2013年04月19日

レッスン日記99

Category : レッスン日記 | Comments (8)  
Tags : ,

お久しぶりです。アリアです。
前のレッスン日記から1ヵ月以上あいてしまいましたー。元々体調を崩していたところに、職場での近年まれに見る激しい異動が(私はそのままですが)仕事にも大きな影響を及ぼして、とてつもなく忙しくなってしまっていました。
でも体調も仕事もようやく少し落ち着いてきて、久々のレッスンを受けてまいりましたよ。楽しかった!

ハノンはスケールとアルペジオから。今日も「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」コース。注意は特になし。
第3部の方は53番「オクターブの音階」。家で練習してる時よりもずっと力が入ってしまって、どうも弾きにくくて困っていたのですが、やっぱり注意事項はそこでした。ゆっくり1音ずつ音を掴むように弾き、1音ずつ弾いた後に脱力する練習をすること。そうやって練習し続けてるうちに、腕も肩もオクターブ仕様になって無駄な力が入らなくなってくるから!とのことでした。51番「オクターブを音階でひくための準備」の方も、引き続き練習していたらかなり楽になって、最初に比べると少しずつスピードも出せるようになってきたんですよね。ということで、こちらも頑張ります。

そしてシューマンの「謝肉祭」。
「前口上」 出だしは登場人物たちみんなのパレード。賑やかに華やかに輝かしく始まる。右手と左手、それぞれがどんな楽器を表しているのか考えながら弾くこと。例えば右手がトランペットの高らかなファンファーレ、合間に入る左手は派手な大太鼓、そしてトゥッティ、というように。あと、8分音符と16分音符の違いが明確でなくなってきているので、もっと強調するように弾くこと。
Piu moto のところからはピエロの行進。重厚な和音のフレーズが終わって、ここからは単音のフレーズの追いかけっこのようになるけれど、brillanteと書かれているように、輝かしさを失わないように。右手(3拍子)と左手(2拍子)のリズムの違いの面白さを感じながら弾く。装飾音符のところはピエロがずっこけているところをイメージして。
今の状態だと、2カッコの後の「レーレッレ レミレラファ」の「レミレラファ」がその直後の和音に負けてしまっているけれど、ここでは「レミレラファ」が一番重要なので、もっとしっかり弾く。長い和音は同じ程度の音でもいいけれど、そのあとのスタッカート2つは軽く。ここでテンポが落ちやすいけれど、リタルダンドしない! 右手の長い和音の間の左手の不協和音はしっかりペダルで入れて響かせること。
メゾフォルテのところからは表情をがらっと変えて。左手が大きくなりすぎないように気をつける。右手のオクターブのフレーズはもっと脱力して!
最後のページの「(8分休符)ドミラドミ ファミドラファミ レファラレファラ」の繰り返しとその後の「(8分休符)レファシレド~」は、必ずピアノから弾き始める。そして con forza のところがこの曲のクライマックスなので、ここに向けてせいいっぱい盛り上げる。このクライマックスはもっと溜めて、勿体ぶって弾くこと。
Prest の最初のラのオクターブはフレーズの最後でもあり、始まりの音でもあるので、しっかり弾く。今の弾き方だと右手と左手の音色が同じで、同じ楽器を弾いているように聞こえてしまうので、もっと音色を変えること。右手はもっとキラキラした音で。
フォルテやピアノを指でやろうとすると音がボコボコになりやすいので、もっと体重を腕にかけて強くする。でも全部強いばっかりだと一体何が言いたいのか分からなくなってしまうので、きちんと相手に伝わるように考えて、強弱のメリハリをつけること! 

