてしまうのももっともな、すっきりしない音でしたよ… これって先生のおうちに着いたばかりでピアノの音にまだ慣れてないって問題でもないような気がします。気合いが足りないんですかね? スケールとアルペジオの練習にある意味慣れてしまって、鍵盤へのタッチが何気なくなっちゃってるのかなあ。いずれにせよ、初心に戻ってもっと細心の注意を払わなければならないんでしょうね、きっと。
第3部の方は、47番の「4つの同音の連続」。メトロノーム120でも練習していたのですが、これだと指が相当バタバタしまうので、レッスンでは116で。この手の曲では毎回「もっと鍵盤の内側で」と言われるので、今回は毎日まず鍵盤の上に鉛筆を置いて内側で弾く練習をしてて、その効果のほどはいかに…?! だったんですが、今日はその注意はなし。それはある程度出来ているからだったのか、それともまだ出来てはいないけど努力の跡は見えたのか、もしくは「もう言わなくてもイイカゲン分かってるでしょ」だったのか? 完全ではないにせよ、だんだん出来てきてるのならいいのですが。とりあえず47番は合格。次は48番の「3度の練習」「6度の練習」。前回これをやった時もその注意を受けたので、次のレッスンでまた注意を受けるかどうかが勝負の分かれ目ですね☆(勝負ってナニ)

シューマンは今日からユーゲントアルバム。「メロディ」「狩の歌」「勇敢な騎手」「楽しき農夫」を聞いていただきました。
「メロディ」は、ソプラノの歌とピアノの伴奏のようなイメージで、左手はもっと小さく、右手をもっと歌わせて。「まるでツェルニー○○番みたいになってるわよ」と言われてしまいましたよーー。右手を歌わせる、と書くのは簡単だけど、なかなか綺麗に歌ってくれないんですよねえ。先生が弾くとなんであんなに素敵な音がするんだろう?
「狩の歌」は、最初のドの音にスタッカートをつけたような弾き方をしていたので、それを直されたのと…(いや、すっかり思いこんでしまっていました) 最初のフレーズは狩に行く時の角笛とかラッパの音、次のフレーズは馬の蹄の音だから、きちんと音色を変えて。具体的には、角笛の音はもっと太く、馬の蹄の音はもっと軽やかに、ですね。短い曲だけど、その曲の中でどの部分を一番盛り上げたいのかきちんと考えて。(そりゃもちろん獲物を追い詰めたところでしょ… と分かってはいるのだけど)
「勇敢な騎手」は、勢いよく、もっとひっかくような鋭いスタッカートで。sf のところは鍵盤の少し上から手を落とすように。「勇敢」ということは、まあちょっと無謀でもあるということだから、そんな感じで。全体的にアクセントでメリハリをつけて。
「楽しき農夫」の左手のメロディは、カーネルサンダースのような太っちょのおじさんをイメージして、もっと太い音で歌わせて。四分音符がちょっと短くなりすぎてるところがあるので、それに気をつけること。そして右手と左手とメロディーが重なる所はやっぱり右手を出すのですね。(先生が弾いて下さってるのを聴いていて分かりました)

今日は他の話をしていてそちらに時間を取ってしまったので、バッハはなし。
あー、そういえば。サラバンドのトリルでどうしたらいいのかよく分からないところがあるんだった。そこを聞いてくれば良かった。一応「こうかな?」というので練習はしてるんですけど、なんだかすっきりしないんですよねえ。

ユーゲントアルバムは「兵士の行進」にチェックが入ってなかったんですけど、これも見ていただこうかな? これもなんとなく練習していたし。でもでも技術的には比較的簡単な曲とはいえ、もっと弾きこまないとダメダメです。やっぱり譜読みの時は2週間では足りません…。私の場合、譜読み自体はそれほど遅くないと思うんですけど、譜読み状態が長くて、それを越えるのにいつもものすごく時間かかってる気がします。そして譜読み状態の時でも一応表情はつけようと頑張っているのだけど、それを乗り越えてからじゃないと指が思うように動いてくれないから、結局のっぺりしたまんまなんですよね。
今回、バッハの方もフランス組曲の6番の8曲の譜読みの真っ最中なので…(ブーレとジーグはまだほとんど見れてない状態だけど) 小曲ばかりとはいえ、2週間で譜読みをいっぱいしなければならないのは、ちとツラいものがありますわん。だから今日はバッハを弾く時間がなくて少し安心もしたのだけど。(本当は一度見て頂いた方が、練習の効率が格段に上がるのだけど)

ということで、次のレッスンは2週間後~。



Page 3 of 1112345...10...Last »
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress