2012年06月15日

レッスン日記79

Category : レッスン日記 | Comments (2)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。

ハノンはスケールとアルペジオから。G dur から始まる「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コースをメトロノーム110で。これは手の甲の固さを注意されたし、姿勢も直されました… が、なんとか終了。
第3部の方は46番「トリル」をメトロノーム116で。一応弾けたんですが、弾き方がちょっとバタバタしちゃってるみたいです。鍵盤を奥まで押しこむように弾く必要はないので、もっと手(手首?)の回転を利用して鍵盤の内側で弾くこと。スーパーボールを指の間に挟んで指を動かす練習方法を教えていただきました。次は47番の「4つの同音の連続」。こっちも前回の一周の時に鍵盤の内側で弾くように注意されたはず… アップライトでの練習だとグランドみたいにはいかないですが、がんばります☆

シューマンは引き続きの「花の歌」。
最初は「あれーーどんな曲だっけーー」状態だったんですが(こらこら何ヶ月弾いてるんだ) なんとか調子を取り戻してからはまずまずな感じで弾けました。この曲、確か今年のお正月ぐらいから譜読みを始めてるんですよね。半年も弾き続けてるとさすがにミスタッチも減るものだわ… と我ながら感心。(笑)
変奏曲のVのところがバタバタになってしまったのですが(ここ、難しいのよー ♭が6つだし、なんとも弾きづらい指の配置だし、しかも速い☆) 和音に直して弾いてみてからは少しはマシになったでしょうか。Vの最後のffの部分は決然とした感じで。(ここがこの曲で一番弾きづらい場所だと思う…)
まだちょこちょこと注意点はあったのですが、「あとは弾きこむだけね」ということで合格になりました! わーい!(や、まだまだ弾きこみがたりないって話なんですけど)

半年も弾いて、曲のイメージもやっと自分の中で固まりましたよ。この曲ね、とっても映画的だと思うんです。元々とても物語がある上に、カットバック(交互の異なる場面)があったり、フラッシュバック(過去の回想)があったり、「それから数年の月日が流れ~」的な部分があったり。私の中では物語の方も固まりましたが、曲の途中からは脳内は「フライド・グリーン・トマト」フラッシュバック状態。この映画、あまりきちんと覚えてないんですけどね… とても良かったということしか。(もう1回観たいなー)
よく「実際に弾く前にどんな風に弾きたいか考えろ」的な言葉を見かけますが、私にはどうもそれは無理みたい。新しい曲に取りかかる前にCDを聴いてイメージを固める方もいらっしゃるでしょうし、私も聴いてはいるんですけどね… この状態では多分まだざっくりとした聴き方なんですよね。やっぱり実際に弾いてみてからですかねえ。弾いていくうちにイメージが浮き上がってきて固まってくれると、自分の中で上手く音楽が流れてくれる(気がする)んですが、そうでないとなかなか上手くいきません。曲を捉えるのにすごく時間がかかっちゃうし、結局最後まで捉えきれないこともあるので、とても効率が悪いんですけどね… まあ仕方ないですね。最終的に自分の曲になれば良しということで♪

次回からのシューマンはユーゲントアルバムからの抜粋です。9曲チェックして頂いてるんですけど、多分全部見ていった方がいいんだろうな… 「メロディ」「狩人の歌」「勇敢な騎手」「楽しき農夫」辺りは一応弾けるんですが、ユーゲントアルバムも後半に入ると結構難しくなりますね。

そしてバッハのフランス組曲。2番のジーグは合格です。おまけですが~。本当はもっと超特急で弾けなくちゃダメなんですね。1番のジーグほどではないですけど、やっぱりジーグってどれも難しい~。テンポが速くなると、リズム感とキレを出すのが本当に大変。どうも頭でリズムを取ってしまっていたらしくて、何度か注意されました… これは完全に無意識でしたが。(汗)
そして6番のアルマンドを見ていただきました。こちらはまだあんまり弾けてないですけど、一応ポロネーズまでは譜読みしてます。あとはメヌエット、ブーレ、ジーグ。6番って曲が多いな。

フランス組曲の6番が終わったら、イギリス組曲に行くのか、それとも何か他の曲を挟んでもらうのか、そろそろきちんと考えなくちゃ。ちょっと前までは、ハイドンとかスカルラッティのソナタを考えてたんですけど、今は… うーん… すんなりイギリス組曲に行きたい気もするし。クープランの「ティク・トゥク・ショク」もいいなあと思うんですけど、あれは異様に難しそうだし。でもいつかはやりたいな。

ということで、次のレッスンは2週間後~。



2012年05月18日

レッスン日記77

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : , ,

先週に引き続きのレッスン。来週は来られないかもしれないので、今週にしていただきました。

ハノンはスケールとアルペジオから。今日は2つ目の「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」。カデンツがちょっと短くなりすぎているという注意がありました。次の音に飛ぶのに気もそぞろになってしまってたんですね。ダメじゃん。そして小指の音をもっと響かせること。小指で鍵盤を掴もうとすると腕に力が入りやすいので要注意。
第3部の方は45番「2音続く音のひき方」。これ、指定速度が108になってたんですけど、私にはそこまで速く弾けないし、レッスンで弾いたのも実際95ぐらい。でも合格でした。これはあまり速くなくてもいいのかなー? まあ、第3部で合格になったのは引き続き練習していくつもりなので、先生が構わないならいいんですけどね。実際、42「減七のアルペジオ」、43「属七のアルペジオ」、44「3つの同音の連続」… と、ずっとゆっくりの練習を続けてますし、これから先もやっていくつもり。毎日少しずつでも、何度もゆっくり弾いてるうちにきっと身に着くでしょう。(希望的観測)
ええと45の注意点といえば、2音の最初の音にアクセントがあるけれど、これはアクセントというよりも腕の重みをかけるつもりで。実際の曲の中に登場する時もアクセントではなく重みを乗せるように弾くから、とのこと。
次回は46番の「トリル」。これはできる限り速く弾いてくること。前回合格した時は確か指定の108で弾いたはずなので、もっと速くですね。見開き2ページはまあいいんですけど、ページをめくったところにある2段(「モーツァルトは、トリルの練習にこの練習曲を用いたということです」と書かれてるところ)がクセモノ。4と5の指の小節がこんがらがっちゃうのです。でも頑張りまーす。

バッハ「フランス組曲」は2番のクーラントからジーグまでを見ていただきました。
クーラントとエールは合格。サラバンドは、今回新たにノンレガートにすることになったところがなかなか上手くいかず… 左手の2声の弾き分けもイマイチだったので(これに関しては注意はされなかったんですけど、明らかにイマイチ) 次回に持ち越し。メヌエットも同様にノンレガートで苦戦。「ヘンレ版はアーティキュレーションについてほとんど何も書かれてないから自由度が高いんだけど、逆に楽譜に書かれていることはきっちり厳守よ!」…要するに私がスラーの位置を見間違えてたというか、アバウトにしか見てなかったのがダメダメだったのでした。もっときちんと楽譜を見ないとですね。そしてメヌエットは3拍子なので、最初の拍をアクセントを置いて、あとの2拍は上向きの音で軽やかに弾く。(うーん、そう弾いてたつもりだったんだけど、全然ダメだったか) 最後にジーグも弾いたんですけど、私の弾き方があまりにもっさりしてるので、ノンレガートにする部分が増えました。(笑) こちらは左手の片手練習をもっとすること。そのぐらいかな? いや、何かもっと大事なことがあった気がする… 練習してるうちに思いだせるといいのですが。