「ピエロ」はオクターブのフレーズが今一つ上手くいかないんです。スラーで繋げることに気を取られてしまっているけど、もっとこのオクターブの音1つ1つにコミカルな表情をつけてピエロらしさを出さないと、なんの面白みもない曲になっちゃう… というというところで今日はオシマイです。
うーん、やっぱり難しいな。

ということで、バッハはまた次回~。



2013年03月08日

レッスン日記98

Category : レッスン日記 | Comments (6)  
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。なんですが。
先週、左手の人さし指をざっくり切ってしまったアリアです。4~5日全く練習できず、それから少しずつ鍵盤に触り始めたものの、かなり弾けるようになったかなというのがレッスンの2日前。いやあ、全く困ったものです。(レッスンに間に合って本当に良かった)

ハノンはスケールとアルペジオから。今日は「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コース。これは弾いている間に注意されたことが1つあったのですが、どうしても思い出せません… 思い出せたらまた書きます。
第3部の方は52番「3度の音階練習」は、a moll、d moll、g moll の3つが残っていて、これは合格。次回は53番「オクターブの音階」。事前の注意事項としては、音はどうしても切れてしまうのだけど小指で鍵盤を引っかくようにして、なるべく切らないように弾くこと。最初から切れてもいいような弾き方とはニュアンス的に違ってくるので。(今のうちにオクターブの弾き方、なんとかマスターしてしまいたいなあ)

バッハの「イギリス組曲」は、1番のプレリュードとアルマンドを見ていただきました。
「これはやっぱり片手練習ね。でも頑張ってるわねー」と仰っていただきました♪ ここからしばしバッハ談義… 今の教室の生徒さんにはバッハ好きさんが多いそうなんですけど、先生ご自身は、子供の頃バッハの練習をするのが大嫌いだったそうで! 今は聴くのも弾くのもお好きだそうなんですけどね。って、それはそうでしょうね。先生がバッハ嫌いで、バッハ好きの生徒がそんなにたくさん出てくるとは思えないし。

そしてシューマンの「謝肉祭」。「前口上」は今日は痛くて無理かもしれないなーと思ってたんですけど、大丈夫でした! それどころか、冒頭の和音のところがとても良くなってると褒めていただいちゃいました! わーい!
注意点としては、その和音のフレーズとフレーズの間をそのまま続けてしまうのではなくて、句読点をきちんとつけること。(点だったり丸だったり、場所によって違うんですが、Più moto の直前は完全に丸で終わる) 要するにメリハリですね。そして Più moto の部分や最後の Presto の部分の左手は As の音と和音という組み合わせだけれど、この場合は As の音をベースとしてしっかり出して、その上に和音の音を乗せるように弾くこと。As の音がパイ生地で、和音がパイの中身のような感じ。(…ということは、お聞きするのを忘れたのですが Animato の前の Es の所も同じことなのかなー?) 最後の Presto の部分は綺麗じゃなくていいから、どわーーっと猥雑な感じで弾く。
「謝肉祭」、あとは「ピエロ」を見ていただきましたが、時間切れでそこまで。一応8曲目の「返事」までは譜読みをしてるんですけど、先生に見ていただくとしたら「フロレスタン」までかなー。いや、これも譜読みに毛が生えた程度でまだまだなんですけど。

ということで、次のレッスンは2週間後。



2013年02月22日

レッスン日記97

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : , ,

2週間ぶりのレッスン。今日も寒かったけど、前回よりも寒さはずっと和らいでますね。前回は雪が散らついてたし!
寒いのはほんと苦手です。早く春にならないかなあ。(でも寒くなくなるとすぐに暑くなるんだよね…)

レッスンは、まずハノンから。今日は「F dur → d moll → D dur → h moll → H dur → gis moll → As dur → f moll」コースをメトロノーム110で。今回の注意点としては、アルペジオで1つの和音が終わって次の和音に行く時は親指(右手の話です)をもっと手の内側に折り曲げるようにすることと、中指を軸として手首を柔軟に動かすこと。その2つができてないので、音が切れてしまうんですね。スケールの方は、今日も何も言われなかったです。少しは良くなってきてるのなら嬉しいのですが。
第三部の方は52番の「3度の音階練習」の B dur、Es dur、As dur が合格。右の2・1の指から5・3に行く時だったか、かなり厳しくてうーってなるんですけど、弾き方そのものは今のままでいいみたい。手首の柔軟性が重要のようで、先生にお手玉を使った手首の柔軟方法を教えていただきました。今度までにがんばりまーす。ということで、次は a moll、d moll、g moll です。

バッハのイギリス組曲、2番のジーグは合格になりましたよー。いやあ、これは大変でしたー。どれだけ弾いても弾ける気がしなくって、ゆっくり弾いてみたり、普通に弾いてみたり、超特急(当人比)で弾いてみたりというのを毎日繰り返してました。注意点としては、ジーグは「ターッタ」「ターッタ」「ターッタ」というリズムだから、細かく1・2・3・4・5・6 と拍をとるのではなく、大きく弾くこと。(別に細かい弾き方ではなかったと思うのだけど)
そして2番が終わって、1番のプレリュードとアルマンドの譜読みをしていたので、そちらも少し聴いていただきました。でも1番ってほんと難しいですね。檀さんも1番はイギリス組曲の中でも特に難しいと仰ってましたが、ほんと2番とは段違いの難しさ。練習するに当たって声部ごとに色鉛筆で色分けしてたんですけど、もうワケ分かんなくなっちゃいました。
「イギリス組曲は2番が一番易しいから、いつもまずそれをやってもらうんだけど、後のはどれも難しいのよね。逆に平均律の方が弾きやすい曲があるから、そっちをやってからまたイギリス組曲に戻ったりしてるんだけど… どうしますか、平均律やりますか?」と仰る先生。…そ、それ、1番の譜読みをする前にお聞きしたかったです… 結局、「でも1番の譜読みを始めてらっしゃるから、とりあえず1番をやりましょうか」ということになりました。
ががががんばります。これは相当時間がかかりそう。そうでなくても曲数がやけに多いし。

そして最後はシューマンの「謝肉祭」。まず最初に「前口上」を通して弾いたのですが。

  「うーん… 大体それでいいんだけど…(間)」 ←先生がこう仰る時は大抵全然良くないんです。
  「和音の掴み方かしら… 音が全部下に落ちちゃってるのよねえ」

ひーん、キター!>音が落ちてる!
やっぱりその辺りが私にとっては一番の難関ですねえ。そして今日の謝肉祭は、それが全てだったような… すらすら弾けない部分もまだいっぱいあるんですけど、そういうところは何も仰らないし(すらすら弾けないのは本人が一番良く分かってるから?)
あと注意されたのは、最後の Prest に入る直前の con forza のところをもっとたっぷりと、ということ。そこでたっぷりと弾いて、ritenuto して、それで Prest に入るわけですね。その Prest のところはまだ全然速く弾けないので、メリハリも何もあったものじゃないんですけど。
それと、この「前口上」の最後の3つの音はペダルをずっと踏みっぱなしでということ。1音ずつ踏み変えると清潔な感じになってしまってカーニバルの猥雑さが出ないし、かといって楽譜の通りもっと前のところからずっと踏みっぱなしにすると(そういう風に踏む人もいるし、それもいいのだけれど) 休符がきちんと表せないので、一旦離す方が先生の好みだそうです。3通り弾いて下さって、そうなると違いがよく分かります。