最後にシューマン「花の曲」。
先週のレッスンの後、それぞれの和音の色を考えましたよ~。結局最初からコードを取っていって… 転調やら何やらの関係があるので、私の場合はいきなりクラシック的に和声分析しようとするよりも、ジャズやロックのような感じでコードを取る方が確実かもしれないと思ったんですが(「和音」も「コード」も実際は同じものですが、便宜上の区別です… C dur の第五音の減七の和音を「Gdim7」とするような感じ)、これが正解。コードの変化から逆に転調がすごく分かりやすくなるではないですか。そして調が分かれば I とか V とか IV とかの和音記号も分かりやすいですしね。我ながらナイスアイディア♪ ええと、コードを取るのは絶対音階で、 I とか V とか IV といった和音記号で考えるのは相対音階だと思うんですが、絶対音階の方が私には向いてるみたいです。とは言ってもコードに関してもそれほど知識があるわけではないので、ところどころ名称が分からないのもあったのですが。(いやん)
でもそんなこんなで考えすぎたらしく、レッスンで実際に弾こうとしたら流れが… バッハからこの曲に行くのが苦手というのもあるのですが、先生に「もっと横のラインで音が流れるようにしてみて」と言われてしまいました。すぐ縦の線でぶちぶちと千切ってしまう私です。(汗)
今日も結局1ページしか進まなかったのですが、なんとなく(あくまでもなんとなく)ちょっと先が見えてきたかも! 次回はシューマンから見て下さるそうです。

次回のレッスンは2週間後。先生もそろそろコンペでお忙しくなる頃だし、今のうちに気合いを入れておかないと~。
…あ、そういえば、先日別のコンペの際、私が中学・高校の頃に習っていた先生とお話する機会があったそうです…(その先生は元々存在感抜群の方の上、今や関西ではちょっと有名な方となっているらしい) 「これからの季節たびたびお会いすることになるし、今度聞いてみるわね~」なんて仰っていたけれど、何がどう間違えても、私の話題なんかで盛り上がるなんてことになりませんように。(祈)



2012年05月11日

レッスン日記76

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。前回の時は初夏のようだったのに、今日は打って変わって肌寒い日となりました。5月とは思えないー。ぶるぶる。

ハノンはスケールとアルペジオから。G dur から始まる「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コースをメトロノーム110で。これは途中カデンツでミスタッチがあったものの、無事に終了。
第3部の方は44番の「3つの同音の連続」をメトロノーム120で。以前これをやった時、なるべく鍵盤の内側で、鍵盤が戻りきらないようにタッチするようにと言われたのを思い出して、鍵盤に鉛筆を置きつつ練習してみました。こうすると鍵盤が戻りきってしまうと鉛筆が跳ね上がっちゃうから、すぐ分かるんですね。まあ今回も「なるべく鍵盤の近くからタッチして」と注意があったので、まだまだなんですが、前回44番をやった時「うーん、そうねえ… もう1回弾いてみて」が何度もあったのを考えれば、今日は前回よりはすんなり合格です。
来週は45番「2音続く音のひき方」なんですが、これ、苦手… というかこれをやると自分の4と5の指が弱いことがすごーくよく分かります。以前の時にメトロノーム96が限界だったのが、今は100で弾けるようになってるんですけど、それ以上だとやっぱりバタバタになっちゃう。指定速度の108ではまだ難しいかもー。

バッハは2番のアルマンドから。これはアウフタクトなので、最初の音は上向きに、そして次の音(小節の頭の音)は下向きに。ソ・ソーラシドーレーミーレーの最後の「ミーレー」は強く弾くのではなく、もっと腕の力を乗せた音で。クーラントのアウフタクトは3音。小さく上がり、下がり、上がり、そして小節の頭で下がる。もっと小節の頭の音を大切に3拍子を意識して。サラバンドは2拍子目にアクセントが来ることをもっと意識する。
見ていただいたのはエールまでの4曲ですが、どの曲も一番上の声部の音はフルートやヴァイオリン、真ん中はファゴットやオーボエ、一番下はチェロというように違う楽器を弾いているような意識で音色を変えて弾くこと。一番下の音はあまりスリムになりすぎず、もっと太く柔らかい輪郭の感じで、というのを注意されました。…はい、片手練習ですね。でも同じ左手の上をファゴット、下をチェロ? うわーん、めっちゃ難しい。まず色んな楽器の音を聴くところから始めた方がいいかもしれないな。
あ、アルマンドだけは合格です。クーラントとサラバンドは「大体そんな感じなんだけど」と言われつつ次回に持ち越し。

最後はシューマンの「花の曲」。
この曲、いつになったら満足に弾けるようになるんでしょうね… 突っ込みどころが多すぎるらしくて、毎回最初の1ページからなかなか先に進みませーん。今日は「ペダル、つけてみたら?」と言われたので、ある一定レベルには達してると思う… というか思いたいんですけど。(笑) もちろん、さらっと無難に弾けるだけで合格にしてほしいわけじゃないし、これを機にシューマンをきちんと掴みたいと思ってるので、なかなか先に進めなくても構わないんですけど。それにしても少しは前進できてるのか不安~。
今回は音の方向ではなくて色合いについて。内声がどうしてもバタバタして聞こえるというところから(これでも必死に溶け込ませようとしてるんですけど…!) 全部和音で弾いてみる練習の話になって、そこからそれぞれの和音の色合いについて考えてくることになりました。「面倒だけど、これができないとシューマンはシューマンにならなくて、ただの下手な曲になっちゃうから」というお言葉。ごもっともです。ま、「花の曲」なんだから、花の色合いから考え始めればいいハズですよね。そこから情景やら何やらに広げていければ。

声部による音色の違いを違う楽器で考えてみるというのは今までもあったけど、実際はまだあまりできてないし、それぞれの和音の色合いの違いを出すような部分も今の私に決定的欠けている部分。でもこれまでは、弾くことに精一杯でその段階まで全然来てなかったんだと思う… ようやく一歩足を踏み入れられる状態になったのかも!? ということで、じっくり時間をかけて頑張ります☆

次のレッスンは1週間後~。



2012年04月12日

レッスン日記73・74

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : , ,

前記事からちょっと間があいてますが、元気ですー。レッスンも2回受けました。73回目のレッスンは自分が弾くためのレッスンではなかったため、記事は書いてなかったのですが。

自分が弾くためのレッスンではなかった、なんて意味が分からないですね。ええと、わたくし、このたびピアノの先生デビューすることになりまして… 近所の女の子にピアノを教えることになったんです。音大出でもないし、純粋に趣味で弾いてるだけの私が人サマに教えるなんて、おこがましくてすみませんって感じなんですが… いやほんとに。ゴメンナサイなんですが。

実は、以前にも「うちの子に教えてほしい」というお母さんが訪ねてらしたことがあったのですが、ちっこい子に導入を教えるなんて怖いこと私にはできませんー!とその時はお断りしたんです。家が狭くて、防音室どころかピアノ専用部屋も用意できない状態ですしね。
で、今回もお断りするつもりだったんですけど、思った以上に食い下がられ、しかもうちの裏のおうちの方(今は伴奏などのお仕事がメインなので教えてらっしゃらないんですが、元ピアノの先生)からも私の名前が出たと聞いたことで、ついふらふらと。(体よく断るためだったとしても、ピアノを専門にやってる方からそんな時に名前を出していただけるなんて嬉しいじゃないですか)
72回目のレッスンで先生にご相談したというのは、このことだったのでした。元々練習不足でもあったのですが、その話があった時からすんごい動揺しててさらに弾けなくなってたので、結局全然レッスンにならなかったの巻。というのが真相です。