ということで、今日はここまで。次のレッスンは2週間後~。



2013年02月08日

レッスン日記96

Category : レッスン日記 | Comments (4)  
Tags : ,

2週間ぶりのレッスン。小雪の舞い散る中を行ってまいりましたよー。寒かったーーー。

今日のハノンは「C dur → a moll → A dur → fis moll → Ges dur → es moll → Es dur → c moll」コース。なんと、初めて何も注意されませんでした! この調子で他の調もやっといてねーと言われただけでした! 先生のおうちに到着した時に手が冷たすぎて暖房でちょっと温めさせていただいたので、「まだ手が冷たいのね。しょうがないわねえ」と思われてたのかもしれませんが… もしかしたらもしかしたら家での練習の成果かも?
いえね、この2週間いつになくじっくりと丹念にスケールの練習をしていたのです。いつもは C、F、G で始まる3コースのスケールとアルペジオをメトロノームの112、116、120と順番に速度を上げて弾くだけだったんですが(C のコースが112なら F は116、G は120で)、前回「弾き始めに先走ることがある」という注意があったので、この練習の仕方があまり良くないのかも、と無駄な色気を出さずひたすら112で弾いたんです。(電子じゃないメトロノームには110の目盛りはないので) それと今回のレッスンで C のコースが当たる可能性が高かったので、C のコースのスタッカート練習とリズム練習も毎日してたんです。そのせいでハノンにばっかり時間がかかってしまってたのですが、もしその成果が表れてたんだったら嬉しいなあ。
そのスタッカート練習とリズム練習を始めたのは、他にも気になることがあったせい。今、先生のところではメトロノーム110で弾いてるんですが、今の形態でスケールとアルペジオを3パターンに分けてやり始めた時に「いずれ126(だったかな?)までは上げましょう」と言われたのに、その後はずっと110のままなんですよね。いつも最初に「メトロノームは110でいい?」と聞かれるので、そこで「いえ、120で練習してきました」って言えばいいだけなのかもしれないんですけどーーー。自分から上げた方がいいのかな? それとも先生に言われるのを待った方がいいのかな? まあ、別に慌てる必要もないし、110でピカピカに磨き上げられたらそれはそれでいいのですが、いずれ先生に「速度をもう少しあげましょう」と仰って頂くべく、本腰を入れ始めたというわけです。
第3部の方は51番「オクターブを音階でひくための準備」の4ページ目、オクターブの半音階の半ページが合格。52番の「3度の音階練習」の A dur、E dur、F dur の3つが合格。次は B dur、Es dur、As dur です。

そしてシューマンの「謝肉祭」。今日は「前口上」「ピエロ」「アルルカン」「高貴なワルツ」の4つを見ていただきました。
「前口上」は、まず出だしをもっと華やかに。もっと一番上の音を出すこと。8分音符と16分音符の区別はかなり良くなったようですが、今度は4分音符で短くなりすぎてる音があると指摘されました… スラーの記号がついていないところはノンレガートでいいのだけれど、そんなにパキパキと切ってしまわないこと。小節数が分からないのですが、2ページめの最初の左手の一連の音階メロディが終わって次のところに入る2つの和音は、もっと「ねえ」と語りかけるように。3ページ目(「前口上」の最後のページ)の3段目、一音と和音が交互にくるところ、どうしても和音の方が音が強くなりがちだけれど、一音の方にアクセントがついているので、きちんとそちらを出すこと。(ここは要するに、左手は2拍子、右手は3拍子っぽくなるってことですね。むずかしーい) それに続く4小節はきちんと一拍目を出す。その後の con forza のところも一音ずつパキパキと切れてしまわないように、あくまでもノンレガートで。そんな感じでしょうか。そして次回はペダルをつけてくること! うわ、ちょっと早くないですか。もうペダルですか。とびっくり。でも頑張ります☆
「ピエロ」は、p のところと f のところの対比ですね。暗い中をひっそりと歩いていて、いきなり可笑しなことをしてみんなを笑わせる感じで。
「アルルカン」もピエロと同じく面白いことをするのが役目。ラミを軽く跳ねあげたら、ミドの2音をしっかり弾く。
「高貴なワルツ」はとにかく右手をレガートで歌わせること。

楽譜の音符の上に時々書かれている小さな+マークのことを伺ったのですが、先生もはっきりとはご存じなくて、またどなたかに聞いておいて下さることになりました。先生は「この音を出す、程度のものかと勝手に理解してたんだけど」と仰るし、まあその程度のものかなあとも思うんですけど。でもこの記号、私の使っているブライトコプフの楽譜では結構いろんな曲についてるんですけど、ヘンレ版にはないんですよねえ。不思議。

今日はバッハは見ていただきませんでした。2番のジーグはもうちょっと練習したかったし、1番はまだほとんど譜読みできてないので丁度良かったです。でも次のレッスンには間に合うように頑張ります♪



2013年01月11日

レッスン日記94

Category : レッスン日記 | コメントは受け付けていません。 
Tags : ,

今年初めてのレッスン。またしてもレッスンの前に少し相談事をしていたので、時間が短くなってしまいました。今回見ていただいたのは、ハノンとシューマン。

まずハノン。
スケールとアルペジオは「G dur → e moll → E dur → cis moll → Des dur → b moll → B dur → g moll」コース。だんだん高音へと移動する時にだんだん体重をかけていくこと、という注意がありました。低音の方から始まっても、なんとなく基本は真ん中のドの音の辺りのような気がしてたんですけど、本当はスケールやアルペジオの最初の一番低い音に基本を置くんですね。と、何を今さらなことを思ってみたり。(そう言われたわけではないので、違ってるかもしれませんが)
第3部の方は51番「オクターブを音階でひくための準備」の4ページ目、左右の音がユニゾンではなく3度ズレたところから始まる半ページからだったんですけど、これは「肘の力を抜いて」と言われつつも合格。オクターブの半音階の半ページはもう1回。52番の「3度の音階練習」は、C dur、G dur、D dur の3つ。今日はメトロノームの48ぐらいで弾いてたのかな? 次回はもう少し速く、60ぐらいで弾いてくること。余裕があれば A dur、E dur、F dur の3つも見てくること。

そしてシューマン。今日から謝肉祭です。「前口上」。
最初のフレーズはファンファーレなので輝かしく。でもだからといって全部の音を前面に出してしまうのではなく、音のバランスを考えないと音がぶつかり合って汚くなってしまうので要注意とのこと。で、出すとなればやっぱり一番上の音なんですが… ただ弾くだけでも指がキツい和音なので、小指の音を際立たせるとなるとハードルが高いですねえ。家でも一応そういう心づもりで練習はしていたんですが、要するにまだ全然できてないということです。まあ、指をギリギリまで広げる曲を日常的に弾いてると、指がさらに広がるようになったりするので、そちらに期待なんですが。

それにしても、ピアノを再開してから私の意識の中で一番変わったのは、和音かもしれないなあって思います。以前はどの和音も普通に弾いてましたしね。(普通ってナニ) 一番上の音を出すなんて基本的なことも知らず、むしろ全ての音が美しく調和するように弾くイメージ… その頃の和音と今の和音って、もう全くの別物って感じです。和音であって和音ではなく。というか、こういう風に右手のメロディラインに出てくる和音と左手の伴奏的な和音とを、同じ「和音」という言葉で表現するのに無理があるのかも。
この「前口上」は、3ページと短い曲だし、譜読みもそれほどしんどくないし、練習してるうちにある程度の速さで弾けるようにはなるでしょうし、なんとなくいけそうな気もするんですけど、一般的な難易度としてはかなり高い曲ですよね。結局のところ、この曲の難しさってそういうところに(も)あるんだろうなあと思います。

あとの注意点としては、8分音符と16分音符の違いをもっと明確にすること、8分音符がどれも短くなりすぎないように注意すること。それぞれの音の長さはもちろんのこと、スタッカートやポルタートやスラーやアクセントやスフォルツァンドなど、楽譜にいっぱい書きこまれた記号をきちんと意識すること。ここはたっぷり弾く、という音が結構沢山あるので、それを大切にすること。強弱や緩急が多い曲ですものね。今日はまだ譜読み段階ということで、それほど細かくはやらなかったのですが。
あとはもっともっと片手練習をすること!(ごもっともでございます)

年末年始にそれほど練習時間が取れなかったこともあって、今回は「前口上」しかみていかなかったんですが、「どこまで見てきた?」と聞かれましたよ。おおぅ、やっぱりそうやって進めるのですね。同じくシューマンの「子供の情景」も3~4曲ずつ同時進行だったし、バッハのフランス組曲やイギリス組曲でもその状態。組曲全体の流れを大切にする先生なので、そうではないかと薄々思っておりましたが、やはりですか。
あまり手を広げ過ぎて自爆するのは困るのですが、次の時は「ピエロ」と「アルルカン」を見て頂けるように頑張りマス。

今日は先生が「前口上」を弾いて下さったのですが、これがもう本当に素敵で~。
カッコ良すぎて、ほおおっと溜息が出そうになりました。^^



Copyright© 2008-2012 Aria, all rights reserved * Powerd by WordPress