先生にご相談したら逆に励まして下さって、そこでなんとか腹は括ったんですが、なんせ今まで誰にも教えたことなんてないですし。自分が子供の頃にどんなレッスンを受けたかも覚えてないですし。何をどうしたらいいのか全く分からない。でも最初が肝心ですよね。そこで変な癖がついちゃったりなんかしたら、その子に一生つきまとうんですよー! 下手したらピアノどころか音楽が嫌いになってしまう危険性もあるわけで。
ということで、とりあえず私の先生が導入に使ってらっしゃる教本を用意して、先生にがっつり教わり中です。先生の教室では、どんな小さい子でも出す音がとても綺麗なのです。ペーペーな私ではありますが、目指すはあの音! ぜひあんな風に弾けるようになってほしいですねえ。

ということで、73回目のレッスンは教え方のレッスンに終始しました。そちらの内容はこのブログに書くつもりはないのでパス。そして教え方のレッスンも急ぎなんですけど、自分が弾くレッスンも受けたいし。ということで、74回目のレッスンです。

まずハノンはスケールとアルペジオから。
今回は3つのグループの2つ目「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」。一度カデンツで変な音を出してしまったのと(まだカデンツが完璧に暗譜できてない) 「カデンツの音を良く聞いて」、アルペジオでは「もっと腕を使って」という注意がありつつ、無事終了。
3部の方は43の属七のアルペジオをメトロノーム120で。左手の小指と薬指がちょっと転んでいたのと、あと小指の形を注意されました。小指の側面でべったり弾いてるような感じになってしまってるので、もっと指を立てて関節を山形にして、支えをきっちりすること。とは言ってもこれをきちんと正しい形にするのはなかなか大変ですが… 気をつけてはいるんですけど、速くなるとまたすぐ悪い形に戻っちゃう。私の小指ってほんと短くてふにゃふにゃなんです。(涙)

バッハは1番のジーグから。これは声部の弾き分けがなかなかきちんとできないし、弾き分けようとするとただ強く弾いてしまってダメダメです。もっと横のメロディラインをきちんと意識して弾くこと。あとはリズムですね。この曲、ほんと難しい! でもオマケで丸をいただいてしまいました… うーん、もっと練習しよう。もっと片手練習をしなくちゃダメなんだな。
2番もアルマンド、クーラント、サラバンドと聞いていただきましたが、こちらはまだまだ譜読み状態。

シューマンは「花の曲」。今日は音の方向について言われました。アウフタクトの音も次の本来の拍の音も私が弾くと下を向いてしまっているので、アウフタクトの音はもっと上に飛ばすように弾くこと。鍵盤のタッチを気をつけてもっとむにゅっと掴むようにして、腕を使って、脇の下に空気を入れるような感覚で。そして本来の拍の音を下向きにする… とは言っても、その上向きとか下向きとか未だに全然分からないんですよね… そういう感覚で練習しようとは思いますが、それ以前に耳! 一生懸命聴いても全然分からないなんて、スタート地点にすら立ててない感じです…(涙) こちらも片手練習をしっかりすること。

ということで、次のレッスンは来週です。多分教え方と自分の曲と半々になるかと。



2012年03月26日

レッスン日記72

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : , ,

久しぶりのレッスンだったんですが。結局全然レッスンになりませんでした…
というのも先生にご相談したいことがあって。でも相談した後も動揺がおさまらなくて全然弾けなくて。

「ハノンは時間がかかるから、シューマンかバッハを先に見ましょうか」言われてシューマンの楽譜を開いてはみたものの、まるで知らない曲みたい。「やっぱりバッハにします」とバッハを開いてはみたものの、こちらもどんな曲だったのか全然思い出せない状態。結局ハノンを少し弾いてからまたバッハに戻ることに。今回は練習できない日も多かったのですが。ここまで酷くなるほどじゃなかったのに!

フランス組曲の1番のメヌエットはなんとか合格しましたが、それ以外はそのまま継続。
次回、雪辱を果たします!



Page 4 of 11« First...23456...10...Last »
Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress